四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

サンダルの水ぶくれ原因は靴擦れ!防止する対策や治療法も紹介

   


 

sandals-423471_960_720

春夏に活躍するサンダル!

新しいサンダルを履くとテンションもあがりますが、履きなれてないとかかとや肌に直接あたっている部分がすれて傷になることがあります。

ちょっとした擦り傷程度ならいいのですが、あまりにもひどい場合と水ぶくれになってしまうこともありますし、また水ぶくれをつぶしていいものかと迷ってしまいますよね。

ここではそんな新しいサンダルを履いたときによくある水ぶくれについて水ぶくれになる原因や対策をご紹介します。

スポンサーリンク




サンダルの水ぶくれの原因とは?

flip-flops-574394_960_720

新しいサンダルを購入してから使ってまだ間もない時に多い、靴擦れや「水ぶくれ」。

なぜ新しいサンダルを買うと特にこの水ぶくれが起きるのか?

その原因を率直に申し上げますと足に合わないサンダルを買ってしまったためになります。

履きなれてないサンダルはまだ革も固く、足にもしっかりと馴染んでいません。

足に馴染んでない、また合ってないサンダルをそのままの状態で履いているとうちかかとなどが少しずつすれて痛くなってきます。

その状態が続けば皮がめくれ、ヒリヒリと痛くなり、歩くことも苦痛になりかねません。

基本的に人の足の皮膚よりも柔らかい素材を選べばこのような水ぶくれが起きることはありませんが、おしゃれを強く意識しまうとつい無理が生じ、このような結果が待っています。

また、サンダルの場合、皮製品が多くデザインでも靴擦れし水ぶくれやすいものが多いので要注意です。

足元はおしゃれからですが無理なおしゃれな水ぶくれの原因にもなりますのでその点を考えながらサンダルの素材やサイズ選びを行いましょう。

スポンサーリンク




サンダルの水ぶくれ対策

sandals-932756_960_720

サンダルの素材関係なく、水ぶくれを防ぐ場合は、指1本くらいの隙間があるサンダルを選ぶようにしましょう。

隙間があるとフィット感が・・・と思いますがこうすることで水ぶくれの原因となる足のサイズが合わないを解消することができます。

また革製品以外にもサンダルを購入する場合は、「サンダルの部分がこすれやすいか」を見極めながらサンダル選びを行うように意識する。

ちょっとしたポイントをおさえれば水ぶくれの原因を防ぐことができるので

  • サイズは大きめ
  • どの部分を気をつけるべきか?

の2点を覚えておきましょう。

またその他の対策としては

  • ストッキング
  • 靴下

等の対策方法もあります。

こういった対策はストッキングや靴下のデザインにより雰囲気が変わってきますのでサンダルとのデザインを考えて選ぶようにしましょう。

また、買ったばかりでまだ型が固いサンダルは靴擦れしないように足のあたるところに固形石鹸を重ね塗りしておくという対策もあります。

ちょっと手間ですがこうすることで接触面がこすれず、足には優しくなくすんなりと足に馴染んでくれるのでおすすめです。

 

靴擦れや水ぶくれの治療について

靴擦れがもし水ぶくれになってしまった場合のどのような対処法があるのでしょうか?

ここでは痛くてヒリヒリする靴擦れや水ぶくれになってしまった場合の対処法をご紹介します。

まず水ぶくれになった場合、つぶさずに、ばい菌が入らないように消毒して清潔に皮膚を保つことが大事です。

靴擦れや水ぶくれをそのままにして、靴下などを履いている場合には、傷口が靴下についてしまい、とても不衛生で脱ぐときにとても痛みがあります。

まずは、応急措置として絆創膏で傷口を守ってあげましょう。

絆創膏でもかかとに靴擦れができた場合、はがれやすいものだと何回も取り換えなければならない場合があります。

歩くたびにはがれているようであれば貼っても無意味なので、普段主に履く靴のサイズに合わせて絆創膏の種類は選ぶようにしましょう。

大きな絆創膏と小さな絆創膏の2枚貼りを試してみたりして、靴やサンダルとの摩擦を防ぐ工夫を行ってくださいね。

 

まとめ

 

サンダルで水ぶくれができた場合、1番大切なことは肌に傷となっている部分にばい菌が入らないようにくれぐれも注意することです。

傷口が悪化するもしないも、ばい菌次第ですから傷口は清潔に保つように心がけてくださいね。

おしゃれは足元からとはいいますが、無理しておしゃれをするのではなく自分にあったおしゃれをしましょう。

スポンサーリンク





 - 夏のイベントやスポットなど