四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

豊平川花火大会(2016)の日程とおすすめの穴場スポット5選

      2016/06/23


photo0000-0054

今年で61回目を迎える豊川平花火大会。

一般的には「道新・UHB花火大会」と呼ばれ、札幌市民なら誰しも知っており、楽しみにしている有名な花火大会になります。

打上げ数は4,000発とそこまで多くありませんが、打上げ花火は基本的にオリジナルの創作花火が中心で、他の花火大会では味わえない花火を味わえるでしょう。

2016年ももうまもなく豊川平花火大会がやってきますが、今年はいつ開催されるのでしょうか。

ここでは2016年の豊川平花火大会の日程やアクセスにおすすめの穴場スポットまでまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




豊川平花火大会の日程はいつ?2016

alarm-clock-1193291_960_720

創作花火が毎年楽しみの豊川平花火大会ですが2016年の日程は7月29日(金)になります。

7月の終わりに咲く花火、明日が土曜日と言うこともあり今年も来場者が多そうなイメージがしますね。

豊川平花火大会は普通の花火大会と異なり、毎年テーマが変わりプログラムが3部構成になっています。

第1部「サマーナイトファンタジア」打上げ、スターマイン
第2部「アート オブ ファイヤー」打上げ、スターマイン
第3部「グランドフィナーレ」ワイドスターマインほか

 

それぞれのテーマに合わせ特徴の違う色とりどりの花火が夜空に舞い上がります。

今年は一体どんなプログラムに花火が舞い上がるのか、今はしばしその時を楽しみながら待ちましょう。

日程  2016年7月29日(金) 雨天時は8月2日(火)に延期
開催場所 札幌・豊平川南大橋~幌平橋間(札幌市中央区南13条1丁目付近)※駐車場はありません
打ち上げ時間  19時40分~
打ち上げ数  約4000発

 

アクセスや交通規制について

PAK86_koutuujyuutai20130815_TP_V

豊川平花火大会に遠方から足を運ぶとなると気になるのがアクセスや交通状況などですよね。

花火大会となると、どこでも交通規制に混雑、渋滞が発生するのが常ですので今のうちに避けれるようにチェックしておきましょう。

 

アクセスについて

まずはじめにアクセスについてですが、豊川平花火大会当日の

  • 「中島公園駅」
  • 「幌平橋駅」

は大変混雑します!

でできれば「中の島駅」の利用していくようにしましょう。

すすきの方面から徒歩で来られる方は南7条大橋方面からの方がスムーズに来ることができますよ^^

 

交通規制や混雑について

豊川平花火大会の当日の交通規制は下記の通りです。

・豊平橋-南19条大橋間の右左岸通 18:00頃~
・豊水通の南15西1-南9西2ほか 19:30頃~
・菊水旭山公園通の南9西3-水車町2 19:30頃~
・南大橋上流側の歩道 19:30頃~

 

打上げ開始の1時間前には会場付近は混み合い始めます。

中島公園駅側は特に混雑しており、19時にはどこも場所を確保されていますので会場でゆったりと花火を楽しみたい方は早めに足を運ぶようにしましょう。

ただ幌平橋駅、中の島駅側は比較的空いていますので19時過ぎに来ても十分場所を確保です。

ちなみに帰宅時に混雑回避したい場合は花火が終わる少し前に帰るか、幌平橋駅、中の島駅を利用するかになります。

混雑や渋滞を避けた場合は最初から最後まで計画的に行動するようにしましょう。

スポンサーリンク




おすすめの穴場スポット5選

IMG_3467

豊平川花火大会を会場で見るものよいですが、できれば静かな場所で綺麗に見たいという方も多いのではないでしょうか。

会場周辺は混み合い、帰りを考えると人ごみはちょっと・・・ってなりがちですからね。

そんな方の為にここではおすすめの穴場スポットは下記の通りです。

 

穴場その1.中島公園

穴場スポットとして1番有名な中島公園。

豊平川に近いので迫力のある花火を観ることができます。

また公園には菖蒲池という池もあり、そこでボートに乗って楽しんだりできるのでカップルには特におすすめの穴場スポットではないでしょうか。

ただ有名なだけに人出が多いので出来るだけ早めに足を運ぶことをおすすめします。

 

穴場その2.ノルベサ(観覧車)

会場から離れていますが、ゆったりとした中で2人だけの空間で花火を楽しむことが出来るノルベサ。

1周の時間を考慮してお互いの観たい花火のタイミングで楽しみたいところですね。

カップルや家族におすすめですが、乗る場合は計画的に時間調整を行っていきましょう。

 

穴場その3.幌平橋

花火を真正面から離れて観ることができる幌平橋。

見上げないので首は痛めず、ゆったりと花火を楽しむことができます。

 

穴場その4.中島公園豊平川館前

座ってゆったりと花火を楽し見たい方におすすめの中島公園豊平川館前。

ただ花火が建物とかぶってしまうポジションもあるのでべスポジを探して花火を楽しむように心がけてくださいね。

 

穴場その5.ビアガーデン

IMG_3463

仲間と一緒に飲みながら盛り上がって楽しめるビアガーデン。

有料になりますが、夜空に咲く花火をつまみに思い出に残るひと時を楽しめることは間違いないでしょう。

近くのビアガーデンは以下の3つです。

・キリンビール円本館中島公園店
・札幌パークホテル納涼ビアガーデン
・ラフィア屋上ビアガーデン

 

まとめ

 

2016年の豊平川花火大会の日程や詳細におすすめの穴場スポットをまとめてみましたがいかがでしたか。

豊平川花火大会は高い位置からも低い位置からも楽しむことが出来る花火大会です。

花火大会当日前に穴場スポットも含めて計画的に花火を楽しんでいきましょう。

特に大切な方と足を運ばれる方は、腕の見せ所ですよ!

それでは当日の素敵な花火を楽しんできてくださいね^^

スポンサーリンク





 - 夏の花火大会、お祭り特集