四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

家庭菜園初心者が育てやすい!おすすめの野菜や果物を全まとめ

      2016/04/27


salad-1105_960_720

初心者から家庭菜園を始めると一体どのような野菜が育てやすいのでしょうか?

初めての経験だからこそ失敗せずにできるだけ簡単なものを選び、次へつなげていきたいものです。

ここでは家庭菜園初心者でも育てやすい育てるのが簡単な野菜や果物をまとめてみることにしました。

スポンサーリンク




家庭菜園で覚えておきたいこと

paku_adhklkjlasdfa_TP_V

まず初心者がこれから家庭菜園を育てるにあたり覚えておきたいのが野菜を育てる時期についてです。

この点がずれてしまうとせっかく作ろうとする野菜が育たず、収穫が失敗してしまうハメになってしまいます。

そのようなことにならない為にも野菜の種まきシーズンを理解した上で家庭菜園を始めていくようにしましょう。

 

初心者向けのおすすめ野菜とは?

vegetables-861357_960_720

家庭菜園初心者におすすめの野菜をまとめると

・ごうや
・きゅうり
・ミニトマト、トマト
・ズッキーニ
・いんげん
・ナス
・ピーマン
・カボチャ
・玉ねぎ

 

等があります。

これらの野菜はその他の野菜と違い、

  • 手間がかからない
  • 収穫が早い

のが特徴なので初心者の方は上記の野菜を中心に家庭菜園を考えてみてくださいね。

下記からは上記の中でも比較的育てやすい野菜をまとめてご紹介します。

ごうや

種まき  5月上旬
苗植え  5月下旬~6月初め頃
収 穫  7月中旬~10月初旬

味は苦いが、美容にも健康にも良いごうや。

ごうやを育てる場合は、窓の下にプランターを用意し、ごうやカーテンを楽しむこともできます。

日当たりと水遣り、ちょっとした枯葉や除草がを行えばみるみる育っていくので是非、挑戦してみてくださいね。

開花してから2週間~3週間くらいが収穫のときです。

 

きゅうり

種まき  4月上旬~5月上旬
苗植え  4月下旬~7月上旬
収 穫  開花から1週間

夏を代表する野菜の1つきゅうり。

あさがおを育てる感覚で育てることができる家庭菜園に人気の作物です。

 

ミニトマト

種まき  3月~5月
苗植え  4月~6月
収 穫  5月~9月

家庭菜園、初心者に人気があるミニトマト。

苗を植え付けたら長さ2m程の仮支柱立ててミニトマトの発育を促進しましょう。

ミニトマトのつるを麻ひもで8の字に巻きながら育てると発育も収穫も楽にできます。

収穫は開花後、60日程度です。

野菜サラダとして旬のミニトマトを味わってくださいね。

 

ズッキーニ

種まき  3月~4月
苗植え  5月上旬~6月上旬
収 穫  7月上旬~8月上旬

メディアや雑誌で話題のズッキーニ。

イタリア料理によく利用される人気の作物です。

家庭菜園の場合は、育てる場所により、人工授粉などのを行う必要がありますが、育て方は比較的簡単です。

また種まきから育てるときは一気に育てず日程をずらして育てるようにしましょう。

収穫が大変になりますので(焦

 

サンド豆(いんげん)

種まき  4月中旬~6月中旬
苗植え  5月上旬~6月上旬
収 穫  7月上旬~8月上旬

マンションやベランダで育てるのに人気の作物、いんげん。

いんげん豆は

  • つるなし
  • つるあり

の2パターンがあります。

つるなしは、つるが伸びず比較的簡単に作ることができるので初心者にはうってつけの作物です。

その他に家庭菜園初心者におすすめの野菜は

  • レタス
  • 葉物の野菜

があります。

まずは上記の野菜を中心に作るものを決めてみてくださいね。

スポンサーリンク




初心者向けのおすすめの果物

oranges-1117628_960_720

初心者向けの家庭菜園でつくる場合、果物の種類により、育てるスペースが異なります。

家庭菜園で果物を育てる場合は、まずはその果物に必要なスペースを確保することを第1に覚えておいてくださいね。

畑等の大きな土地で栽培するのに適している果物は

  • ブルーベリー
  • ラズベリー

などのベリー類に

  • ウメ
  • ザクロ

がおすすめです。

そこまで手間もかからず、比較的育てやすい果物ではありますが、それなりの時間と手間は必要になるので覚えておきましょう。

またプランターでも育てられる人気のある果物は、

  • キンカン
  • レモン

です。

これらは、日のよくあたる場所に植えればまず失敗はありません。

マンションやベランダ、畑など状況に応じた果物を選ぶことを第1に家庭菜園を始めてみてくださいね。

ただ初心者の場合は、まず野菜から始めたほうが良いと思います。

果物はデリケートですから、まずは野菜からなれて果物へ移っていくようにしましょう。

 

まとめ

 

初心者から家庭菜園を始める場合はラクチンの手のかからない野菜がおすすめです。

最初に難しいものから始めると

  • 育てる過程が嫌になったり
  • 手順違いで十分なモノ育たなかったり

する可能性が高いです。

まずは比較的作りやすい野菜で慣れてその後、徐々に規模を大きくように家庭菜園を楽しんでくださいね。

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 家庭菜園に大事なこと