四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

お歳暮のお返しの時期はいつまで?贈るときに知っておきたいマナーも紹介

   


presents-1058800_960_720

思いかけない方からお歳暮を頂いたらどうしようと困ったことありませんか?

お歳暮のお返しはしなくてもよいといわれますが、頂いたままというのも失礼ではと気にかかります。

御歳暮を贈る立場であったり、贈られる立場であったり、いずれの立場にもなることですから、どちらも心得ておかないといけませんよね。

とは言ってもお歳暮を貰った以上は、贈っていただいた方に、頂いたことのお礼の気持ち伝えたいもの

ただお返しするのではなく、しっかりとマナーを守ってお返しする為にも!

ここではお歳暮のお返しの時期やお返しのマナーについてご紹介します。

スポンサーリンク




そもそもお歳暮のお返しは必要?

waki

御歳暮が届けられると、お返しどうしようと迷うこともありますね。

御歳暮は、感謝のしるしで届けるものですから実はお返しの必要はありません。

でも、貰いっぱなしのままでは・・・とつい失礼ではと考えてしまいますよね。

やぱり、頂戴したら、お礼の気持ちは伝えることが互いの気持ちが通じ合い、気持ちがいいしですし。

お歳暮をお返しする時は礼状を一筆書いて郵送が一番ですが、返さない場合は失礼して電話でお礼を伝えることのもいいでしょう。

ただ相手にもよりますが御歳暮のお返しが時として賄賂と疑われることもありますので、先方に迷惑がかからないように配慮して贈っていきましょう。

 

お歳暮お返しの時期はいつまで?

calendar-660670_960_720

御歳暮いただく時期は12月中旬から下旬ですから、その間にできればお返しするようにしましょう。

またお歳暮のお返しのタイミングは先方の方との関係や頃合いを見計らってお返しするようにしていきましょう。

先方との関係によっては、即のお返しは角がたつこともあり、逆にその方がよい場合もありますが、4・5日過ぎたころに届けられた方が無難です。

年内に送れない場合は、日本は季節を大切にしますから、1月7日以降に「寒中見舞」として贈るのがよいでしょう。

お歳暮のお返しをお正月に届ける!は失礼になりますのでこれだけは避けるようにしてくださいね。

スポンサーリンク




お返しのマナーについて

books-1215672_960_720

お歳暮のお返しはただ先方に贈ればいいという訳でなく贈る際にはそれなりのマナーが存在します。

学校で習うことがないからこそ、何かとマナーがわかりませんが、ここではお歳暮のお返しマナーについて簡単にですがご紹介します。

まず御歳暮のお返しする価格についてですが、半額から同額程度にしましょう。(できれば、8割くらい)

お返しのマナーは頂いた品以上の品は贈らないことです!

贈らなくて結構ですと伝えることになり、先方に失礼になりますから心得ておきましょう。

またお返しの品として控えるべき品もあります。

・靴下やスリッパなどのように踏みつける意味合いをもつ品

・包丁・はさみなどのように切れ物は縁を切る意味合いをもつ品

・筆記用具などはもっと働けと仕事を強いる意味合いをもつ品

・糖尿病や肥満などの病気の方には病気に良くない品

・保存のきかない品

・嗜好や好みに関するインテリや衣類・アクセサリーなどの品

 

等、これらの品は相手に不快な思いをさせたり失礼に値するので極力避けるようにしてください。

また年内のお歳暮のお返しなら、お正月に使える品が喜ばれます。

贈る品を考えるとき、自分がもらってうれしい品を贈るのが良いと思います。折角の贈るのですから、先方にありがとうと思ってもらえる品を贈りましょう。

 

まとめ

お歳暮のお返しの時期やマナーについてまとめてみましたがいかがでしたか。

御歳暮のお返しが、多忙で普段とは異なる生活の大晦日や正月3ケ日に届くことのないようにしましょう。

また、今後の御歳暮の心遣いを遠慮する場合は、「御歳暮は結構です」なんて受け取った先方が憤慨させるような失礼にならないように、その旨を1筆書き添えて礼状を出しましょう。

ちょっと手間ですがその手間1つで相手との意思疎通は大きく変わるものです。

頂いたことの「お礼を伝える」ことは忘れないようにしてくださいね。

スポンサーリンク





 - 冬のイベントやスポットなど