四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

梅雨のだるい眠い原因とは?やる気が出る対策も紹介

      2016/06/13


IMG_5897

梅雨の時期になるとおこりやすい

  • 身体がだるい
  • 眠い
  • やる気がでない

などの症状。

ついつい梅雨の時期で天気が悪いと割り切ってしまいがちですが、本当の原因とは一体何なのでしょうか?

毎年見過ごすこの梅雨の症状ですがここでは梅雨におきやすいだるいや眠い、やる気が出ないの本当の原因とその症状にあった対策をご紹介します。

スポンサーリンク




梅雨に出る不快な症状の原因とは?

books-1215672_960_720

梅雨の時期は毎日が雨が続くこともあり、ストレスがたまりやすい季節でもあります。

ジメジメとした毎日を過ごす中で

・洗濯物が乾かない
・着るものがない
・毎日濡れる
・ジメジメする

 

等が続くと嫌でもストレスは増すばかり。

そんな日々が続くと梅雨の時期が嫌になり、うっとうしく感じるのですがそのうっとしさと共に出てくるのがだるい、眠い、やる気でないなどの症状。

一体これは何が原因なのでしょうか?

 

原因その1.副交感神経の働きにある

まず梅雨の時期に起きる様々な体の原因を調査したところ、1つの原因に低気圧による副交感神経が優位になってしまったことがあげられます。

春のあたたかった気候が冷たくなる梅雨の季節。

梅雨の時期になると気温が変化し空気中の

  • 湿気が多くなる
  • 低気圧になる
  • 酸素量が減る

等が大きく変わり、この変化に体が変化が適応できず、副交感神経が強く働くようになります。

普段は強くない副交感神経が強まると体はお休みモードに入り、結果として

  • だるい
  • 眠い
  • やる気でない

といった症状を発症。

簡単に言ってしまえば梅雨の季節は、意識していなくても体から「お休みしてください」の信号が発生しているといっていいでしょう。

体がだるいや眠い、やる気でない!は梅雨のせいだから!と言いますが根本的が原因を探るとまさにその通り!

意味をふかぼりすれば理由は別になりますが・・・大気中の影響が体に大きな変化をもたらしていることには変わりありません。

 

原因その2.湿度はかなり厄介者

梅雨時期は言わなくてもわかりますが湿度がとにかく高い季節です。

湿気が空気中に多くなると体の表面も湿気に覆われ「体から汗を流したいと」思っていても汗は出にくくなっています。

この状態が長く続くと本来汗と一緒に排出される、毒素や水分が体の中で閉じ込められ、結果として

  • だるい
  • 頭痛
  • 関節痛
  • 風邪
  • むくみ

等の症状を引き起こす可能性が高まります。

季節によっては大切な梅雨ですが、人間の体に与える影響はとても大きい。

湿気が多い季節に発汗する行動をしないとますます、体調を悪化させる恐れがあるので。

汗をかきにくい梅雨の時期はできるだけ体を発汗させることを意識していきましょう。

スポンサーリンク




梅雨を元気に過ごす対策とは?

jump-493889_960_720

気分がだるく、眠く、またやる気が出にくい梅雨の時期ですが、この梅雨を元気に過ごす誰にでもできる対策があります。

一体どんな対策なのか?と言いますと簡単にいってしまえば毎日体を動かすことだけです。

運動して筋肉を動かす

たったこれだけで体の血行をよくしたり、新陳代謝を促進!

体から水分といっしょに、毒素が排出され、だるさも改善されて、スッキリとした日々を過ごすことが可能です。

梅雨の時期は外に出るのができないからといって家で運動ができない訳でもありません。

ストレッチや筋トレは家でもできる運動の1つです。

まずは「体を動かす」にポイントをあて梅雨でもスッキリ対策を進めていきましょう。

また体調を整える対策として「半身浴」などもおすすめです。

お湯の温度としては38~40度くらいで、汗をたくさんかくことでリフレッシュ!

血行もよくなり汗もかくのでスッキリとした体を作ることが可能です。

また気分転換をしたい方はストレス発散や美容を含めて岩盤浴をするとよいでしょう。

半身欲も岩盤欲もこれなら体を動かさなくてもその場の状況により体から汗を排出してくれるので楽チンです。

是非、梅雨対策の1つとして日常生活に取り入れてみてくださいね。

梅雨の時期は雨が多いですが、まれに晴れる日があるときは気分転換のための散歩をしてみましょう。

体内時計を整えることができるので、睡眠の質の改善に役立ちます。

また梅雨のストレス解消には

  • 音楽などを聞いてリラックスしたり
  • 映画や読書

など好きなことを見つけると毎日の生活にも変化が出てきます。

簡単にいうと梅雨の滅入る気分をスッキリするには

  • 汗をかく
  • 楽しいことをする

ということ。

何もせず梅雨の時期を通り過ぎるのを待ち、ダラダラと過ごすのではなく梅雨の時期だからこそやる必要がある上記ようなできる対策を行っていきましょう。

 

梅雨対策に良い食べ物

梅雨の時期には食欲も落ちがちです。

そんな食欲が落ちる梅雨におすすめの食べ物が「さっぱり系」です。

さっぱり系というと夏に似ていますが梅雨の場合は

  • 発汗作用のあるもの
  • ストレスを緩和するもの

をとるようにしましょう。

季節には季節にあった食べ物をですね。

具体的にどのような食べ物がおすすめなのか?と言いますと

・ねぎ
・わかめ
・トマト
・アボガド
・しょうが

 

等があります。

どれも体にいい食材ばかり!

普段の食事にあわせて夏バテならぬ梅雨バテ対策として積極的に摂取するようにしていきましょう。

 

まとめ

 

梅雨時期は季節の変わり目も含めて、体へのストレスも負担が大きいといえます。

梅雨の時期は食生活や生活習慣が、様々な原因を引き起こす!

逆にいうと体の悪い部分が見つかる季節でもあると言えます。

普段から運動や食べ物に気をつけて季節の変化に負けない体づくりを心がけてくださいね。

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 体に関すること