四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

潮干狩りにおすすめの服装とは?大人と子供の場合編

      2016/05/23


潮干狩り,女性

潮干狩りを恥じるのは楽しいものですが、干潟で遊ぶにはそれなりに服装を考えることが大切になってきますね。

4~5月となり気温が暖かくなることはうれしいですが、潮干狩りへ行くとなると

  • 紫外線が気になる・・・
  • 服装は水にぬれても大丈夫?

等の悩みもでてきます。

どのような服装がおすすめなのか?と言われても中々、行くことがないからこそ服装には特に悩んでしまいますよね。

ここではこれから潮干狩りに行く方におすすめの服装のポイントをご紹介します。

※子供の服装のポイントもあり

スポンサーリンク




潮干狩りにおすすめの服装とは?

潮干狩り,女性

潮干狩りに出かける時に悩む服装ですが特におさえておいて欲しいポイントが3つあります。

下記のポイントをチェックした上で潮干狩りに最適な服装を選んでみてくださいね。

 

その1.ぬれても大丈夫な服装

干潟で潮干狩りへ行く場合、絶対的に押えておいてほしいのが濡れてもいいという覚悟です。

潮干狩りは貝を採ることがメイン!

絶対、地面に触れることが前提になってしますので「ぬれても大丈夫」な服装を選ぶようにしましょう。

潮干狩りでは大多数の人が参加します。

もちろん女性から子供まで沢山の人がいますから、貝をとる時の砂利がとんできてもおかしくありません。

ボトムスからトップスまで全部汚れてもいいような服装を心がけてくださいね。

 

その2.寒さ対策が考えてある服装

4月~5月に、ゴールデンウィークになってくると温かくなってくるのですが、天候によっては急に冷え込んでしまう場合もあります。

時間や天候によってどのように変化するかは正直わかりません。

涼しいし暑いからというだけでラフで薄手の服装は避けましょう。

もしもの気温の変化の時を考えて、予備として上にベストなどを着れるような服装を心がけてくださいね。

どちらにしても潮干狩りでは服が濡れ、体温も冷え込んでしまいますので暖めるようの服装としてもっておいて損はないでしょう。

 

その3.日焼け対策を考えた服装

女性の場合、誰もが避けたい日焼け。

服装で日焼け対策を考えるなら薄手の長袖がおすすめですが、服装だけでなく

  • サングラス
  • 帽子
  • サンバイザー

なども用意しておいてくださいね。

4~5月といってもこの時期の紫外線量は真夏とほとんど変わらなくなっていますので、UVクリームなども、前もって塗っておくなどケアを行っておきましょう。

男性も女性もですが服装のポイントは

  1. 汚れてもいい
  2. 寒さ
  3. 日焼け

になります。

上記の3つのポイントをおさえて、できるだけカジュアルで動きやすい服装、そして汚れた時の着替えも用意して潮干狩りを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク




子供の服装について

潮干狩り子供

子供の服装の場合も女性とと同じで「濡れても大丈夫なもの」が基本ですができるなら水着などを下に着せておくことをおすすめします。

大人と違い、子供は無邪気でわいわいはしゃぎます。

間違いなく濡れては汚れては確実なので服装としては水着の上に

  • Tシャツ
  • 長袖パーカー
  • ズボン

を着せるようにしましょう。

心配なようであれば雨カッパなどを一番上に着せるのもあり!

雨カッパは風が吹いても寒くなく体も冷えるのでおすすめです。

 

派手な服装はおすすめ

子供の潮干狩りに連れて行く場合、必ずといっていいほど押えておいて欲しい子供の服装のポイントがあります。

それが派手な色の服装を選ぶということです。

子供は大人と違って潮干狩りに夢中になりやすいので気付けばいつの間にか遠くへいることも少なくありません。

気付いたときに迷子になったとして潮干狩りに人が多いとどこにいるのか?探すのだけで一苦労です。

その為、目につきやすいカラーの強い服装を心がけるようにしましょう。

 

潮風にかぶれない為服装とは?

潮干狩りに行った子供さんでたまに潮風でかぶれを起こしてしまう子供もたまにはいます。

こういった潮風は通気性の悪い服装が原因の可能性が高いので、敏感肌の子供には通気性の良いズボンでも七分丈やハーフパンツを用意するようにしましょう。

 

子供の足元は?

潮干狩りで子供の足元がぬれないようにと親としては雨靴を履かせたい気持ちもありますが・・・逆に子供は「歩きにくい」といってすぐに脱いでしまう心配があります。

裸足で海を歩くのは子供にとってはいいことなのかもしれませんが、逆に貝等で足を切る恐れも出てきます。

そんなことにならないように、できれば雨靴は予備と考えできればはマジックテープでしっかりと留められるサンダル浜辺で履き捨ててもいいような運動靴を選ぶようにしましょう。

 

子供の頭は何か必要?

また、子供さんも大人も時間が過ぎていくのを忘れて、潮干狩りに夢中になって遊んでいると、日差しが強いせいか、日射病になることもあります。

風に飛ばされないようなゴムのついた帽子を用意してあげましょう。

 

まとめ

 

1年を通してそんなに行くことがない潮干狩り。

潮干狩りは絶対汚れるので今日1日だけはファッションは捨てて思いっきり楽しんでいきましょう。

ただいつ何がおきるか?は分からないので思いっきり楽しむためにもしっかりと万全の対策と準備を心がけてくださいね。

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 潮干狩りで知って得する知恵