四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

しもやけの原因と症状を徹底まとめ!間違えやすい病気も一緒にチェック

   


mark_question

冬になると心配になることの1つがしもやけ。

子供から大人までなる症状の1つから誰しも経験したことがあるのではないでしょうか?

ただでさえ寒いと動くのが嫌なのに、ここでしもやけとなるとかゆくて痛いですよね。

そんな寒い季節に厄介なしもやけですが、そもそもなぜ「しもやけ」は寒い季節になるとなりやすいのでしょうか?

ちょっと素朴な疑問ですが、気になったので。

ここではしもやけの原因をおさらいしながら簡単に症状もまとめてみることにしました。

ちなみにしもやけに似た病気もまとめてみましたので気になる方はチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク




しもやけの原因って何?

magnifying-glass-450693_960_720

しもやけの原因て寒いからなるんじゃない?

と思いますよね。

寒い季節になる定番の症状だからこそ、その意識は間違っていません。

ではなぜしもやけが、寒い季節になるのか?

この大きな原因の1つの要因は皮膚と外気の温度差と言われています。

自分の体は暖かくて外は寒いと体の末端から冷えていき、血流が悪くなり結果、しもやけが待っています。

特に湿気が多かったり塗れたりしていると気化熱でさらに悪化する恐れもあるのでできるだけ乾いた状態に保っておきましょう。

しもやけは誰しもがなりますが、体質や性別などで大きくしもやけにかかる具合が変わってきます。

特にしもやけになりやすい順序を簡単にまとめると

男性<女性

大人<子供

 

がなりやすいと言われています。

っということは女の子のお子さんがいる場合は特に気を付ける必要があると考えたほうがいいでしょう。

しもやけの原因は外気と内気の温度差にあるのですからしもやけにならない為には

  • とにかく温度差をなくす
  • 暖かくして湿った状態にしておかない

ということを気をつけていきましょう。

 

しもやけの症状とは?

img_9105

なると厄介なしもやけですが、しもやけの症状はただ痒く痛みが伴うだけではありません。

しもやけの状態により、症状が異なることを覚えておきましょう。

下記からはしもやけになるとよくある症状のまとめです。

 

症状その1.全体的に赤く腫れる

しもやけになった初期状態は赤く腫れてきます。

そこから重くなっていくと、どんどん黒くなっていき血が通っていないような状態になっていきます。

 

症状その2.かゆみ、痛み伴う

一番厄介な症状ですよね。

あの感覚を思い出すだけで嫌になってしまいます(笑)

かゆいのにかいたら痛いというジレンマを抱えないといけません。

 

症状その3.熱に反応する

しもやけの状態でお風呂に入ったら余計かゆくなってしまいますよね。

これは収縮している血管に血流が一気に流れてしまうことで起きてしまいます。

しもやけになってから患部を温めようとしても逆効果なのでご注意ください。

スポンサーリンク




しもやけと間違えやすい病気

girl-504315_960_720

しもやけと思ってたけど違った、またその逆、しもやけと思っていたけど実は別の病気だったなんてありえますから参考にしてみてくださいね。

「しもやけ」とその他の病気は症状が似ているのでついつい間違えやすいもの。

症状にあった正しい対処を行っていきましょう。

 

凍傷

テレビなどで凍傷の指などを見たことがあると「しもやけ」と似ていますよね。

しかし、結構違っていて、凍傷はマイナス4℃以下でしか起きず皮膚組織が凍結してしまう病気なのです。

しもやけでは皮膚組織が凍結しませんからね。

凍傷になると最悪切断しなければならない大変な病気ですのでしもやけと間違えないようにしましょう。

 

膠原病(こうげんびょう)

この名前を聞いたことがある人はどのくらいいるでしょう?

この病気は全身の血管などの炎症の総称です。

症状としてかゆみと痛みが発生します!

その点についてはしもやけと同じですが、ただ、発熱したり冬以外で発症するというところが違ってくるので十分に注意してください。

 

レイノー病

寒さや精神的緊張により末端の血流が悪くなりしもやけと似た症状が出てきます。

状況によってはこの病気としもやけとの区別はつきにくいかもしれません。

しもやけ対策をしても治らない場合、病院へいくことをおすすめします。

 

まとめ

 

しもやけの原因と症状をまとめてみましたがいかがでしたか。

しもやけはとにかく寒さが一番の天敵です!

寒くないようにするのがしもやけにならない為の一番の予防になるのでしっかりと体をあたため寒さ対策を行っていきましょう。

スポンサーリンク





 - 身を守る対策