四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

ツバメの巣におすすめの対策グッズ5選

   


indian-cliff-swallow-474799_960_720

どこからともなくやってきては巣を作るツバメ。

ツバメの巣は縁起の良いものといわれますが、作る場所が

  • 玄関前
  • 車庫

だったりするとツバメの糞に困ってしまいますよね。

やっと手に入れた新築マイホームならなお更です。

正直、ツバメには元気に巣立ってほしいけれども・・・

巣作りの対策をしたいという方のために。

ここでは対策グッズをご紹介していきます。

もちろんツバメ自体に危害を加える方法ではありませんのでご安心ください。

スポンサーリンク




ツバメの巣作りする場所はどこ?

swallows-176140_960_720

まずは、ツバメに巣を作らせない為にもツバメの巣作りするポイントを覚えておきましょう。

巣作りするポイントを覚えるだけでツバメ対策がしやすくなりますからね。

簡単にでもいいので頭に入れておきましょう。

まずツバメが巣作りをする時期は4月~5月になります。

この時期になると毎年ツバメを見る機会が増えますが、この時期はツバメにとって巣作りをするポイント探しの時期ってことになります。

巣作りしやすい場所を探すツバメたち。

ツバメの思考では

・天敵がこない
・雨がしのげる
・足場がない
・人の出入りがある

 

場所を好んで巣作りのポイントを探します。

具体的な場所でいうと

・民家
・玄関
・小屋

 

等ですね。

場所が決まるとすかさず巣作り。

巣作りは約1週間ほどで出来上がりますので、気付けば巣が出来てたなんてこともしばしば。

巣が出来たことに気付き、1度壊してもまた彼らはせっせと土を運び、せっせと修復作業に入ります。

まさに人vsツバメです(笑

ツバメが諦めるまで戦う!方法もありますが、こうなると時間と忍耐が必要になることは言うまでもありません。

そんな長期戦にならないためにも、ツバメがやってくる4~5月前にツバメが巣作りしやすい場所にツバメ対策を行っていきましょう。

 

おすすめの対策グッズ5選

ZUB4483_aguressa-_TP_V

ツバメの巣作り対策グッズといっても作る場所により様々な対策グッズがあります。

ここではツバメが巣作りをする場所にあわせた、おすすめの対策グッズを5つピックアップしてみました。

場面に合った対策グッズを選んでてみてくださいね。

スポンサーリンク




対策グッズその1.CDをぶら下げる

定番の鳥よけグッズです。

ツバメや鳥は光るものや揺れるものにストレスを感じます。

手っ取り早い方法でもあるので、もしCDをぶらさげられる場所があればぶら下げて対策を打つようしましょう。

 

対策グッズその2.天敵の模型

ツバメの天敵はカラスやヘビです。

ツバメが巣を作りそうなポイント周辺にリアルすぎるカラスやヘビの模型があればツバメはスッとその場所を諦めるでしょう。

リアルすぎればリアルすぎるほど効果があるのでリアルなものを選ぶようにしましょう。

 

対策グッズその3.侵入経路をふさぐ

室内に作られた時の対策です。

4月~5月ツバメが来るこの時期はドアや窓は必ず閉めましょう。

また、ネットを付けると入れません。

 

対策グッズその4.アニマル・リペラー

天敵であるワシ・鷹・フクロウなどの猛禽類の鳴き声を本物そっくりにレコーディングを再現した『威嚇音』で警戒心を煽りる対策グッズです。

簡易防水型なので雨天時でも使用できる上、コンセントに繋げながらも使えますし、乾電池でも動きます。

ツバメだけでなくその他の、動物に効果的なアイテムです。

 

対策グッズその5.バード・スパイク

ポリカーボネイトとステンレスで出来ていますので錆びにくく、軽くて丈夫、柔軟性にも優れていますので建物の外壁の凹凸にも柔軟に対応します。

取り付けもとっても簡単でシリコン接着剤や針金、釘やビスなど設置場所にあわせた方法で簡単設置 。

細かいロットですので目立ちにくく、景観を損ねません。

見た目を気にされる方はこちらを使用することをおすすめします。

 

まとめ

 

今回はツバメの対策グッズをまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

対策グッズといってもツバメ自体に危害を加えるものはありません。

基本的には嫌がらせてその場から遠ざけるという方法が主です。

ツバメが巣を作る時期、4~5月。

ツバメが1度巣を作った場所や作りそうな場所にあわせて対策を行ってみてくださいね。

スポンサーリンク





 - 身を守る対策