四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

梅雨に子供が喘息になる原因とは?覚えておきたい3つの対策

      2016/06/13


boy-666803_960_720

ゴホッゴホッ!と咳がとまらず、辛い喘息。

実は梅雨の季節は子供が喘息を悪化させてしまう可能性がある季節でもあります。

花粉症のように時期的なものではありますが、やはり子供が喘息で辛そうな姿は心が痛むもの。

どうにか治してあげたいと思っても根本となる原因が分からない以上、治し方もわかりません。

特に梅雨の喘息を起こす原因は1つではなく状況によって原因は様々です。

元となる原因に対し適切な対策を行わない以上、いつまでたっても子供の喘息を断つことをできません。

そこで、ここでは梅雨に子供が喘息を起こす際の様々な原因とその原因に適切な対策をご紹介します。

もし、梅雨に子供が喘息を起こしたり、悪化した場合は、状況に応じた適切な対策を行うようにしましょう。

スポンサーリンク




梅雨時の喘息の原因と対策3つ

books-1215672_960_720

原因その1.環境の変化によるもの

梅雨に子供が喘息を起こす1番大きな原因に気圧による変化による環境の変化が大きく関係していると言われています。

簡単にまとめなら梅雨の季節の変化によるものですが、梅雨の時期は雨量が多く、湿度が高まる季節。

この独特の季節の変化が人や住居、食べ物に様々な変化を引き起こし、喘息を引き起こす環境を促進してしまいます。

特に喘息の原因としては環境の変化が大きなポイントとなりますので。

夏や冬の模様替えのように梅雨の季節も同じように対策をしていことがあることを覚えておきましょう。

 

原因その2.ダニやカビによるもの

baikin_genki

じめじめと湿気が多い嫌な梅雨の時期ですが、この時期はダニやカビが繁殖しやすい時期でもあります。

このダニやカビがたくさん繁殖すると、そのダニの糞や死骸、カビを気付かずに吸い込み結果として喘息へなる子供がなることは少なくありません。

ダニやカビ、ホコリによる子供の喘息。

梅雨の時期に子供が喘息を起こした時の1つの原因として覚えておくようにしましょう。

 

原因その3:風邪によるもの

梅雨の時期にはダニやカビだけでなく様々な病原菌が増殖する時期でもあります。

気温の差が大きくなる事によって、風邪をひいてしまったりするケースもあり、風邪が原因で喘息が起きる場合もあるのでくれぐれも注意していきましょう。

 

梅雨の時期に多い子供の喘息の根本的な原因は主に梅雨の環境の変化によるものですが、その環境を対策を放置すればするほど悪化の一途をたどります。

子供が喘息を悪化させる前に原因となるポイントを早めに理解し、適切に対策を行うようにしましょう。

スポンサーリンク




対策その1:湿気対策を行う

xsky_00001.jpg.pagespeed.ic.m9J40ZpoCD

梅雨の時期に多い湿気は子供の喘息を促進する1番の天敵です。

雨が続くと

  • 部屋干ししたり
  • お部屋を閉め切ったり

しますが、このような状態が続けば続くほど最近を繁殖させやすい環境を自ら作っていることになります。

そのような環境を作らない為にも対策として

  • 除湿機
  • こまめに喚起

を湿気対策を行うようにしましょう。

ポイントはこまめに行うことです!

子供の喘息の多くはお部屋の環境によるものが多いので、心地よいお部屋作りを心がけるようにしてくださいね。

また、家の中の浴槽等は特に湿気がこもりやすいのでこまめに喚起をするように意識しましょう。

 

対策その2:掃除をする

vacuum-cleaner-657719_960_720

ダニやカビは、湿度が多い場所以外にも食べカス等が残っていると繁殖しやすくなります。

目に見えないだけあって増殖してるのが困難なダニやカビですが、これらは喘息だけでなく鼻炎を引き起こす原因であるので。

繁殖を防ぐ為にもこまめに掃除をするようにしましょう。

特に掃除をする場合はお部屋全体の中でも

・寝具
・エアコン内部
・ソファ
・カーペット、絨毯

 

などは特に力をいれて掃除をしてください。

湿度が高い場所や人がくつろぐ場所ほどカビやダニは発生しやすいので、この2点を重点的にこまめに掃除をするようにしていきましょう。

 

対策その3:手洗いやうがい

梅雨時の風邪や喘息予防には、1番は保護者が子供に気をつけることを伝えるようにしてください。

お部屋の環境は保護者が管理できますが、予防については子ども自身に自覚させることが1番の近道です。

まず、風邪の予防の基本的なことや生活習慣について

・睡眠時間をきちんと管理する事
・手洗いやうがい
・規則正しい生活

 

等を伝えてみてくださいね。

喘息だけでなく子供が健康的にいる為にも大事なことです。

いつかは親元を離れるわけですから日ごろから習慣化するように教えていきましょう。

 

まとめ

 

梅雨は体調を崩しやすいといいますが、その梅雨が原因でおきやすい子供の喘息。

喘息と言うとハウスダストやカビ、アレルギーなどがありますが梅雨による喘息の理由は様々です。

薬に頼っても元を改善しなければ喘息は治りにくい!ということを理解し、子供の為に最善の対策を行ってくださいね。

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 体に関すること