四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

お中元とお歳暮の違いをまとめてみた!意味や時期から分かる大事なこと

      2016/06/10


PAK85_prezentribon1278_TP_V

夏の時期になると「お歳暮を贈る」のはよく聞かれますが、似ている言葉でお中元という言葉があります。

お中元にお歳暮。

これらの違いは一体何なのでしょうか?

この違いがいまいち分からないと言う方は意外と多いのではないかと思います。

特に、自分で贈る機会がない方ほど間違えてしまいやすいお中元とお歳暮。

もし、自分で贈る事になった時、この2つが混ざってしまいミスをしたと言う事は避けたい所です。

そんなことがもしかしたら起きないという可能性は0ではないので。

ここではお中元とお歳暮の違いをわかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク




お中元とお歳暮の違いまとめ

gifts-932349_960_720

お中元とお歳暮、一体どのように違うのか?

気になったので早速その違いを調査したところお中元とお歳暮では

・贈る事に対する意味合い
・贈る時期
・贈られる品物
・のし

 

等が大きく違ってくることがわかりました。

一体どう違うのか?早速それぞれの違いをチェックしていきましょう。

正しい贈り方を覚えて失礼のない対応を心がけてくださいね。

 

違いその1:贈る事に対する意味合い

books-1215672_960_720

まず、1番最初に知っておきたいのがお中元とお歳暮の意味合いについてです。

これらの意味合いがわかっていないと「そもそもなぜ存在するのか」自体が疑問に感じてしまいますからね。

そんな疑問を解消する為にもまずはそれぞれの意味合いの違いを覚えておきましょう。

まず夏場に贈ることで知られるお中元についてですが、お中元の意味合いは暑い気候で不調にならないようにと先方の体を気遣うをもっています。

もちろんこの意味合いの中には相手の状況を考える意味合いも含まれていますが、基本的には暑くなってきたが体を崩さずにといった意味合いが強いといえるでしょう。

さらにふかぼりするとお中元には半年の間の先方に対する感謝の思いと言う意味合いも込められています。

日ごろからお世話になっている方や中々会えない方におくるお中元。

このように深い意味があるとわかると贈る重要性も再確認できますね。

夏場の気遣い、そして半年間の感謝の意、今年のお中元は誰に贈るか考えてみたいものです。

一方、お中元と似た言葉お歳暮の意味合いをみると来年も懇意にして頂きたいと言う意味があります。

お中元とお歳暮ではこのように意味合いが異なっているので、贈る時に改めて意識をしておくると新鮮かも知れません。

普段は贈るべきだと思いながらも贈ってる二つの贈り物ですが、こういった違いを理解したうえで上手に使い分けていきたいところです。

スポンサーリンク




違いその2:贈る時期

clock-tower-190677_960_720

お中元とお歳暮は同じように見える贈り物ですが、この2つの贈る時期は大きく違ってきます。

まずは簡単にお中元とお歳暮の贈る時期を分けると

・お中元は7月初旬~約8月15日まで
・お歳暮は12月10日~約20日まで

 

が一般的です。

ですがお中元もお歳暮もこの期間中ならいつでも良いという訳ではありません。

関西と関東により贈る時期が違うのでその点を理解した上で贈るようにしましょう。

まず、関西のお中元の贈る時期

  • 8月初旬~8月15日

関東でお中元を贈る時期

  • 7月初旬~7月15日

が一般的です。

また、関西のお歳暮を贈る時期

  • 12月10日~20位

と言われており、関東のお歳暮を贈る時期

  • 12月初旬~12月20日位

だと言われています。

お中元とお歳暮を贈る時期は関東と関西では異なることを押さえた上で、時期にあった贈り方を心がけるようにしていきましょう。

大体の時期として

  • お中元は夏に贈る
  • お歳暮は一年の終わりに贈る

と覚えておけば、この二つを混同する事もないと思いますので覚えておいてくださいね。

 

違いその3: 贈られる品物

made-548295_960_720

お中元とお歳暮では贈られる品物の傾向に差があります。

この違いは贈り物を贈るときにとても大事なポイントです。

しっかりと贈るもの違いを覚えて適切な対応を心がけていきましょう。

まず、お中元では

・冷たいお菓子
・ビール
・フルーツ
・肉類
・ジュース

 

等がよく贈られています。

夏の時期に贈るモノになるので、その季節でも楽しむ事が出来る様な品物を贈ることが一般的になっています。

逆に、お歳暮では

・ビール
・日本酒
・ハム

 

等がよく贈られています。

ここで説明したよく贈られる品物はあくまで例ですが、実際にお中元やお歳暮を贈る時には先方の好き嫌いや事情に気を配る事をおすすめします。

お中元にしてもお歳暮にしてもどちらにしても贈りモノは相手が貰って嬉しいものを贈りたいところです。

ここでの大きな違いは

  • 季節にあうか?あわないか?

で判断するようにしてくださいね。

 

違いその4:のし

贈り物には何かと「のし」をつけることが多いですがお中元とお歳暮での「のし」の書き方はどのように違うのでしょうか?

間違った贈り方をしない為にもお中元とお歳暮の「のし」の書き方を覚えておきましょう。

まず、お中元ののしは

  • 御中元・お中元等

と書きます。

また、お歳暮ののしは

  • 御歳暮・お歳暮等

とされています。

このように「のし」の書き方については、意味合いと時期さえ間違っていなければまず間違うことはないと言えます。

もし、熨斗に関して分からない事があれば、事前に確認するようにしてくださいね。

のしを書き方は相手の状況により変わる場合もありますので間違って贈らないように注意したいものです。

 

まとめ

 

お中元とお歳暮は同じ贈り物ですが、色々な点で違いがあることが分かりましたね。

このような似たような言葉の意味の違いについては、もし、ご家庭に子供がいるのであれば、一度違いに関して説明してあげると良いかも知れません。

いずれは子供も大きくなり贈る機会があるのですから、早めに教えておいて損はないでしょう。

そしてもし、お中元やお歳暮を贈る時によく分からない点があれば、改めて調べて贈る事をおすすめします。

こういった贈り物は些細なところに落とし穴が潜んでいますのでマナーを破ってしまわないように注意しましょう。

スポンサーリンク





 - 夏のイベントやスポットなど