四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

潮干狩り2016の時期はいつ?あさりが沢山とれる時間やポイントも紹介

      2016/05/23


潮干狩り

潮干狩り2016の時期はいつ?あさりが沢山とれる時間やポイントも紹介

季節が変わり春になると楽しみの1つとして待っているのが潮干狩り。

2016年もようやく暖かい季節をむかえ、これから家族と外でわいわいと楽しめることもあってウキウキしているのではないでしょうか?

さあ、これから子供や友達、家族と潮干狩りにいくぞ!

と気持ちはあっても、実際に潮干狩りに行くならやっぱりたくさんの貝を持って帰りたいところ。

ここでは2016年のこれから潮干狩りをしようと考えている方の為に。

潮干狩りのおすすめの時期や時間帯を紹介します。

潮干狩りはまさに宝探しですからね、行くからには思う存分GETして美味しく食べれるようにしましょう。

スポンサーリンク




潮干狩り2016の時期はいつから?

あさり

暖かくなってきたし、潮干狩りに行こう!とは思ってもいつから始まるのかと言われると

正直いつ?

ってなる方は多いのではないでしょうか?

時期を逃して行き忘れて後悔!とならない為にも潮干狩りの時期は抑えておきましょう。

早速、潮干狩りの時期はいつからいつまでなのか?

その答えを結論から申しますと2016年の潮干狩りに時期は3月中旬から5月下旬が1つの目安になります。

また多くの貝が獲れる時期としては春のシーズンで、その他の楽しみをかねて楽しめる時期でもあります。

是非、この時期に潮干狩りを満喫したいところですが、ここだけの話。

潮干狩りに行くならもう1つ押えておいてほしいポイントが存在します。

それが潮干狩りを楽しくするのは、干潮(潮がひく)の時間を調べておくことです。

潮干狩りに行って効率よく楽しむには、「晴れの日」を選ぶと間違いはありませんが・・・

干潮の時間の時間をおさえておくことで、待ち時間の楽しみ方や取る楽しみ方も大きく変わってくることを覚えておいてくださいね。

干潮の時間はどの時期も大きくかわることはありませんが干潮前後の1~2時間が勝負です。

この時間帯にどれだけアサリを取れるのか?を意識して潮干狩りを楽しみましょう。

※特に産卵期を迎える頃の春のアサリは一番身が大きく美味しいです。

3月~5月、この時期のアサリは絶品なので大量に持ち帰ることに全力を注ぎましょう。

 

あさりは1年中潮干狩りできる?

潮干狩りの適切な時期は3月~5月ですが、実は、一年中潮干狩りができるポイントもあります。

貝が美味しい時期があるのは3月~5月ですが、とることだけが目的だと「1年中潮干狩りができる」といえます。

ただこの時期のあさりは有料の潮干狩り場では営業をしてないところがほとんど。

7月にはほぼオフになる潮干狩り場、なぜ?って感じですが理由としては簡単に説明するなら「夏になると気温の上昇により貝は毒を含むようになってしまうから」なんですね。

小さい子供と楽しみながら出かける潮干狩り、安全面も考慮された上で夏場はシーズンオフとなっています。

スポンサーリンク




潮干狩りのおすすめの時間帯は?

clock-tower-190677_960_720

潮干狩りに行くからには貝がたくさん取れる時間帯に行きたいのは誰もが思うところですが・・・

潮干狩りの場合、特におすすめの時間帯は決まっていません。

季節や日によって干潮の時間帯が様々なので一概に、この時間帯がおすすめ!とはいえないんですね。

ただおすすめの時間帯はありませんが、潮干狩りで貝を沢山ための重要なポイントは存在します。

それが干潮の時間帯の長さなんです!

潮干狩りはその名の通り、潮がひいてないとできないイベント。

干潮が長い時間を選ぶことが潮干狩りを沢山とる為の重要なポイントの1つと言うことは間違いありません。

春のシーズン、潮干狩り日和の日中は干潮になることも多いのでもし潮干狩りに行く場合は潮干狩りに適した時間帯を有料の潮干狩り場で電話などでも問い合わせておさえておきましょう。

潮干狩りにおすすめの干潮の長い時間帯さえわかれば、後は、日程と天候をあわせるだけ。

下準備があるか?ないか?で潮干狩りの楽しみ方は大きく変わってきますので行かれる前に必ずチェックしておきましょう。

 

まとめ

 

2016年ようやくやってきた春のイベント、潮干狩り!

初めていかれる方も初めてじゃない方も含めて潮干狩りの時期や干潮の時間帯をおさえて潮干狩りを満喫していきましょう。

ポイントは天候・時間・時期の3つです。

もちろんなんとなく参加するのもありですが、2016年、後悔しない良い思い出を作りたいと思うなら事前に下準備を行って楽しんでくださいね。

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 潮干狩りで知って得する知恵