四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

初心者でも簡単に作れる!梅干の作り方をまとめてみた

      2016/04/02


rice-18786_960_720

梅干を作る!となると何だかおばあちゃんに頼らないといけないが気がして難しいように感じてしまいます。

でも自家製の梅干が作れたらと考えるとコンビニやスーパーに頼る必要もなくなりまさに自分のお好みの梅が食べ放題ってことになりますね。

ご飯のお供に、お酒のお供に様々な場面で活躍してくれる梅干。

できれば自分でお好みの梅干を作りたい。

でも難しいそうって感じてる方に。

ここでは初心者でも簡単に作れる!梅干しの作り方をわかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク




はじめに

books-1215672_960_720

梅干しを初心者が作るとなると

  • 材料をそろえたり
  • 仕込みをしたり

と何かと難しいそうに感じてしまいますが、実は梅干しを作るのはそんなに難しくありません。

むしろどちらかというと簡単な部類に入ります。

気分はカレーを作る!

そんなイメージで梅干の作り方にチャレンジしてみてくださいね。

 

梅干しの作り方その1.準備編

自家製の梅干しを作るとなるとまず始めに用意しなければいけないのが梅干等の素材の準備。

カレーを作るのに

・ルー
・にんじん
・じゃがいも
・肉

 

がいるようにまずは素材がないと梅干しは作れません。

一体、梅干しを作る為にはどのようなモノが必要なのか?

下記にまとめていますのでまずはできるところから準備を整えていきましょう。

・黄色く熟れた梅 2㎏
・粗塩 300グラム以上
・容器 6リットル程度
・ホワイトリカー 70cc
・ボウル
・ビニールぶくろ×2
・ゴム

 

を用意しましょう。

準備が整ったら次は梅の選別です。

 

梅干の作り方その2.選別

梅干しを作るときはまずは梅を選別します。

たくさんある梅を選別するときは

  • 表面に傷がない
  • 形が丸いもの
  • 黄色くて熟れているもの

を中心に選ぶようにしましょう。

梅の選別は数が多くて結構大変な作業なのでもし子供さんがいるところでは子供さんに手伝ってもらうのもありです。

一人で作るのもありですが、周りに協力を呼びかけるのもOK。

楽しく梅干つくりを行っていきましょう。

スポンサーリンク




梅干の作り方その3.下処理

梅の選別ができたらいよいよ、下処理へ移っていきます。

初心者の場合、初めての経験で不安に感じるかもしれませんが下処理はどれも難しい作業ではなく簡単なものばかりです。

下記の流れを見ながら1つ1つ丁寧にこなしていきましょう。

 

下処理1.容器を殺菌する

 

梅干しに使う梅を選別したら、梅の下処理に移っていきますがその前に梅を入れる容器を殺菌しておきましょう。

梅はカビに弱いので容器に菌が付いていたら梅自体が腐敗してしまいます。

出来上がりを待たずして梅が痛んで腐ってしまわないように。

まずは梅を漬ける容器に熱湯やホワイトリカー等の焼酎を入れ殺菌し乾燥させて綺麗に保つようにしましょう。

 

下処理2.梅を洗う

さていよいよ選別した梅を洗っていきます。

梅をボウルに入れ1時間ほど漬け込みます。

 

下処理3.へたをとる

1時間ほどたったら梅をザルにあげ、梅の水気をとり梅のへたを串でとっていきましょう。

これも地味な作業なので子供さんがいるなら手伝ってもらえると助かる作業です。

 

ここまでの流れが梅の下処理になります!

地味な作業が結構ありますが、全体的な流れは簡単なものばかり。

1つ1つの作業を内職をするような気持ちでコツコツと続けていきましょう。

 

梅干の作り方その4.漬け込み

plum-379452_960_720

梅の下処理が終わったらいよいよ漬け込みです。

下記の手順を参考に1つ1つ丁寧に仕上げていきましょう。

 

仕込みその1.梅と塩をサンドするように入れる

梅の下処理が終わったら、殺菌した容器に

梅→塩→梅→塩

 

の順でサンドするように入れていきます。

この作業を繰り返すと最後に塩があまるので残りの塩は梅の上にかぶせ梅を覆いつくしましょう。

 

仕込みその2.ビニールをかぶせて重石

塩で梅を覆いかぶせたら、次にビニール袋を2枚重ねにし、保存容器の中に広げます。

ビニール袋が広げ終わったら中に水をたっぷり入れてゴムで縛りましょう。

※この水は重石の代わり

ここまでが仕込みの流れとなります。

この状態で梅を寝かせると2~3日すれば梅酢が上がってきますが、これが梅干し作る為には大事なポイントです。

梅酢が出た場合、梅はそのまま約1ヶ月寝かせましょう。

 

※梅酢が出ない場合

水の重さが足りないので重石をのせましょう!

※赤い梅を作りたい場合

梅酢が出た時点で紫蘇を仕込んでください。

紫蘇を入れて、全体に馴染ませ2~3掴み塩をふりかけばOKです。

 

梅干の作り方その5.天日干し

plum-939348_960_720

梅を漬けて1ヶ月。

梅干の作り方もいよいよクライマックスです。

もうひとふんばり!頑張っていきましょう。

 

天日干しその1.梅を干す

容器に入れた梅を取り出し、梅をザルに並べて天日干しにします。

梅を干す場合は

  • 風通しのよい場所
  • 太陽光のあたる場所

を意識して梅を干すようにしましょう。

その名の通り、梅干しです!

 

天日干しその2.裏返し干して出来上がり

1日目は表面を2日目は裏面を両方を綺麗に干すようにしましょう。

  • 中粒は約3日
  • 大粒は約4日

干せば自家製梅干しの出来上がりです。

後は出来上がった召し上がるだけ。

ご飯に料理にお酒のお供に、自家製梅干しを味わっていきましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか、初心者でも簡単な梅干の作り方は。

意外と難しいと感じた方もいるかもしれませんが、作業自体は本当にシンプルで簡単です。

1日で作る料理と違い、最低でも1ヶ月はかかるのでその点がネックですができあがればそれこそ数ヶ月は梅干に困ることはないでしょう。

また作り方さえ覚えれば、何度でも作れますし、いろんな料理に使えて便利です。

健康にもよい梅干し!

是非、ご家庭の味の1つとして梅干し作りにチャレンジしてみてくださいね。

それにしても今ほど化学が発展していない時代に、梅の効能や処理の方法などよく考えたものです。

先人の知恵の凄さはまさに偉大そのもの!

こういった文化は先々にも日本の食の文化の1つとして受け継いでいきたいなと感じます。

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 梅や梅酒は体に良すぎる