四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

授乳中のインフルエンザの予防接種はあり?気になるあれやこれ

   


TAKEBE160224500I9A0384_TP_V

毎年秋、冬になるとインフルエンザ流行が始まり、インフルエンザの予防接種の時期が近づきます。

苦手意識を持ちながらもインフルエンザの予防接種を受けるのですが、女性により初の出産、そして現在授乳中の方もいるのではないでしょうか。

インフルエンザの予防接種を受けなければとは思うけど授乳中となると

  • 受けてもいいのか?
  • 赤ちゃんへの影響

など何かと気になるところ。

ここではインフルエンザの予防接種で特に気になる授乳中のママと赤ちゃんへの影響について気になることをあれこれまとめてみる事にしました。

スポンサーリンク




インフルエンザ予防接種は授乳中あり?

magnifying-glass-626174_960_720

インフルエンザは、年齢問わず、誰もが感染する可能性がある病気です。

生まれたての赤ちゃんからお年寄りまで、インフルエンザにかかる恐れがある為、インフルエンザの予防接種をと考えますが。

もし赤ちゃんが生まれたばかりで授乳中のママの場合はどうなのでしょうか。

副作用はもちろん、授乳中だからこそ赤ちゃんへの影響が気になるところ。

いろいろと気になる点は多数ありますが、まずは授乳中のママは受けることができるのか?という点にポイントを絞り徹底的に調査した結果、授乳中のママもちゃんとインフルエンザワクチン予防接種はできるというよりも予防接種をした方がいいになります。

いろいろと気になる点はありますが、具体的な理由は下記の通りです。

 

インフルエンザの予防接種をした方がいい理由3つ

drugs-20250_960_720

その1.母親からの二次感染を防ぐ

万が一、授乳中のママがインフルエンザに感染してしまった場合、授乳中の赤ちゃんはもちろん、他にお子さんがいる場合も、移ることが多いにあるため、近づくことさえも禁止です。

 

その2.家族からの感染を防ぐ

生後すぐから6ヶ月未満の赤ちゃんにはワクチン予防接種を打つことができません。

両親はもとより、お兄ちゃん、お姉ちゃんがいる方は、家族全員で予防接種を受け、家の中にインフルエンザ菌を持ち込まないことです。

 

その3.インフルエンザにかかるとかなり厄介

万が一、授乳中にインフルエンザに感染してしまった場合、インフルエンザに効く薬は、授乳中にかかわらず、タミフルになります。

ですがこのタミフルを服用中は、授乳は厳禁!

タミフル以外、授乳中の人が服用できるインフルエンザ用の薬はありません。

他の薬で代用することは可能ですが、インフルエンザは、時間との勝負です。

授乳中の人が服用できる薬では、治るまでに相当な時間が要し、その間に悪化することも視野に入れてなくてはいけません。

等、授乳中のママやそのご家族がインフルエンザにかかると何かと大変な事態が予想されます。

スポンサーリンク




赤ちゃんへの影響は大丈夫?

150809330849_TP_V

授乳中のママがインフルエンザワクチン予防接種OKであっても、もう1つ気になるのが赤ちゃんへの影響ではないでしょうか。

授乳中は母乳を通して赤ちゃんへ栄養がいきわたる時期。

つい

「赤ちゃんへの影響は大丈夫?」

と心配になりますがインフルエンザの予防接種の場合は体内にワクチンが入っても、赤ちゃんにインフルエンザの影響を及ぼすことはないと考えられています。

インフルエンザの予防接種に使われるワクチンは、「不活性化ワクチン」で、すでに死んでいるウイルスを使うため、「生ワクチン」とは違い、体内に細菌やウイルスが入らないので安心して予防接種が可能です。

また授乳期は、出産の影響から免疫力が通常より低下しているため、風邪はもとよりインフルエンザにも感染しやすくなってますのでうがいや手洗いは十分に心がけるようにしましょう。

授乳中のママでこれからインフルエンザの予防接種を受ける場合は母体の1ヶ月検診で体調に問題ないことを確認の上で予防接種するようにしてくださいね。

 

まとめ

 

授乳中のインフルエンザの予防接種についてまとめてみましたがいかがでしたか。

初の出産に授乳となるとインフルエンザの予防接種を受けれるのか、また赤ちゃんへの影響が不安になりますが、結論としてはママの為、赤ちゃんの為に受けるべきになります。

家族は家族で守る!

この精神をしっかり持ち、ママだけでなくご家族の方も含め、赤ちゃんや家族の為にインフルエンザの予防接種に対策を行っていきましょう。

スポンサーリンク





 - 心身予防ネタ