四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

子連れでキャンプに!おすすめの持ち物リストまとめ

      2016/07/08


boy-958457_960_720

あたたかい季節になると楽しみたくなるのがキャンプ!

海や川、森など開放感のある場所でご飯を楽しみながら会話を楽しむひと時の贅沢を味わいたいものですよね。

ですがキャンプする方の中には初めてお子さんを連れて行かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

キャンプと言えば何かと準備が大変ですからね。

お子さんがいる場合は自分だけでなくお子さんの持ち物を用意しなければいけませんが、一体何を準備すれば良いのでしょうか。

ここでは子連れでキャンプへ行く方の為に、必要な持ち物をリストをまとめてみる事にしました。

スポンサーリンク




子連れでキャンプに必須の持ち物リスト

insurance-539659_960_720

都会育ちのキャンプ初心者親子にとって、森や山の中でのキャンプには想定外のことが起こることがあります。

色々な想定外のことが起こるのも、キャンプの楽しみですが、準備も大切ですよ!

それでは早速、準備をサクッと行っていきましょう。

子連れでキャンプに行く場合に必要な持ち物は下記の通りです。

お子さんの年齢によっては必要のないものもありますので状況に応じて上手く用意してみてくださいね。

食事用

・スプーン、フォーク
・マグ
・おやつ
・食事用エプロン
・離乳食
・哺乳瓶

 

移動用

・ベビーカー
・キャリーカート

 

衛生面

・紙おむつ
・ゴミ袋
・おしりふき
・ハンガー
・歯ブラシ
・ボディソープ
・シャンプー

 

遊び用

・衣類全般
・防水の防寒着
・ウォーターシューズ
・ライフジャケット
・水着
・タオル

 

遊び道具

・フリスビー
・ボール
・シャボン玉
・水鉄砲
・ブーメラン
・花火

 

救急用

・虫除けスプレー
・日焼け止め
・絆創膏
・消毒液
・綿棒
・体温計
・目薬

等です。

こうやって持ち物をリストをみるとかなりの数になりますが全てを持って行く必要はありません。

性別や年齢によって持ち物は大きく変わってきますので必要最低限必要なモノを用意するようにしましょう。

スポンサーリンク




100均を上手く利用しよう

bank-note-209104_960_720

子連れでキャンプに行く場合、購入するものが多すぎて一体何から揃えて良いのか?悩んでしまいますよね。

自分の分もキャンプの持ち物を用意するので大変なのに子供分もとなると用意するものも時間も倍かかります。

そんな時は

  1. 子供と大人で持ち物リストを作る
  2. 100均へ足を運び、集めていく

の順で持ち物を揃えるようにしていきましょう。

キャンプ場の持ち物は量が多く、何かとショッピングやドラッグストアを転々とする時がありますが。まず始めに100均に足を運ぶことをおすすめします。

ある程度のものはここで手に入りますし、またお値段も100円と気にせず集めていけるのでとても経済的です。

持ち物リストを書き出したら、まずは100均へ!

この点を意識して、少しずつ持ち物を揃えていきましょう。

 

準備は1人ではしない

キャンプの持ち物を用意する際は1人ではなく最低でも2人以上で行ってください。

お子さんの持ち物リストだけでも結構な量があります。

子供と大人で集めていくと混乱してしまうのでできれば2人で分けて集めていくことをおすすめします。

手軽にサクッと用意して当日のキャンプを楽しめるようにキャンプの数日前から少しずつ最低限必要なものを用意していきましょう。

 

まとめ

 

子連れでキャンプに行く時に持ち物リストをまとめてみましたがいかがでしたか。

キャンプで必要な持ち物リストをこうやってみるとかなりの数がありますよね。

ですが集めていくとあれ?これくらい?ってよくなります。

1つ1つが小さい上に必要なものは意外とそこまで多くないのでまず最低限必要なものを中心に集めてみてくださいね。

また大人と子供の持ち物を一緒にすると探したり使う時に混乱するので分けておくことをおすすめします。

それでは当日のキャンプ!

思いっきり楽しんできてくださいね。

スポンサーリンク





 - 夏のイベントやスポットなど