四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

【2016年】梅雨入りはいつからいつまで?全国の時期を過去から予想

      2016/06/13


IMG_2124

1年の中で本当に憂鬱になる人が多い梅雨。

雨が降りじめじめして嫌な季節、梅雨の時期がくると毎回

「ほんとうにいつになったら梅雨が明けるの?」

と思うことが多い梅雨ですが2016年もまもなく梅雨の時期がやってまいります。

2016年は梅雨の時期はいつからいつまでとなるのでしょうか?

ここでは梅雨入り前に2016年の梅雨の時期を過去から予想しながら梅雨という季節が与える影響をふかぼりしご紹介します。

スポンサーリンク




2016年の梅雨はいつから?予想

erry15092552_TP_V

それでは早速、もうまもなくやってくる梅雨について過去の流れを元に予想してみることにしましょう。

2016年の梅雨の予想!過去の流れを早いところを順に並べてみると

沖縄 5月中旬~6中旬
九州 6月上旬~7月中旬
四国 6月上旬~7月下旬
近畿 6月上旬~7月下旬
関東 6月上旬~7月下旬
東北 6月上旬~7月下旬

と同じ日本でも場所によって梅雨の入りが違うことが分かっています。

また過去の全体的な流れから2016年の入梅を予想するなら6月上旬~7月下旬が1つの目安といえるでしょう。

6月いっぱいと思いがちの梅雨ですが気温があたたかくなる7月もぱらぱらと降ることを意識しておく必要があります。

ただ2016年の梅雨は、暖冬の影響を考えると平年からも大きく予想を外れる可能性もあります、もしかしたら入梅は6月中旬と遅れるかもしれませんが終わりは1ヶ月半。

梅雨入りから明けは1ヵ月半!を頭に押えておいてくださいね。

 

梅雨入りの定義について

日本では毎年6月頃が梅雨の中心となる事がありますが・・・

梅雨に入ったな!と思うことはニュースを聞いて初めて分かる方が多いのではないでしょうか。

雨が多い=梅雨ですが、そもそも梅雨に定義はあるのか?と言いますと特に梅雨に定義はないようで・・・

ただ下記のような状態が続くと梅雨ととらえる傾向があることが分かっています。

  1. 雲や雨が1週間以上続く予想が出た場合
  2. 雲や雨が1週間以上、実際に続く場合
  3. 梅雨前線が地域に到達した場合

この3つを参考に「梅雨入り」と天気予報やニュースでは発表されるようになっているようです。

普通に梅雨と見分けるには予め天気予報を予測し、雲や雨が1週間かかりそうだとしたら梅雨の季節がやってきたと考えていいでしょう。

 

梅雨明けの定義について

梅雨入りの定義に続き、梅雨明けに関しても調べてみましたが、特に明確な定義というのはないようです。

ただ梅雨入りと同じように梅雨明けを考えるなら

  1. 地域の梅雨前線がもどらない、過ぎた場合
  2. 晴れが1週間続くとニュースで予想された場合
  3. 晴れが1週間続いた場合

等が梅雨明けの定義となっています。

梅雨が明けた!はこちらも1週間の目処に考えてよいといえるでしょう。

梅雨入り、梅雨明けは1週間の天気を目処に考えてその後の対策や予定を立てていくようにしていきたいところです。

スポンサーリンク




梅雨が与える影響とは?

PAK26_suitekitex20140209_TP_V

1年の中で誰もが憂鬱に感じる冬ですが・・・もし、日本に梅雨がこなかったらどうなるのでしょうか?

あまり考えたことがない疑問ですがここでは梅雨は本当に大事な季節なのか?梅雨が与える影響を予想してみることにします。

 

もし梅雨がなかったら?日本全体編

梅雨にはまとまって雨が降りますが、この雨が降るおかげでダムが水で満たされ水を確保することができます。

もし梅雨がなかったらを考えるとダムの水は枯れ

  • 昼間は給水制限
  • 夜は給水を停止する

などニュースを通して水の大事だを伝えること報道が多くなるのではないかと思います。

水道をひねっても「水が出ない」といった生活、まさに冬の寒さによる凍結による断水ですが、これが夏になると考えるとちょっと怖い気がしますね。

 

もし梅雨がなかったら?農業編

梅雨の時期の雨は大きく農業へも影響します。

とくに稲作などは7月~8月に水が必要な作物なのでとても大きい被害をもたらすでしょう。

梅雨の時期の水で大きく育つお米も育たず、結果として粒の小さなお米になり、市場に出回るだけでなく収穫量の減少から価格も高騰する可能性が高いと思われます。

梅雨は稲作以外にも様々な作物に被害を与えることは間違いないでしょう。

 

もし梅雨がなかったら?漁業編

梅雨は雨が大量に降ることで、山の土が川に流れそして海へと流れその養分をえてプランクトンが育ちます。

食物連鎖の流れから考えると海では

  • プランクトン→えび→魚

といった流れができ、梅雨の時期は海の生物達にとってとても大事な餌の確保ができる大事な時期といえるでしょう。

もし梅雨がなったら?と考えると漁獲量は激減する可能性は高いといえますね。

 

まとめ

 

毎日雨でじめじめ・・・誰もが嫌いな梅雨ですが、梅雨は生物にとって大切な貴重な水の恵みをもたらしてくれる大事な季節です。

日本は雨が多く水に恵まれますが、逆に他の国は梅雨がなく、天候が晴ればかりで水不足に悩んでいる国は少なくありません。

貴重な水をもたらす梅雨、梅雨が与えるとらえ方次第で良いものにも悪いもの受け止められますが本来は生命に命を与える良いものであることは間違いないでしょう。

2016年の梅雨ももうまもなく、梅雨対策を行いながらも梅雨という季節を楽しむ計画を考えていきましょう。

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 春のイベントやスポットなど