四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

もち麦のもつ効果が凄い!美味しい炊き方やレシピも紹介

   


oats-8945_960_720

最近、テレビや雑誌で効果が凄い!とじわじわ話題になっているもち麦。

もち米は聞いたことあるけど、もち麦って何?って気になる方も多いと思います。

一体もち麦とは何なのか?

ここではもち麦について効果や美味しい炊き方などとにかくもち麦にこだわりまとめてみることにしました。

スポンサーリンク




もち麦って一体何?

oats-8946_960_720

普段の食卓に取り入れることがないこともあり、なんとも珍しい名前のもち麦。

見た目はまさに麦そのものですが・・・

給食等の混ぜご飯に混ぜて出されてあることから小さい時に意外と食べたことがある!って方も多いことかと思います。

当時と比べると現在は、麦ご飯は見る機会は少なくなりましたが実は

  • ビール
  • 麦茶

等に使用されることもあり、気付かないうちに摂取している成分でもあります。

 

もち麦がもつ効果効能について

昔懐かしいそんなイメージが強いもち麦ですが、なぜ最近、大きく注目を集めているのでしょうか?

早速、もち麦が持つ効果効能が気になったのでもち麦の成分を調査したところ食物繊維がたっぷり含まれていることがわかりました。

しかもその量はゴボウの2倍!

さらにもち麦は食物繊維だけでなく

・たんぱく質
・ビタミンE
・ビタミンB
・亜鉛
・鉄
・マグネシウム

 

等の栄養も高く体にもいいことが判明!

食物繊維を多くて健康にいい食べ物を摂取するとなると何かと量が多くなり、食べるのに苦労する中・・・

もち麦はご飯と混ぜるだけで主食として食べれるということになります。

しかも食物繊維に多いということはダイエットにも効果的も高い。

ダイエット以外にもち麦が体に与える効果をまとめるなら

・糖尿病予防
・コレステロールの低下
・便秘の改善
・美肌効果

 

等、様々な効果を与える素晴らしい食材であることがわかりました。

食べて痩せれて健康になれるもち麦!

しかもお米のように主食して手軽に摂取できる。

これは麦ご飯の復活の兆しではないでしょうか。

スポンサーリンク




美味しい炊き方とは?

SAWAasdfa_TP_V

ダイエットや健康を気にしてる方に人気のもち麦。

食べ方はご飯と一緒で主食として食べるのはわかっても肝心の炊き方が分からないと食べれませんよね?

そこで早速、もち麦の美味しい炊き方をまとめてみました。

もち麦を購入した際は下記の流れで美味しく炊いてみてくださいね。

  1. お米を一合洗う
  2. もち麦を50g混ぜる(もち麦は洗わない)
  3. 軽くかき混ぜて炊く

炊き方は以上となります。

超簡単ですね(笑

お米と一緒に混ぜて炊くだけなのでちょっと前に流行った雑穀米感覚で食べることができます。

出来上がりは昔懐かしい、もちもちプチプチ食感で癖もなく美味しい仕上がり。

たったひと手までダイエットにも健康にも良いとなるとこれは続けていきたくなる食生活になるのではないでしょうか。

特にお子さんにはたくさん食べさせたいところ。

ちなみにもち麦をご飯に入れて食べる場合の炊き方の目安をご紹介しますと

1合:50g

2合:100g

3合:150g

 

になります。

白米と見た目は違い、ちょっと素朴な感じがしますが、体にいいことは間違いありません。

ダイエットに良い食材でもあるので積極的に取り入れていきたいところです。

 

もち麦のレシピについて

もち麦は美味しいけど毎日、麦ご飯が続くとなるとやっぱり味が薄さもあり飽きてしまいますよね。

どうにか味付けを工夫して食べたいところですが、どのようなレシピがあるのでしょうか?

早速、美味しくアレンジするプロ主婦の知恵をお借りしてレシピをまとめてみたところ

・もち麦炒飯
・とろろご飯
・もち麦サラダ
・もち麦ケーキ
・もち麦入りスープ

 

等がありました。

さすが、食のアレンジのプロ主婦!

アレンジの仕方が凄すぎます。

主食からサラダにお菓子までお米と違って様々な食材に使えるもち麦。

今日からもち麦、取り入れていきたいところです。

 

まとめ

 

見た目の問題から敬遠されてきたもち麦。

昔から栄養があるとは聞いた覚えがありましたが、ここまで栄養価が高い素晴らしいものだったとは驚きです。

まさに人(麦)は見た目によらず。

外見で判断してはいけないことを再確認することができました。

もち麦さん、気付きをありがとうございます!

スポンサーリンク





 - 最新ニュースや気になる話題の部屋