四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

日本三大祭りの日程や場所はどこ?祭りの特徴や見どころも全まとめ

   


n1279698315

日本三大祭りってよく聞くけど何?

と思う方は意外と多いのではないでしょうか。

日本の伝統行事として人出も10万人以上と多く、昔ながらの祭りとして知られている日本三大祭りですが一体どのような祭りかというと

・神田祭(東京)
・祇園祭(京都)
・天神祭(大阪)

 

が存在します。

名前はなるほど~ってなっちゃいますが、それぞれの特徴はどのように違うのか?わからないですよね。

そこでここでは日本三大祭りの日程や場所やそれぞれの特徴や見どころをまとめてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




日本三大祭りその1.:神田祭

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東京の神田神社で開催される日本三大祭りの1つ神田祭。

400年以上の歴史があるこのお祭りは江戸っ子がみこしを担ぎ、街中を行きかう姿に毎年300万人近い観光客が押し寄せこの日を賑わいます。

ただでさえ人が多い東京にこれでもかッ!といわんばかりの人だかりが押し寄せる姿はまさに圧巻です。

神田祭の日程や開催場所は下記の通りです。

日程 2017年5月
開催場所 東京都千代田区外神田周辺

 

神田祭の特徴や見どころは?

神田祭の特徴や見どころを簡単にまとめると2年に1度しか開催されないお祭りという点です。

普通のお祭りと違い2年に1回となるとそれだけ祭りが恋しくなりますが、それもこのお祭りの特徴の1つです。

開催期間は3日間。

日程により様々な行事やイベントが次々と開催されますのでいろんな変化が楽しめます。

当日は露店も数多く出店していますのでグルメをほお張りながら東京のお祭りを肌で体感してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク




日本三大祭りその2.祇園祭(京都)

P1030560-500x375

京都で開催される日本三大祭りの1つ、祇園祭。

平安時代から1000年以上も続くお祭り約70万人以上が人出が押し寄せるなどとにかく歴史も人でも多い祭りとして知られています。

また開催期間が他の祭りと違い、開催期間が長くなんとその期間1ヶ月!

街中が祭りムードに包まれます。祭り中は多くの人手にイベントが開催され、大盛り上がりをみせる京都の祇園祭。

生きてるうちに1度でいいので足を運んでみたいまさに日本三大祭の一つといえます。

祇園祭の日程や開催場所は下記の通りです。

日程 2016年7月1日~31日
開催場所 京都府京都市八坂神社 周辺

 

祇園祭の特徴や見どころは?

この祇園祭の特徴や見どころを簡単にまとめると開催期間で変化するイベントの数々です。

祇園祭では同じ行事が日中あるわけではなく日程により様々な行事が変化していきます。

いつ来ても変化があり、楽しめる祇園祭。

どの日程であっても大盛り上がりで人出はおおいですが、露店も多数ありますのでグルメをほお張りながら京都中が盛り上がる熱い祭りを体感し、楽しんでみてはいかがでしょうか。

祇園祭の詳しい内容は下記に記載していますので参考にして頂けたら幸いです。

【2016】京都祇園祭りの日程やスケジュールに見所まとめ

 

日本三大祭りその3:天神祭(大阪)

photo0000-5272

1000年以上の歴史がある、日本三大祭りの1つ大阪の天神祭り。

会場には約100万人以上が押し寄せ、大阪府全体が祭りムードで盛り上がります。

「わっしょいわっしょい」という掛け声と共にみこしを担ぎ賑わう。

まさに昔ながらの元気いっぱいなお祭りを楽しむことができますよ。

祇園祭の日程や開催場所は下記の通りです。

日程 7月24日~25日
開催場所 大阪府大阪市北区天神橋周辺

 

天神祭の特徴や見どころは?

大阪の天神祭りの特徴や見どころは

  • ギャルみこし
  • 花火

等があります。

ギャルみこしではその名の通り、16~30歳までのギャルがみこしを担ぎ、天神祭りを盛り上げますが男性のみこし担ぎと違った魅力を感じることができるでしょう。

また天神祭りでは祭りのフィナーレを飾る、花火が最終日に打ち上げられます。

天神祭りの終わりを告げるように夜空に打ち上げられる色とりどりの花火は見ごたえバッチリ!

足を運ぶからにはぜひ参加したい、見どころの1つと言えるでしょう。

天神祭りの詳しい内容は下記に記載していますので参考にして頂けたら幸いです。

→【2016】天神祭花火の日程とおすすめの穴場5選

 

まとめ

 

日本三大祭りについてまとめてみましたがいかがでしたか。

どのお祭りも歴史があり、特徴や見どころは様々です。

地域によって違うお祭りの特色を肌で感じながら全ての祭りを生きてるうちにコンプリートしていきましょう^^

どのお祭りも当日はとにかく混雑が凄いので、はぐれないように注意してくださいね。

熱中症対策も忘れずに。

それでは思い出に残るひと夏の祭りを楽しんできてくださいね。

スポンサーリンク





 - 夏の花火大会、お祭り特集