四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

運動会のお弁当におすすめ!前日に作り置きできる簡単おかずまとめ

   


150415021618_TP_V

明日は頑張るわが子の一大イベント、運動会。

子どもが主役のイベントだけに頑張る姿を見守りたいところですが、その前に!

お母さんには大事な仕事が待っています。

それが運動会のお弁当!

運動会の為に朝から仕込みをするとなると準備が大変。

できれば前日から用意して当日はパパッとお弁当を準備できるようにしたいところです。

ここでは運動会にお弁当におすすめの前日に作り置きできる簡単なお弁当のおかずをご紹介します。

スポンサーリンク




運動会のお弁当に!おすすめのおかずは何?

SAWA85_tenmusu_TP_V

まず前日のおかずを作り置きといっても悩むのが、そのメニュー。

おかずと一言でいっても、運動会は家族でお弁当を楽しむので相当な量のおかずが必要になってきます。

一体どのようなお弁当を作るべきなのか?

お弁当のサイズにもよりますが、まずは運動会に人気のお弁当のおかずをチェックしておきましょう。

運動会の主食

・おにぎり

・サンドイッチ

 

運動会でのお弁当は家と違い、基本外で食べるもの。

また子どもは食べる時間も含めて休憩時間は動き回る可能性が高いので。

できるだけ主食は手で持って食べれるように工夫していきましょう。

ちょっと手間ですが、おにぎりの場合は海苔巻きおにぎりだと汚さず手軽に食べるのでおすすめです。

 

運動会のおかず

・からあげ

・ウィンナー

・ミートボール

・卵焼き

・ロールキャベツ

・ハンバーグ

・ゆで卵

・エビフライ

・枝豆

 

子どもによっては好き嫌いはあるかもしれませんが、上記は特に運動会に人気のおかずたちです。

運動会のお弁当に仕込むといってもこれだと多いので

  • 子どもが好きなメニュー
  • お弁当箱のサイズ

にあわせて作るものを選んでいきましょう。

まさに前日にチェックしておきたいお弁当のメニュー。

さてさてお母さん、これからお弁当作り!

忙しくなりますよ。

スポンサーリンク




前日の作り置きに!簡単なおかずまとめ

PAK85_syokutakubkaraage20150203185651_TP_V

それでは早速、運動会の前日に作れる簡単なおかずの作り置きメニューををまとめてご紹介します。

それぞれのおかずの作り方にあわせて前日に上手に作り置きしてくださいね。

※テーマは簡単な作り置きです。

作り置き主食系

●おにぎり

前日に米を大量に炊き、おにぎり作り。

主食となるので数は多く作り、ラップでくるんで準備しましょう。

おにぎりの中に簡単な具を入れるのもありです。

 

●サンドイッチ系

様々な具を使って前日に完成させたサンドイッチはそのまま冷蔵庫へいれておきます。

サンドイッチのポイントは具の中身です。

できるだけ様々な具を使い、選り取り豊かな仕上がりを心がけましょう。

最低3味あると華やかに見えます。

 

作り置きおかず系

●からあげ、エビフライ、ウィンナ

前日に油であげたものを当時つレンジでチンして箱詰めします。

ウィンナーは前日でも当日でもOK。

 

●ミートボール、ロールキャベツ、ハンバーグ

前の日に作り置きしておきたいおかずです。

作り置きする作る場合はメインのおかずにもっていくようにしましょう。

 

●ゆで卵、卵焼き

こちらは比較的簡単な作り置きメニュー。

作り置きに保存が簡単なので準備しておきましょう。

 

作り置きのおかずについては作り方は主に2パターンあり、

  • 自分で作るか?
  • 冷凍食品

で済ませるかです。

おかずは特に量が多いので作り置きする場合は

  • 子どもが好きなメニュー
  • 簡単に作ることができる料理

をピックアップし、まずはメインとなるおかずを2つから3つ選んでいきましょう。

後は、その周りを囲むように冷凍食品を当日解凍し仕込めば簡単にお弁当を作ることができます。

そして最後に、野菜や果物を周りに添えれば彩り豊かな運動会のお弁当の出来上がりです。

  • 新鮮な野菜や果物は当日!
  • 揚げ物や煮物、炒め物は前日!

に用意しお弁当作りをおこなってくださいね。

 

まとめ

 

お母さんの腕の見せ所となる運動会のお弁当。

お弁当が大きいこともあり、味も見た目も大事なポイントになりますが1番大事なのは手軽さ、食べやすさです。

運動会の子どもの休憩時間は1時間あるかないか。

特に子どもの場合は食べることよりも遊ぶことに夢中になることが多いといえます。

できるだけ簡単にそして食べやすいように!

愛情を込めてお弁当作りを行っていきましょう。

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 運動会のお得情報