四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

京都祇園祭り(2016)の日程やスケジュールに見所まとめ

      2016/06/23


yak0047-013

京都の祇園祭。

こちらは有名なお祭りなので、初耳の方は少ないかも知れません。

一度は祇園祭に参加したいと思っている方もいるのではないでしょうか。

初めての参加は何を楽しんでいいか、わからず不安ですが足を運ぶからには、祭りを満喫したいところ。

そこでここでは2016年に開催される京都の祇園祭の日程やスケジュールに見所をまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




京都の祇園祭はどんなお祭り?

n1279698315

京都で開催される祇園祭。

日本の3大祭りの1つとして有名でこの京都の祇園祭は他のお祭りと違い、

  • 長期間お祭りを開催している(約1ヶ月)
  • 複数の行事が開催されている

等の特徴が挙げられます。

祭りで1ヶ月って凄い!の一言ですよね。

まさに日本3大祭りに選ばれるだけのことがあります。

京都の祇園祭では長期間のお祭りの中で

・山鉾巡行
・宵宮際
・石見神楽

 

等が複数の行事を開催されます。

行事の名前をみても「?」という感じですが、日程によって京都の祇園祭が行われる会場の雰囲気は大きく変わるのでその違いを楽しんでみてくださいね。

祭りを観にいくだけもありですが、京都観光にあわせて一緒に楽しむことをおすすめします。

とにかく人が多いです(焦

迷子にならないように注意してくださいね。

 

京都の祇園祭の日程はいつ?2016

alarm-clock-1193291_960_720

約1ヶ月間に渡って開催される京都の祇園祭り、2016年の祇園祭りの日程は7月1日から7月31日となっています。

ちなみに日程については2016年以外の年度もこの期間は変わりませんので京都の祇園祭り=7月と覚えておきましょう。

ただ、注意したいのは祇園祭で開催している複数の行事は、この期間なら何時でも見る事が出来る訳ではありません。

日程によって行事ごとが大きく変わっていくので、京都の祇園祭の行事を楽しむ場合は日程を押えて足を運ぶようにしていきましょう。

詳しい問い合わせ先は下記の通りです。

日程  2016年7月1日~31日
開催場所  京都府京都市東山区祇園町北側625
問い合わせ先  075-561-6155

 

京都の祇園祭の簡単なスケジュール

calendar-660670_960_720

祇園祭の開催する複数の行事の2016年のスケジュールを簡単にまとめると

・吉符入り(7月1日~7月5日)
・前祭の宵山(7月10日~7月16日)
・山鉾巡行・前祭(7月17日)
・後祭りの宵山(7月21日~7月23日)

 

となっています。

スケジュールを細かく分ければかなりの行事がありますが、もし、祇園祭で見たい行事がある場合は、見逃さない様に日時や時間、場所を確認しておくと良いでしょう。

また祇園祭期間中は開催される行事によっては、非常に混雑する場合もあります。

期間中には約100万の人が押し寄せるほど大人気のお祭りですからね。

特に盛り上がる行事ほど多くの人が観に来ますので注意しておきましょう。

京都祇園祭と休める日程のスケジュールを調整し当日は祭りをお腹一杯楽しんでくださいね。

スポンサーリンク




京都の祇園祭の見どころは?

IMG_3622

1ヶ月を通して祭りが開催され、様々な行事が進行する京都の祇園祭。

期間が長いことから京都の祇園祭を観にいくなら一体どの場面で参加した方が良いのか?見どころはどこなのか?迷われる方も多いのでしょうか。

そこで京都の祇園祭りの見どころをいくつかご紹介しますと

・先祭の宵山(7月14~16日)
・山鉾巡行・前祭(7月17日)
・後祭の宵山(7月21~23日)

 

をポイントに足を運ぶようにしましょう。

上記の見どころ期間中は祇園祭が特に盛り上がる日程で多くの人が足を運びます。

人が多すぎるのがネックですが、行ったからには楽しめること間違いないでしょう。

また行事をメインとせず京都の祇園祭りを楽しむ場合は

  • 浴衣を着用
  • 出店(京都のグルメ)

して京都の雰囲気を味わっていきましょう!

遠方から京都へ足を運んだ先は、京都のお祭りモードです。

その中で京都を味わう為にも京都人になりきったつもりで、見どころやグルメを楽しみながら素敵な1日にしてくださいね。

 

アクセスや駐車場について

parking-825371_960_720

京都の祇園祭に遠方から足を運ぶとなると当日気になるのがアクセスや駐車場情報。

期間中は100万人近い人出に交通規制が敷かれますからね。

混雑、渋滞で時間を奪われないように今のうちにアクセスや駐車場をチェックしておきましょう。

 

アクセス情報

京都の祇園祭は開催期間が長いことや様々な行事がある為、アクセス場所が日程によって変化していきます。

足を運んだ先で開催されてない。とならない為にも!

足を運ぶ日程にあわせて、開催される行事をチェックしておくことをおすすめします。

ここでは主な会場をいくつかご紹介します。

八坂神社・四条御旅所

住所:京都府京都市東山区祇園町北側625

 

四条御旅所

住所:京都市下京区四条通寺町東入貞安前之町

 

京都の祇園祭に足を運ぶ場合、徒歩または車の場合が主かと思いますが、できるだけ電車を使い徒歩で会場へ足を運ぶことをおすすめします。

京都の祇園祭期間中は、行きも帰りもとにかく渋滞だらけで車で足を運ぶのは大変です。

それでも良いので車で足を運ぶ!と言う方は有料駐車場を利用していきましょう。

京都の祇園祭におすすめの駐車場は下記の通りです。

 

駐車場情報

高台寺駐車場

住所:京都府京都市東山区高台寺下河原町526

 

円山駐車場

住所:京都府京都市東山区祇園町北側

 

タイムズ総本山知恩院新門南

住所:京都府京都市東山区祇園町北側317

 

駐車場については会場周辺に多数の駐車場が存在します。

京都の祇園祭の行事に合わせて、周辺の駐車場をピックアップしておきましょう。

 

まとめ

 

2016年の京都の祇園祭の日程やスケジュールに見どころをまとめてみましたがいかがでしたか。

日本3大祭りということもあり、当日は本当にたくさんのお客さんが押し寄せます。

渋滞、混雑はやむを得ないのでその点を覚悟して京都の祇園祭に参加しましょう。

また夏場でのお祭りなので熱中症対策も忘れずに。

1年に1回京都が大盛り上がりをみせるこの期間に忘れられない最高の思い出作りを行ってくださいね。

スポンサーリンク





 - 夏の花火大会、お祭り特集