四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

【2016】島原温泉ガマダス花火大会の日程や穴場4選

      2016/05/25


fireworks-535198_960_720

平成5年より雲仙普賢岳噴火災害からの復興と観光活性化を祈願した花火大会、島原温泉ガマダス花火大会が2016年ももう間もなくやってきます。

災害から今年で24回目になる原温泉ガマダス花火大会。

あの災害から今では平和が続き、夏の風物詩となりました。

今年も楽しみな島原の夏の花火!2016年は一体いつから始まるのでしょうか。

ここでは2016年これから島原温泉ガマダス花火大会の日程や穴場スポットに駐車場までまとめてご紹介します。

 

島原温泉ガマダス花火大会の日程はいつ?2016

calendar-660670_960_720

今ではもうすっかり、夏の風物詩となった島原温泉ガマダス花火大会。

例年の人出は5万人ほど集まり、九州でも知られた花火大会となりました。

今年もさぞ多くの観光客が押し寄せると思いますが一体いつ開催されるのか?といいますと島原温泉ガマダス花火大会の2016年の日程は8月25日(金)になります。

花火大会では

  • 大玉打上5号~10号玉
  • 水中花火
  • 連続スターマイン

がありフィナーレには15号玉の花火が打ちあがります。

島原の夜空に打ちあがる大輪の花火、花火打ち上げ当日は100店舗ほどの屋台店が立ち並ぶので花火をみながら美味しい食べ物をほお張り贅沢な日々を過ごしてみてはいかがでしょうか。

島原温泉ガマダス花火大会の詳しい問い合わせ先はコチラです。

日時  平成28年8月25日(金) 荒天順延
会場 島原港
打上本数 6000発
打ち上げ 20:30~
有料席 なし
問合せ先 S 0957-62-3986 島原温泉協会

 

おすすめの穴場スポット4選

IMG_9910

花火をみるとなると会場から見るのも良いですが、人ごみや雑音も多いことからたまには違った角度から花火を見たいもの。

人も少なく、眺めも良い!そんな贅沢な穴場スポットをご紹介しますと

・島原外港緑地公園
・眉山治山記念公園
・島原復興アリーナ
・ひょうたん池公園

 

などに足を運んでみてはいかがでしょうか。

島原温泉ガマダス花火大会の打ち上げは海上から行われます。

そんな会場からの花火がよく見えるのが4つの穴場ポイント、今のうちに見る場所を含めて当日のスケジュールを考えていきましょう。

穴場といっても当日は多くの来場者が押し寄せますのでできるだけ早めに足を運ぶようにしてくださいね。

 

アクセスや駐車場について

PAK86_koutuujyuutai20130815_TP_V

2016年は島原温泉ガマダス花火大会を見に行きたい!となると地元の方は言いのですが遠方の方が困るのがアクセスや駐車場について。

アクセスや駐車場がわからず、花火大会が始まり、そのまま渋滞に引っかかり終了。

なんてことも考えられますからね。

当日はそんなことにならない為にも今のうちにアクセスや駐車場情報はおさえておきましょう。

列車の場合

JRは、定期列車で、島原駅~島原港駅を利用してください。

帰りは、臨時列車の島原港駅から、

・多比良町行き
・諫早駅行き
・島原駅行き

 

があります。

 

バスの場合

バスは、島原駅発・アリーナ入り口発の定期便を利用して会場入りしてください。

帰りは、

・多比良港行き(1台)
・島原駅行き(2台)
・白土経由萩ケ丘・辰元口行き(1台)
・須川港行き(2台)

 

の臨時便が増発される予定です。

いずれにつきましても、問い合わせをして確認を取りましょう。

 

おすすめの駐車場について

島原温泉ガマダス花火大会のおすすめの駐車場は下記の通りです。

島原城  島原市城内1−1183−1 120台
島原市役所大手浜駐車場 海側駐車場 90台
島原市霊丘公園体育館 島原市弁天町2−7295−1 50台
島原海浜公園 島原漁業協同組合となり 島原市霊南2−16−21 200台
島原復興アリーナ 島原市平成町2−1 300台

 

総合で700台以上の車が駐車できますが当日は多くの来場者が訪れます。

午後には満車になる可能性が高いので早めに足を運び駐車するようにしましょう。

また島原温泉ガマダス花火大会の近くにコインパーキングがありますが花火大会当日は午前中に満車になりますので早めの入庫をおすすめします。

 

まとめ

 

平成5年より雲仙普賢岳噴火災害のメモリアルと復興および観光活性化の地元の切なる思いのこもった花火大会。

1つの輪になってくり広げられ、新たな明日のためにと考えられた花火大会、一人でないっての熱き思いがしめられ、花火がことのほか熱き思いを語ってくれるのではないでしょうか。

当時の思いもかみ締めながらも当日の花火をみるとまた違った見え方があるかもしれません。

1年に1度の花火大会、当日計画をたてるのではなく今のうちに計画をたててその日をたのしんでみてくださいね。

スポンサーリンク





 - 夏の花火大会、お祭り特集