四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

インフルエンザは有給が取れる?知っておきたい休み方について

   


sick_netsu

仕事をしていてインフルエンザ。

学校でも会社でもそうですが、インフルエンザになると大抵休むことができますがこの場合、どのような扱いになるのでしょうか?

普通に休みなるのか、また有給なのか?

病欠ですし、やむを得えず休みだからこそ有給にして欲しいところですが果たして答えはどうなのでしょう。

ここではインフルエンザで休む場合は有給扱いになるのか、また知っておきたいインフルエンザで休む知識をまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




インフルエンザは有給扱いなの?

mark_question

インフルエンザ発症で休みは有給なのか?の前に。

そもそも有給休暇とはどのような休暇なのかまずは振り返ってみましょう。

 

有給休暇とは?

一般的に企業で言われる有給休暇とは、年次有給休暇の略で、一定期間継続勤務の労働者に心身の疲労を回復とゆとりの生活の保障に付与される休みを指し、賃金が減額されないで休むことができる休暇になります。

勤務年数によって認められている日数が違い、かつ勤務日数の8割以上出勤している条件で取得することが可能です。

 

インフルエンザは有給扱いになる

っということはこの条件を満たしていれば、

インフルエンザも有給で休むことができる

ということです!

よし、ゆっくり休める!が、その前に。

インフルエンザは、国が指定している法定伝染病ではありませんので有給扱いか否かは正直、各社に一任されています。

労基法上の年次有給休暇の取得となれば、不利益な取り扱いはできませんので皆勤手当は支給されます。

ただし上記は一般的な答え!

企業ごとに休暇の区分が違いますので、インフルエンザは有給がとれるか否かは総務課か人事課に確認を取ることをおすすめします。

簡単にまとめるならインフルエンザは有給扱い可能だが、会社により扱い方が違うということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク




知っておきたい休み方のこと

book-748904_960_720

ここからは有給休暇について知っておいて得する知識をおすそ分けです。しっかり頭に叩き込み、会社を気にせず休めるようにしていきましょう!

仕事上での休む場合、労働基準法では

労働基準法 第136条には使用者は、第39条第1項から第4項までの規定による有給休暇を取得した労働者に対して、賃金の減額その他不利益な取扱いをしないようにしなければならない

 

とあります。

上記は2項以下の概要です。

継続勤務で6カ月以降は有給が勤続年数によって有給休暇が規定され、それ以降は1年ごとに有給日数は規定されています。

下記に図をご用意しておりますので休暇の日数や条件をチェックしておいてくださいね。

yasumi

パートは週30時間未満、週4日以内、48日から216日までの労働者をいいます。

有休は労働者の権利ですからね会社の規定の確認・取得方法など把握して上手に休んでいきましょう。

 

有給休暇は自由にとれる

労働者は条件さえ満たされれば、有給休暇を基本的に自由に理由に関係なく取得できる権利があります!

ただ会社側も急に明日休みますでは、運営が困るのでもし、有給休暇の申し出等をする場合は会社の規定をまず確認しておきましょう。

もし、会社が繁忙期に有給休暇を請求した場合、業務に支障が起き、労働者に負担が増えすぎることがあれば、会社側は時季変更権が認められています。

有給休暇の要求は業務に支障が少ない場合は良いですが、このような業務の支障の起こる時期はできるだけ有給を避けることも労働者に必要なことかもしれません。

ちなみに労働基準法第11条では、有給休暇の請求権の時効は2年間で、時効を過ぎた有給休暇は消滅します。

では未消化の有給休暇の消化が企業によっては買取が就業規則に記載されている会社もありますので確認しておくことをおすすめします。

退職時に未消化分の有給休暇の扱い方なども記されていると思います。

この他にも産休・育休・介護休暇などもありますが、1番は会社に聞くのが近道。無理をして体を壊さないように上手く休みを利用し体を整えていきましょう。

 

まとめ

 

インフルエンザで有給についてまとめてみましたがいかがでしたか。

有給休暇は認められた労働者の権利ですが、なかなか取りにくいものですよね。

会社の現状によって言い出しにくいことも多々ありますが。

しっかり休んで仕事に励むのであれば、仕方ないことです。

有給休暇は遠慮せずにまずは、企業の規定を確認!

特にインフルエンザはフル活用で、ゆっくり休むことをおすすめします。

スポンサーリンク





 - 身を守る対策