四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

家庭菜園で覚えておきたい!虫除け対策を全まとめ

      2016/04/27


vegetables-861357_960_720

家庭菜園を行う中でとても厄介なのが虫の存在。

毎日愛情を育てている野菜や果物に突然虫が・・・

そのまま放置していたらせっかく愛情をかけて育てた作物が虫に食べられ、また弱っていくばかりだけでなく場合により周りにも迷惑を掛けてしまいます。

そんなことにならない為にもここでは家庭菜園を虫から作物を守る!虫除け対策をご紹介します。

タイプ別でご紹介しますので食物に合った最適な虫除け対策を行ってくださいね。

スポンサーリンク




虫除け対策の前に!

books-1215672_960_720

家庭菜園を行っているといつの間にか気付けば存在している虫。

虫も1ケ所にとどまっているわけではありませんし。

1ケ所で害が出れば、他の菜園にも移り、周りに大きな影響を及ぼしてしまいます。

一体、どう対策すればいいのか?

家庭菜園の虫除け対策の前に!

まずは害虫が発生する原因を理解しておきましょう。

何事も元となる原因が分かっていないと同じような状況を繰り返してしまいます。

そのようにならない為にも原因にあった対策を行うようにしましょう。

 

害虫が発生する原因とは?

magnifying-glass-626174_960_720

人が趣味や好んで行う、家庭菜園の食物ですが、その食物は人だけでなく虫も大好きな食物です。

いつの間にか湧いて出る虫ですが、この虫達が出るパターンは決まっていて基本的に勢いのよい作物より弱っている作物を好む傾向があります。

簡単にいうと

  • 新芽のような柔らかい芽

ものですね。

まだ新鮮で柔らかい状態の作物は虫達が食べやすい状態の食べ物であるということを覚えておきましょう。

また食物が成長した時の

  • 花弁や実

なども大好物!

こういった虫の湧きやすいパターンを見抜かないと気付かずに育てた食物が虫の餌食になってしまうので。

虫が湧きやすいパターンを覚えておきましょう。

また家庭菜園でよく見かけるのが、

  • 葉枯
  • 斑点変色

などの症状です。

これは主にカビによる野菜の病気。

カビや細菌など微生物は、高温多湿で発生させやすいので梅雨の頃の注意が必要があることを覚えておいてくださいね。

ここまでの家庭菜園で虫が湧きやすいパターンは

・新芽
・花弁
・実

 

になります。

虫が発生しやすい状況、そして作物の病気の原因を理解し、正しい対策行っていきましょう。

スポンサーリンク




家庭菜園対策まとめ

C789_keitaitomba_TP_V

その1.虫が出る前に

 

家庭菜園前に行いたい、虫除け対策は以下の通りです。

これから家庭菜園を始める方は下記のポイントを意識して家庭菜園を始めてくださいね。

  1. 丈夫な苗・株を作る
  2. 作付は日当たりのよい場所を選ぶ。
  3. 枯れた葉は取り除く。
  4. 下草は生やさないように気を付ける
  5. 風がとおるようにする。

です。

水はけが悪いと根も腐りやすくなりますし、病原菌の繁殖のもとになります。

必ず、土づくりの時から清潔で、水はけのよい土作りを心がけましょう。

また一度作った作物については同じ土地に同じ作物を作らないように心がけてください。

植物に大切な養分の過不足が起きれば、十分に成長することができないのでしっかりと養分のある土で育てるようにしてくださいね。

 

その2.虫が出た場合

愛情をもって育てている家庭菜園の作物にもし虫が出た場合。

下記のような対策を行っていきましょう。

アナログですが確実です。

・虫を潰す
・たくさんの小さい虫がくっついている時はその葉を切り取る
・ガムテープでとる
・害虫がついた枝等を作物の傍に置かず燃やす

 

です。

育てる作物に付く、虫の大きさや量によりますが虫が出た場合の対策はできるだけ手で行うようにしましょう。

虫嫌いの方は、虫除けに殺虫剤などを考えてしまいますがそれだと作物自体を痛めてしまいます。

またその作物が食べるものだとしたらなおさら殺虫剤はNG。

虫がやられる殺虫剤の作物を口に入れる、体に悪いのは言うまでもありませんよね。

 

その3.虫を寄せ付けないその後

虫が出た場合、今後、虫を寄せ付けない為に下記のような対策を行ってみてくださいね。

・牛乳を薄めて葉裏にスプレーする
・木酢または食酢をスプレーする
・天然由来成分の農薬を使用する

 

※対策はどれか1つでOK

1度虫が出たということは今後も虫が寄り付く恐れがあるのでしっかりと虫除けを行いましょう。

 

その4.生き物の力を借りる

ladybird-449333_960_720

虫除け対策は人の手により行うイメージがありますが、実は虫を使って虫除けを行うことができます。

虫が嫌だから虫除け対策するのになぜ虫を?

 

って感じがしますが簡単にいうと作物を食べない虫を置けば良いということです。

・テントウムシ
・ヒラタアブ
・カゲロウ

 

は、作物に害をあたえるアブラムシにとっては天敵です。

家庭菜園を行っているとこれらの虫は自然と発生します。

上記の虫が出た場合は、駆除せず、そのまま放置するようにしてください。

家庭菜園の作物に害を与える虫を食べてくれます。

その他の家庭菜園に良い虫は

・カマキリ
・くも
・トンボ
・ミツバチ
・ミミズ

 

がいます。

どれも見てすぐに分かる虫達ばかり。

これらの虫が作物にいる場合は、彼らが家庭菜園の作物を守っていると考えて接していくようにしてくださいね。

 

その5.植物の力を借りる

autumn-1014940_960_720

虫除け方法について植物の力を使うという方法もあります。

・ハーブ
・バジル
・ネギ
・韮
・唐辛子

 

など匂いが強い植物は虫除けの効果が抜群です。

しかもこれらの作物は虫除け効果以外にも食べる時の薬味などの使えて良しと一石二鳥です。

この方法は家庭菜園の虫除けにとても効果的ですので積極的に取り入れてみてくださいね。

 

まとめ

 

家庭菜園の虫除け対策は虫が

  • 出る前
  • 出たとき
  • その後

等、状況によって様々ですので状況に合わせた正しい対策を行っていきましょう。

虫が湧いたときはショックですが、大事なのはそのままにせず、すぐに対策することです。

作物も人間と同じで早期発見、早期治療!

無農薬の元気のいい野菜や果物を作ってみてくださいね。

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 家庭菜園に大事なこと