四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

【2016】なにわ淀川花火大会の日程はいつ?おすすめの穴場4選

   


naniwa1

平成元年から始まり今年で28回目となる、なにわ淀川花火大会。

企業や団体だけでなく、地域住民の協力もあり地元で愛されてる、なにわ淀川花火大会は毎年40万人もの人出がある超大イベントとなっています。

淀川をバッグに打ちあがる美しい花火。

2016年ももう間なくその日が近づいていきます。

そこでここでは2016年のなにわ淀川花火大会の日程や穴場スポットをご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク




なにわ淀川花火大会ってどんな花火?

naniwa

1989年(平成元年)に街の活性化のために平成淀川花火大会運営委員会が組織され、そこから17年間「平成淀川花火大会」として街を盛り上げてきました。

第18回(2006年)からは名称を「なにわ淀川花火大会」と変更され、現在は運営委員会はボランティアで構成されていて、地域住民が何らかの形でかかわって作り上げている花火大会で、地域住民が盛り上げていると言っても過言ではありません。

そんな地元民に愛される、なにわ淀川花火大会ですが実は他の花火大会と違い、「何発打上げます!」と公表を行っていません。

打ち上げ数が分からないと毎年の花火が毎回気になるところですがおそらく、理由としては打上げ数で来てもらいたくないという考えもあるでしょうし、どのくらいの寄付があるか分からないからだと思われます。

ただ打ち上げ数は毎年わからないものの例年の打上げ数をみるとなんと約2万発と関西最大級のこの打ち上げ数を誇っています。

今年は一体何発の花火が空に舞い、またどんな花火が打ち上げあるのか?気になるばかりですね。

 

なにわ淀川花火大会の日程はいつ?2016

alarm-clock-1193291_960_720

なにわ淀川花火大会の2016年の日程は8月6日(土)開催予定です。

順延はなく、雨天決行となっていますので状況の応じて装備を整えてるように心がけてくださいね。

また2016年の日程が土曜日ということでかなりの人出が想定されますので、混雑、渋滞は覚悟していきましょう。

詳しい問い合わせ先は下記の通りです。

日程  2016年8月6日(土)
開催場所  新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川 河川敷
打ち上げ時間  PM7:40~
打ち上げ数 未公開(約20,000発)
問い合わせ先  06-6307-7765

 

アクセスや駐車場について

parking-705873_960_720

なにわ淀川花火大会に遠方から足を運ぶとなると気になるのがアクセスや駐車場について。

毎年約40万人の人出ですからね。

2016年も確実に混雑渋滞が発生すると予想できるので今のうちに回避できるようにアクセスや駐車場情報をチェックしておきましょう。

徒歩の場合

なにわ淀川花火大会のアクセスについてですが、徒歩の場合は各公共機関を使って足を運ぶようにしましょう。

【十三会場側 最寄駅】

JR東西線 御幣島駅
阪神電鉄 姫島駅
阪急電鉄 南方駅・十三駅
JR 塚本駅
地下鉄 西中島南方駅

 

【梅田会場側 最寄駅】

阪急電鉄 梅田駅
地下鉄千日前線 野田阪神駅
阪神電鉄 野田駅
JR 大阪駅
地下鉄 梅田駅
JR東西線 海老江駅

 

公共交通機関、特に電車はかなりの本数がありますので、早めに動いておけば込んでいる中乗ることはないですし、会場までスムーズに行けるでしょう。

午後6時過ぎから行こうとしたら、会場まで移動することが困難になると思われます。ご注意ください。

 

おすすめの駐車場はどこ?

おすすめの駐車場についてですが、当日はなにわ淀川花火大会会場周辺に交通規制がかかるので会場周辺は駐車することができません。

またうまく有料駐車場を見つけ駐車できたとしても帰りは確実に混雑、渋滞で身動きがとれなくなる可能性があります。

その為、会場周辺に駐車すると考えるよりも、ひと駅前の駐車場等を利用することをおすすめします。

各公共機関または徒歩で会場へ足を運ぶことになりますが、帰りのことを考えるとこちらの方が動きやすいのは間違いありません。

車で足を運ばれる場合は、駐車場もですが会場への交通ルートを確認した上で足を運ぶようにしてくださいね。

スポンサーリンク




おすすめの穴場スポット4選

TSU863_imagachance_TP_V

花火を見る時、人が全然いないところで見たいという人もいれば、臨場感を楽しみたいという人もいて様々だと思います。

見方は人それぞれですがここでは人が少ない穴場と臨場感を楽しめるスポットをご紹介していきたいと思います。

なにわ淀川花火大会を楽しむ際は、穴場スポットも含めてスケジュールを考えてみてくださいね。

 

穴場その1.日本ペイントビル前

場所:大阪府大阪市北区大淀北2丁目1-2

会場から近いため花火を見上げる形で楽しむことが出来ます。

しかも、人があまりいません!穴場と言えるスポットでしょう!

 

穴場その2.海老江地区野球場

場所:大阪府大阪市福島区海老江3丁目

阪神電鉄淀川駅から徒歩16分くらいの場所にある海老江地区野球場。

河川敷近くで楽しめるので花火をじっくりと見たい方におすすめの穴場スポットです。

 

穴場その3.本庄公園

場所:大阪府大阪市北区本庄西3丁目11

会場から少し離れていますが、ゆったり花火を鑑賞できる穴場スポットです。

他のスポットに比べ人が多少多いですが会場と比べれば気になる程度ではないでしょう。

家族連れ、カップルにおすすめです。

 

穴場その4.有料席

なにわ淀川花火大会ではチケットを購入することで入ることが出来るエリアがあります。

無料ではなく有料ですが、打ち上げ場所からかなりの近さなので、大迫力の花火を楽しめます。

有料席についてですが、場所によって値段が3,000円~8,000円と変わってきますが一番のおすすめは納涼船!

なんとお値段、16,000円と少々お高めですが・・・

淀川の上から打ち上げられる花火をゆっくりと見るのは、最高の思い出になることは間違いないでしょう。

2016年のなにわ淀川花火大会はちょっと奮発して、家族サービスや自分へのご褒美として検討してみるのもいいかもしれませんね。

臨場感たっぷりの花火を是非、お楽しみください。

 

まとめ

 

2016年のなにわ淀川花火大会の日程や駐車場に穴場スポットをまとめてみましたがいかたでしたか。

なにわ淀川花火大会は毎年多くの人出で賑わいますので、事前にしっかりと予定を立てて、スムーズに行動できるようにしてくださいね。

1年に1回、大阪がめっちゃも盛り上がる、なにわ淀川花火大会。

淀川で打ちあがる花火を見ながら素敵な思い出を作ってくださいね。

スポンサーリンク





 - 夏の花火大会、お祭り特集