四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

高松まつり花火大会2016の日程とおすすめの穴場スポット7選

   


IMG_9664

今年で51回目を迎える四国の四大祭り、さぬき高松まつりの夜空を彩る花火大会「どんどん高松」。

約8,000発もの花火が打ち上げられ、毎年25万人程度の観客を魅了します。

四国の花火大会人気ランキングでも堂々の1位を獲得などまさに四国一みたい花火ですが2016年は開催されるのでしょうか。

ここでは2016年の高松まつり花火大会の日程等の基本情報やおすすめの穴場スポットをご紹介します。

スポンサーリンク




高松まつり花火大会の日程はいつ?2016

clock-782536_960_720

四国の花火大会人気ランキングで1位に輝いた、高松まつり花火大会の2016年の日程は8月13日(土)になります。

まさに夏真っ只中に開催される高松まつり花火大会。

2016年もかなりの人手が押し寄せることだと思いますので当日は出来るだけ早めに足を運ぶことをおすすめします。

海上から打ち上げられる大迫力の花火が約12000発も打ち上げられる姿はまさに絶景そのもの。

当日、高松まつりも開催されてますのでできれば早めに足を運んでまつりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

高松まつり花火大会の2016年の詳細は下記の通りです。

日程  2016年8月13日(土) 荒天の場合8月15日(月)に延期
開催場所  サンポート高松北沖合海上
観覧場所  サンポート高松
打ち上げ時間  20時~20時50分
打上げ数  約8,000発

スポンサーリンク




アクセスや駐車場について

parking-705873_960_720

高松まつり花火大会に足を運ぶとなると当日気になるのがアクセスや駐車場のこと。

遠方であればあるほど土地柄が分からず、混雑や渋滞に巻き込まれる可能性が高いので今のうちにアクセスや駐車場をチェックしておきましょう。

 

アクセスについて

【電車の場合】

JR高松駅下車→徒歩20分

 

【車の場合】

高松道高松中央IC→20分

 

おすすめの駐車場について

・高松競輪駐車場
・高松市中央卸売場駐車場
・市内小学校を解放
・サンポート地区に有料駐車場 1000台

 

になります。

この他にもコインパーキングなど駐車場自体はそこまで気にしなくても問題ありません。

ただし、注意しておきたいのが、当日の人出による渋滞や混雑です。

なんていったって四国一の花火大会!

四国だけでなく全国からかなりの人出が押し寄せますので出来るだけ公共交通機関を使うか又は早めに足を運ぶことをおすすめします。

 

おすすめの穴場スポット7選

IMG_3622

高松まつり花火大会の開催場所が海上周辺であることや高い建物が少ないことから実はかなりの穴場スポットが存在します。

会場で花火を見るのも良いですが、ゆったりと静かな雰囲気で花火を味わいたい方は下記の穴場スポットを利用してみてくださいね。

穴場スポットにより見え方も使い方も様々ですので今のうちにチェックし、当日に備えていきましょう。

 

穴場その1.峰山公園展望台

穴場スポットとして有名でよく見えると評判の.峰山公園展望台。

カメラマンが写真を撮るスポットとしても人気があり、夜景と一緒に花火を鑑賞することができます。

写真好きやカップル方に特におすすめのスポットです。

 

穴場その2.イオン高松の屋上駐車場

車で行く人やお子さんがいる人におすすめのイオン高松の屋上駐車場。

会場から少し離れているので低い位置の花火が観にくいですが、広々としたスペースでゆっくりと過ごせることができます。

ただしあくまでイオンの駐車場なので買い物も含めて邪魔にならないように鑑賞しましょう。

 

穴場その3.高松競輪場の駐車場

地元の方が良く利用する高松競輪場の駐車場。

臨時駐車場としても利用されるので車で行く人にはおすすめの穴場スポットですね。

ただ、普段から利用者が多いのでお昼過ぎには到着できるようにしておかないと場所はないと思っておきましょう。

車や人も多いのでお子さんがいらっしゃる場合は気を目を離さないように気をつけてくださいね。

 

穴場その4.花樹海

温泉施設でみることができる穴場スポット、花樹海。

もちろん宿泊も可能なのでゆったりと1日を過ごしたい方は宿泊もかねて贅沢な鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

穴場その5.女木島

船で移動して鑑賞する女木島。

所要時間は約20分、大人の片道は370円かかりますが、かなり贅沢な花火を楽しむことができます。

何も遮るものはなく、あまり人はいない、椅子で座りながら花火観賞なんてこともできます。

安くてリッチな花火を楽しみたい方におすすめの穴場スポットです。

 

穴場その6.城東町の岸壁

城東町は少し出っ張っているところに位置していますので、先端から観る形になります。

距離はそんなに離れていないので花火は大きく観ることができるでしょう。

 

穴場その7.新北

人がいないので穴場中の穴場スポット新北。

とにかく静かに花火を見たい方はこのスポットに目を向けることをおすすめします。

 

まとめ

 

2016年の高松まつり花火大会の日程やおすすめの穴場スポットをまとめてみましたがいかがでしたか。高松まつり花火大会は海岸沿いにかなりの穴場スポットが点在します。

花火だけを見るなら絶好のロケーションが多いので穴場を上手く使いながら当日の計画を立ててみてくださいね。

四季を楽しむイベントの1つ、夏の花火。

それでは当日の花火をお楽しみください^^

スポンサーリンク





 - 夏の花火大会、お祭り特集