四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

インフルエンザで生理が遅れる理由3つ

   


body-1627477_960_720

女性の体は大変デリケート!些細な体の変化にも反応し、体調を崩しやすく、いろいろな症状を発症しやすいですよね。

特に風邪・インフルエンザは体の体調の変化をもたらしますので、やはり生理も影響を受けます。

時に早くなったり時に遅くなったり、症状は人それぞれですが、いつも違う周期になるとそれこそ不安がつきまといますよね。

もちろんインフルエンザ以外でも、体調の変化によって生理も左右されますが・・・

インフルエンザの場合、生理が遅れる理由は何なのでしょうか?

できれば理由をしっかりと押えておきたい女性ならではの悩み。

そこでここではインフルエンザで生理が遅れる理由を徹底的にまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




生理が遅れる理由3つ

magnifying-glass-626174_960_720

インフルエンザで生理が遅れる理由をまとめる前にまずはインフルエンザ外での生理の遅れがないかチェックしておきましょう。

インフルエンザ以外で生理が遅れる原因としては

・ストレス
・薬の副作用
・極端なダイエット
・過度な肥満
・病気

 

等が考えられます。

生理の遅れが、妊娠の心あたりがある場合を除き、何が原因か思い当たることがなくて、心配することもあるかもしれません。

女性のホルモンバランスは些細なことで崩れ体に支障をきたしますから。

上記の問題はないかもう一度確かめておきましょう。下記からはインフルエンザにかかった女性がよくある生理が遅れる理由になります。

 

その1.ホルモンバランスの崩れ

生理の周期は、卵胞ホルモンのエストロゲンと交代ホルモンのプロゲステロンのバランスが崩れ、生理周期や生理の遅れなどの原因になります。

一言でまとめるならホルモンバランスの乱れですが・・・

インフルエンザ発症限らず、生理が遅れる日常生活の中に潜んでいる原因として、

・ストレス
・極端なダイエット
・超肥満
・激しい運動
・寝不足

 

をはじめとする生活の乱れが考えられます。

ホルモンバランスを崩す原因は主にストレスや生活習慣です。

インフルエンザ限らず、これらが原因で生理が遅れる場合は、生活のリズムをコンスタントに保つように心がけましょう。

スポンサーリンク




その2.薬物の副作用

今、服用している薬に、ホルモンのプロラクチンを高める薬物が混在していることはないでしょうか。

ホルモンのプロレクチンは、脳下垂体から分泌されるホルモンで乳腺の発育・サンゴの乳汁の分泌を促すホルモンです。

一般に良く知られている薬は

・ピル
・胃潰瘍の薬
・抗うつ剤
・降圧剤

 

などの長期服用で高プロラクチン血症を起こしやすく、このホルモンの過剰が生理を遅らせることがあります。

 

その3.子宮・卵巣に病気があるかも

婦人科の病気があると生理の遅れが起こりやすいです。

婦人科の病気も発症時の自覚症状が少なく発見が遅れることが多いようです。

妊娠の可能性がない場合、体の異常を知らせていることもありますので、生活や服用の薬の問題がなければ婦人科の病気を疑った方がいいかもしれません。

生理不順のヤングの20人に1人は卵巣の病気を発症しているとも言われています。

生理の遅れを軽く考えないで、今後の不妊症や産めない体になってしまうことがないようにあるいは他の病気を併発させないために、医療機関に相談することをおすすめします。

 

まとめ

 
インフルエンザで生理が遅れる理由をまとめてみましたがいかがでしたか。

インフルエンザで生理が遅れる以前に、とにかく女性のホルモンバランスはデリケートでバランスを崩しやすいといわれます。

普段の生活習慣の乱れやストレスの解消法などを心がけ、健康な毎日を過ごせるようにすることが体にとって必要です。

生活の乱れや妊娠の可能性がなく、2週間も生理が遅れるようならば医療機関に相談をおすすめします。

スポンサーリンク





 - 身を守る対策