四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

【2016】天神祭花火の日程とおすすめの穴場5選

   


tenjin (2)

日本3大祭りの一つ大阪天満宮祭り、天神祭が2016年ももう間もなくいよいよ開催されます。

毎年100万人以上が訪れる伝統のお祭りだけに始まるのを楽しみにしている方も多いと思いますが、特にその中でも気になるのがフィナーレの花火ですよね?

天神祭の終わりを告げるように毎年たくさんの花火が夜空に打ちあがる姿はまさに幻想的!

天神祭の花火は毎年連続で打ちあがる花火の中に、たまに咲くユニークな花火が見どころですからね。

2016年は一体どのような花火が開催され、会場をにぎわせてくれるのか?気になるところ。

ここでは2016年これから開催される、天神祭花火の日程やおすすめの穴場スポットをまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




天神祭花火の日程はいつ?2016

alarm-clock-1193291_960_720

天神祭のフィナーレを告げる、天神祭の花火は2016年の日程は7月25日(月)になります。

2016年の開催は月曜日と平日になりますが、それでも大阪の天神祭の花火の日になると訪れる人数は100万人以上が押し寄せ大阪の街が盛大な賑わいを見せます。

打ち上げる花火の本数は大体約4千発!

普通の花火大会と違い

・梅鉢の形に開く紅梅(オリジナル花火)
・連続打ち上げ花火
・文字化け

 

等、遊び心のある花火大会となっています。

2016年は一体どんな花火が大阪の夜空に咲誇るのか?

ただただ待ち遠しいばかりですね。

詳しい問い合わせ先は下記の通りです。

日程  2016年7月25日(月)
開催場所  大阪市北区、桜之宮公園グランド、川崎公園
打ち上げ時間  19:00~
打ち上げ数 約4000発
問い合わせ先  大阪天満宮社務所(TEL.06-6353-0025)

 

スポンサーリンク




おすすめの穴場5選

tenjin (1)

当日は100万以上が押し寄せる、天神祭花火。

人気のお祭りに花火は楽しみたいところですが、人が多すぎて花火が綺麗に見えかった・・・なんてことも少なくないですよね。

1年に1回しかない花火だからこそ、花火が始まったら綺麗に見たいのが正直なところ。

そこでここでは天神祭花火を綺麗に見たい方の為に!

大阪の天神祭花火が綺麗に見えるおすすめの穴場スポットをまとめてご紹介します。

穴場その1.川崎橋

ゆったりと花火を見たい方におすすめの穴場スポット川崎橋。

人出も少なくトイレも近いので何かと困ることが少ない場所といえるでしょう。

※場所によっては花火が見づらいところもあります。

 

穴場その2.桜之宮公園

穴場スポットの中でも人気が高い桜之宮公園。

数多くの屋台があるのでグルメを楽しみながらお祭り気分で楽しむことができます。

ゆったりと座って過ごしたい方は夕方の4時を目処に足を運ぶようにしましょう。

※場所取り必須です。

 

穴場その3.源八橋

会場から近いこともあり、混雑しますが花火を楽しむのにおすすめは絶好のロケーションです。

多くの人が行き来する場所でもありますので、花火を楽しむ場合は人の邪魔にならないように注意しましょう。

 

穴場その4.都島橋

夜のライトアップが美しい大阪城と共に花火を楽しめる都島橋。

恋人達に特に人気の穴場スポットです。

 

穴場その5.桜宮橋

花火が綺麗に見える穴場スポットとして人気が高い桜宮橋。

人の出入りが多く混雑が凄いですが、その分美しい花火を見ることができるスポットです。

とにかく混雑が凄いのでそれでも良いって方におすすめします。

 

花火を見る時の注意点

megaphone-155780_960_720

毎年多くの人出で賑わう天神祭花火!

早く来い来いと待ち遠しいばかりですが、花火を観る時は注意する点があります。

天神祭や花火では毎年窃盗の被害が報告されていますので荷物などの管理は十分心がけるようにしてください。

当日は多くの人出で賑わい、混雑します。

いきなり荷物がなくてアレ?っとなっても見つけるのが困難です。

楽しみにしていたのに、最後は後悔となると残念なので。

そのようにならない為にも貴重品はしっかり守るようにしてくださいね。

 

まとめ

 

2016の天神祭花火の日程やおすすめの穴場をまとめてみましたがいかがでしたか。

天神祭のクライマックスである花火、今年はどんな花火が打ちあがるのか?待ち遠しいばかりですね。

もう間もなくその時がやってきますが、今のうちスケジュールや穴場スポットを含めて計画を立てていきましょう。

ちなみに有料ですが1番花火が綺麗にみえるのが船の上です。

お値段は1人35000円近くしますが(笑

今年はちょっとリッチに楽しみたい方は検討してみてくださいね。

スポンサーリンク





 - 夏の花火大会、お祭り特集