四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

梅雨や梅の意味を子供にわかりやすく伝えるには?

      2016/06/13


150829512346_TP_V

梅雨の季節といえば誰もがいい顔をしない季節ではないでしょうか。

雨が続き

  • 洗濯物の乾きも遅い
  • 気分が滅入る

などマイナスに大人は感じますが、子どもはそこまでマイナスに感じることもありません。

好奇心旺盛な子供は雨の日にはしゃいだり、梅雨の季節に興味を示す等の行動をします。

そんな梅雨を楽しむ子供ですが、時として大人に対し

「どうして梅雨っていうの?」
「どうして梅雨の「つ」は梅なの?」

 

などのツッコミを言ってくることがあります。

なんともギクッ!となってしまう子どもの質問。

この場合、子どもに対しどのように意味を伝えるといいのでしょうか?

ここでは子どもに梅雨や梅の意味を聞かれた時の為に、わかりやすく伝える為の方法をご紹介します。

スポンサーリンク




梅雨とは?

erry15092552_TP_V

まず子どもから梅雨の意味を聞かれて対処する前に、聞かれた大人がその意味をしっかりと理解しておく必要があるといえます。

子どもの「どうして?」攻撃は連続できますからね。

何でも知ってて凄い!と子どもに思われるようにまずは梅雨の意味を理解していきましょう。

梅雨とは別名「ばいう」と言います。

この梅雨の意味は雨の多い季節にちょうど梅が熟すところから「梅の時期に降る雨」といった意味で使われるようになりました。

日本の言葉のように感じる梅雨ですが実は、元々を中国から入ってきた言葉で、

  • つゆ」は雨で梅が潰れる=「潰ゆ」

という説もあり、その他に

  • 梅雨はカビが生えやすい=「黴雨」
  • 木の葉に落ちる「露」=「つゆ」

等など様々な説が存在します。

結局どれが正しい梅雨なのか?と言われると正解はわかりませんが、子どもに意味を伝えるなら「梅の時期に降る雨」が1番説明がしやすいかと思います。

 

梅雨になる理由について

梅雨になるとなぜ、雨が降り注ぐ日が続くのでしょうか?

これも必ず子どもが言い出しそうな質問ですね。

まずは梅雨が降り注ぐ理由を簡単にご紹介しますと梅雨前線が停滞してしまうためになります。

ちょうど季節が春から夏に変わる季節の変わり目、この頃になると

  • 日本
  • 中国
  • 韓国

など、中東アジアに大量の降り注ぎます。

これは大陸の冷たい高気圧と太平洋の暖かい高気圧がぶつかることで、大気の状態が不安定になりこれが梅雨前線へと成長。

その梅雨前線が日本へ来ると雨が降り注ぐ日々が続くという訳ですね。

子どもに説明するなら台風に似たような説明の仕方がいいかもしれませんね。

簡単にいうと大きな雨雲がくる!で伝わるのではないかと思います。

スポンサーリンク




梅雨の時期に気をつけたいこと

lamp-432247_960_720

梅雨の意味や由来について子どもに教える為に紹介してきましたが・・・

梅雨の時期に子どもに伝えるべき、気をつけておきたいポイントがありますのでご紹介します。

ここからは子どもの為に伝えることとして覚えておいてくださいね!

梅雨の時期はジメジメとした蒸し暑さから熱中症を引き起こす可能性が高い時期でもあります。

つい夏ばかりが熱中症かと思いますが、身体がまだ暑さに慣れていない時期に、気温がそれほど高くなくても湿度が高いために熱中症になることは少なくありません。

天気が曇りの日でも

  • 蒸し暑い日
  • 室内のスポーツ

等は十分気をつけるように心がけましょう。

この時期の熱中症対策として

  1. こまめに水分補給
  2. 通気性のよい衣服の着用
  3. 涼しいところで休む

を積極的に行っていくようにしましょう。

また梅雨の時期に熱中症以外に注意したいのが

  • ノロウイルス
  • 病原性大腸菌O157

に代表される細菌性の食中毒による感染です。

梅雨は

  • 食べ物が腐敗しやすい
  • 細菌が繁殖

時期でもあります。

毎日の手洗いや食事など、子どもから大人までで梅雨対策を心がけていきましょう。

 

子どもに梅雨や梅を説明するなら?

reading-498103_960_720

梅雨の意味や梅の意味、そして梅雨が起きる理由がわかったところで。

ここからは子供に梅雨のことを聞かれたときの対処法をまとめていきたいと思います。

Q.どうして梅雨っていうの?
A.梅が熟す時期に降る雨だから

 

Q.どうして梅っていうの?
A.梅が熟す時期だから

 

Q.どうして雨がいっぱい降るの
A.大きな雨雲があるから

 

子どもが意味を知ろうとする時、梅雨または雨というワードを中心に攻めてくると思いますのでコンパクトにわかりやすく伝えるようにしていきましょう。

紙芝居や例をあげながら伝えるとスムーズに伝わるので覚えておいてくださいね。

 

まとめ

 

梅雨の時期には気分もうっとうしくなることも多いですが、風景は雨ならではの美しい風景もあります。

特にこの時期には雨を受けて大きく育っていく山々の樹々や、美しい花々にも気がつくことでしょう。

雨の中の山々の美しさや自然の風景は梅雨ならでは。

そんな1ヶ月ちょっとの限定の自然の景色を目に焼き付けながら風景を見て回るのもよいと思います。

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 春のイベントやスポットなど