四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

【2016】大曲花火大会の日程はいつ?おすすめの穴場4選

   


ohmagari

日本三大花火大会の1つである大曲花火大会。

2016年、今年で90回目を迎える歴史ある花火大会はもう間もなく開催されます。

約2万発の花火が上がり、毎年約70万人もの人がやってくる超大型イベント!

2016年はどんな花火に思い出が残るのか?気になるところ。

そこでここでは2016年の大曲花火大会の日程や駐車場におすすめの穴場までまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




大曲花火大会ってそもそもどんな花火?

photo0000-0054

日本三大花火大会の1つである大曲花火大会。

一般的には「大曲の花火」として知られていますが、正式名称は「全国花火競技会」で、全国にも花火競技大会がありますが、その中でも一番歴史があり権威のある大会になります。

ちなみに歴史を辿ると1910年(明治43年)から始まり、今年でなんと90回目!

また、日本で唯一の昼花火の競技大会としても知られている花火大会になります。

約2万発の花火に毎年約70万人の人出。

職人達が丹精込めて作った独創的な花火は、臨場感たっぷりで見ごたえ抜群です。

 

大曲花火大会の日程はいつ?2016

alarm-clock-1193291_960_720

今年ももう間もなくやって来る大曲花火大会、2016年の日程は8月27日(土)に開催されます。

8月の第4土曜日に開催されますので、覚えておけば毎年混乱せずに済みそうですね!

雨天順延をしないのがこの大会の特徴ともされていますので、日程は変更されれないのはよいものの天候が怪しい場合は雨天時の事を考えてカッパや傘などを事前に準備するようにしましょう。

昼花火は17:30~ 夜花火は18:50~ 開始されます。

余裕のある人は昼花火から見てみてくださいね。

夜と違い、昼に上がる花火はまた違った見え方で楽しめることでしょう。

また大曲花火大会では有料観覧席を設けてあるので、間近で鑑賞してみたい人にはおすすめです。

また今年から自由席とイス席の設置がされるようなので気になる方は早めに行って場所取りを考えてみてくださいね。

大曲花火大会の詳しい問い合わせ先はコチラです。

日程  2016年8月27日(土)
開催場所  雄物川河畔 大曲橋下流
打ち上げ時間  昼17:30~ 夜18:50~
打ち上げ数 2万発
問い合わせ先  0187-62-1262

 

アクセスや渋滞情報について

PAK86_koutuujyuutai20130815_TP_V

大曲花火大会に遠方から足を運ぶとなると気になるのがアクセスや渋滞について。

人口約4万人の町に約70万人がやってきますので、どんな状況になるかは用意に想像がすぐに出来てしまいますね。

当日は多くの人出で混雑渋滞が予想されますので、足を運ぶ際は早めに足を運ぶことをおすすめします。

交通アクセスについては各主要な空港から秋田空港までの時間を記載していますのでご参考頂けたら幸いです。

東京国際空港→60分 名古屋空港→70分 伊丹空港→80分
札幌空港→55分
秋田空港→自家用車 高速道路を使用して約30分(通常時)

新幹線 東京→約3時間 仙台→約100分 大曲駅→会場 徒歩30分

 

新幹線で行くとなると、東京からが限界のようです。

名古屋から行こうとすると5時間以上かかることを考えると状況に応じて飛行機を利用した方が時間もお金も節約出来そうな気がします。

また定期列車は増結されて運行され奥羽本線、北上線、東北本線は臨時列車が運行されます。

ただ、単線の行き違い関係で広範囲にダイヤを設定できず、開始時間に間に合うように乗る電車の時間は集中してしまう傾向があるので注意してしてください。

自家用車で来ることを検討している方は、渋滞に巻き込まれる覚悟と会場周辺で駐車場を確保できない可能性がかなりあります。

会場から離れていけば駐車場は空いている所がありますが、徒歩で向かうような距離とはいえないので出来るだけ公共交通機関を利用するようにしましょう。

また歩行者の安全確保のために交通規制が12:00から始まりますのでご注意ください。

お昼からの花火が特徴の大曲花火大会です。

できれば午前中に足を運ぶようにしてくださいね。

スポンサーリンク




おすすめの穴場スポット4選

IMG_3622

会場近くで見ようとしたら人だらけで落ち着いてみることが出来ませんし、人酔いする人にはただただ辛いしかないですよね。

そこで、落ち着いてみることが出来る穴場スポットをご紹介していきます。

穴場その1.雄物川河川敷キャンプ場

場所:秋田県秋田市仁井田字新中島

 

車も駐車でき、キャンプも出来るおすすめの穴場スポットです。

予約が出来ますのでキャンプしながら楽しみたい方は是非チェックしておいてくださいね。

会場から少し離れていますが、花火はバッチリ観ることができます。

友達や家族で一緒に過ごしたいと考えてる方にはベストスポットではないかと思います。

 

穴場その2.会場後方

場所:雄物川河畔

 

地元の人が知っているまさに通な穴場スポットです。

裏からの花火ですので一味違った花火を楽しみたい人におすすめです。

周りは田畑ですので、間違って入らないように注意してくださいね。

 

穴場その3.大曲中学校周辺

場所:秋田県大仙市若竹町7-17

 

臨場感を味わうことが出来る穴場スポットです!

あまり人はいませんので花火をゆっく観たい方におすすめです。

ただこのスポットは仕掛け花火がちょっと見にくいとのことですので、それを含めて見たい方には不向きなのが少し難点ではありますが・・・

打上げ花火が見れれば良い!という人にはもってこいのスポットになります。

 

穴場その4.姫神公園

場所:秋田県大仙市花館松山1-1

 

少し高台になっている所にある公園です。

駐車場もトイレもありますので利便性も整えられているので特にカップルにはおすすめの穴場スポットです。

 

まとめ

 

2016年の大曲花火大会の日程や駐車場、穴場スポットをまとめてみましたがいかがでしたか。

約70万人もの人がやってくる大曲花火大会。

混雑や渋滞が発生する可能性が高いのでそれなりの覚悟を持って足を運ぶことをおすすめします。

行く人としっかりと計画を立てて、離れてしまった時の対策を今のうちに考えておくのも吉です。

大曲花火大会の素敵な花火を当日楽しむために今のうちに状況を確認しながらプランを考えてみてくださいね。

※こちらの記事も一緒に楽しんで貰えたら幸いです。

大曲花火大会におすすめのホテルや宿泊施設5つ

スポンサーリンク





 - 夏の花火大会、お祭り特集