四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

お中元の時期はいつから?正しいマナーや喪中時の対応も紹介

   


clock-908858_960_720

お中元はいつからいつまでとかじゃなくてとりあえず、夏に贈ればいいんじゃないの?

 

と思いがちですが、実はお中元には贈る時期が存在します。

貰って嬉しいお中元も贈る時期をを知らないで贈ってしまうと、貰った相手は嬉しいと尾見ますが見えないところではマナーを疑われざるをえません。

そうなるとせっかくのお中元も効果が半減、こうなってしまうともったいないですよね。

そこでここではお中元を贈る時期はいつからいつまでが正しいのか?ご紹介します。

また先方が喪中だった場合はお中元はどうすればいいのか等について説明しますので要チェックです。

スポンサーリンク




お中元を贈る時期はいつからいつまで?

clock-tower-190677_960_720

まずお中元を贈る時期は、夏頃!ということは誰もが知ってるところではないでしょうか?

ですが時期についてはいつからいつまでと言われるとだいたいこのくらいって割り切ってる方が多いことかと思います。

具体的にいつからいつまでに、贈ればいいのか?

この答えについてですが、実はお中元を贈る時期は地域によって異なります。

ですので、もしお中元を贈る際は地域の時期にあわせて贈るようにしていきましょう。

各地域の贈る大まかな時期を紹介するので、参考程度にご覧頂けたらと思います。

関西の贈る時期 大体7月15日から8月15日
関東の贈る時期 大体7月1から7月15日
九州の贈る時期 大体8月1から8月15日
北海道の贈る時期 大体7月15日から8月15日

 

 

このように大きく分けるなと関東と関西で贈る時期は大きく異なってきます。

例えば関西から関東にお中元を贈る場合は、関東のお中元の時期に合わせるようにする必要があることを覚えておきましょう。

お中元をいつからいつまでに贈るかは今後のあなたのマナーに繋がりますので気を付ける事をおすすめします。

もちろん時期によっては多少前後することは許容範囲だと思いますが、あまりにも時期外れな贈り方は相手に迷惑をかける恐れがあるので避けるようにしましょう。

 

喪中だった場合の対処法

夏はお中元を贈らなければ・・・と思っても先方が喪中だった場合は、お中元を贈っていいのか悩む方もいると思います。

この場合、相手の立場を考えると贈らないほうが良いと考えがちですが・・・

お中元の場合は、先方が喪中であっても贈っても良い事になっています。

ただ、お中元を贈って良いといっても先方が四十九日の終わっていない期間は、贈る事を控えるようにした方がいいです。

こちらに関しては、相手の立場なので贈る前に確認をしておいた方が無難といえるでしょう。

先方が四十九日を迎えたら、その時期に見合った「のし」をつけて贈るようにしてくださいね。

もし、自分が喪中だった場合でも、お中元に関する対応は同じ事になります。

スポンサーリンク




お中元を贈る時期が遅れた場合

girl-504315_960_720

普段の生活が忙しくて仕事に追われ、贈る時期が遅れてしまったと言う事態は見えないだけで結構多いことでしょう。

そのような場合に気を付けなくてはいけない事が「のし」です。

お中元を遅れずに贈った場合の「のし」は、お中元や御中元となりますが。

もしお中元が遅れた場合は、「のし」の内容が変わる事を覚えておきましょう。

そのまま遅れてお中元で出すと相手にマナーがないと判断されてしまいますので、その自体を避けれるように贈れた場合の対応を覚えておいてくださいね。

 

お中元が遅れた場合「関西編」

関西でお中元の時期がが遅れた場合は

  • 8月31日までの間の期間であれば「残暑御見舞」

となります。

 

お中元が遅れた場合「関西編」

また関東でお中元の時期がが遅れた場合は

  • 立秋までの間の期間であれば「暑中御見舞い」

となります。

※立秋以降から8月31日までの期間であれば、残暑御見舞等

 

お中元が遅れた場合「九州編、北海道」

九州や北海道で遅れてしまった場合は、関西と同じで

  • 8月31日までは残暑御見舞い

等と言われています。

地域によってお中元の時期遅れで「のし」の書き方は大きくことなるもの。

お中元が遅れた時点で臨機応変に対応できるように注意していきましょう。

大人のマナー違反はあなたの大人力、人間性を問われます。

 

お中元を贈る品物は何がいい?

gifts-932349_960_720

お中元として贈られる場合がある品物は、

・ジュース
・お菓子
・ビール
・コーヒー

 

等の飲み物が特に一般的です。

やはり暑い夏に贈るもの、冷たいものが良いとされているようです。

ただお中元の贈る場合は、できれば相手の都合を考えて品物を選ぶ事をおすすめします。

  • 先方が家族がいる場合は何人で暮らしているのか?
  • 先方の好きな品物は何か?

等を確認し、先方の合うものを選べばあなたのイメージはグンッとアップするでしょう。

間違ってもお中元で先方の嫌いな食べ物を贈らない様に注意する事も大事です。

全ては見えない気遣い、気遣い1つで受け止め方は大きく変わるものです。

 

まとめ

 

お中元を贈る際には、いつからいつまでと時期があることを覚えておきましょう。

多くの人が夏にお中元のイメージが先行しマナーを忘れがちです。

1人の大人としてまた常識ある対応ができる大人になる為にも見えないマナーを大事にしていきましょう。

スポンサーリンク





 - 夏のイベントやスポットなど