四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

こどもの日に柏餅やちまきを食べるのはなぜ?縁起の良い食べ物も紹介

   


kashiwamochi3

こどもの日は縁起がいいので柏餅やちまきを食べる!

当時を振り返れば、こどもの日に柏餅やちまきを食べれることを喜ぶ子供もいれば嫌いな子供も多くいたのではないでしょうか?

ですが当時を振り返り今思うと、

なぜ柏餅やちまきを食べるのか?

については問われると答えがわからずじまい。

一体なぜ?ということでここではこどもの日に柏餅やちまきを食べる理由を調査しまとめてみることにしました。

※こどもの日におすすめの縁起の良い食べ物も紹介

スポンサーリンク




柏餅の食べる由来について

 

柏の葉で餅を包んだ柏餅。

餅というだけあって食べやすい面もありますが、子供の頃食べるとなると苦味があることこから苦手な方も多かったのではないでしょうか?

そんなこどもの日におなじみの柏餅ですが・・・

そもそもなぜこどもの日に食べるのか?その意味を調査したところ柏餅の「柏の葉」には深い意味があることがわかりました。

柏餅は日本独特の食べ物ですが、柏の葉には

「子孫繁栄」「跡継ぎが絶えない」

 

といった意味があり縁起のいいものとして昔から食べられています。

過去をふかぼりすると柏餅が端午の節句の食べ物として定着してきだしたのは、江戸時代徳川九代将軍~十代将軍の頃から。

この当時のこどもの日には子供が生まれたことを祝い、子供を祭りあげる一環の1つとして縁起の良い食べ物として柏餅を取り入れる流れが生まれが誕生しています。

また、柏餅には

  • 葉の表を外向けに巻いているもの(小豆あん)
  • 葉の裏を外向けで巻いているもの(味噌あん)

の2通りの柏餅が存在します。

簡単にいえば味の違いでたい焼きでいうなら黒あん、白あんの違いになります。

たい焼きは見た目では判断できませんが・・・どちらがいいのか?は好みは人それぞれなのでに答えはありません。

ただ小豆あんが一般的ではありますが、当時は味噌あんが主流だったことが分かっています。

ここまでの内容をまとめると子供の日の柏餅の由来や食べる意味は

  • 「子孫繁栄」「跡継ぎが絶えない」という意味がある食べ物だから
  • 昔は味噌あんが主流だったが今は白あんが主流

になります。

調べれば調べるほど昔の人は賢いと思うばかりですね。

 

ちまきの食べる由来について

chimaki

こどもの日に「ちまき」を食べる由来は、今から1300年ほど中国に遡ります。

ちまきの由来を語るとそれこそ歴史的な用語が多く分かりにくくなりますので簡単に箇条書きで説明していきます。

流れだけを読み取ってもらえたら幸いです。

ちまきの由来を簡単に

・昔、楚(そ)の国に屈原(くつげん)という詩人がいた
・国の行く末に失望した屈原は自ら川に身を投じた(5月5日)
・国民は屈原の死を悲しみ、屈原が魚に食べられないように太鼓を叩いたり供え物を川に捧げた
・その供え物が屈原に届くようにちまきの元が完成
・その後に中国から日本へこの話と共にちまきが伝わった

 

になります。

柏餅が「子孫繁栄」等の意味があるように中国ではちまきは「厄払い」の力がある食べ物とされてきました。

5月5日に屈原がなくなったこと、そしてちまきに「厄払い」の意味があることから今でもこどもの日にちまきが食べらています。

ここまでの内容をまとめると子供の日のちまきの由来や食べる意味は

  • 中国の屈原にお供えするものを贈る為
  • 厄払いの為

になります。

ちまきの由来については中国の文化ですが意味としては「厄払い」

この点だけをみるなら子供の為を思う親の優しさがあるということがわかりますね。

スポンサーリンク




その他の縁起のよい食べ物とは?

food_chirashizushi

こどもの日の縁起のよい食べものといえば、柏餅やちまきなどが人気が根強いですがその他にどのような食べ物が人気があるのでしょうか?

早速、現代のこどもの日の祝う縁起の良い食べ物を調べてみると一般的な家庭では

  • ちらし寿司
  • 茶わん蒸し

が主流となっています。

年に1回、そんなに何度も行うことのないこどもの日ですがめでたい日であることは変わりありません。

ただ子供の初節句となると1番めでたい席という意味もあり、おじいさんやおばあさんなども集まるケースもあります。

初めての体験ということもあり、縁起の食べ物に何かと迷われる方も多いかもしれませんがこの場合は

  • 赤飯や鯛
  • かつお
  • タケノコ

などの縁起のよい食べ物を食べ皆で食べ、子供を誕生を祝うようにしましょう。

最近ではよく鯉のぼりをデザインしたケーキなども見かけるようになりました。

「お祝い」といった意味でもケーキを食べるご家庭も増え、こどもの日の食べ物も時代にわせて変化しています。

お菓子作りが得意なお母さんであれば、手づくりなどのケーキやお菓子類では人気の高い、鯉のぼりをモチーフとしたケーキやクッキーを作ってみるのもいいでしょう。

また和風のイメージの食べ物では「お寿司」。

中身によってもいろいろとアレンジもできるので、縁起をかつぐ食べ物を使ってみるとお祝い気分も高まります。

お祝いごとは華やかに!子供の成長を願って子供の喜ぶ顔をイメージしながら縁起の良い料理や食べ物を作っていきましょう。

 

まとめ

 

時代と共に食文化が大きく変わっていく現在。

こどもの日に食べ物の大きく変化を遂げています。

ただ元々をたどれば、柏餅があり、ちまきがあり、食べる意味があった。

このポイントを覚えておけばこどもの日の祝い方もまた1段とパワーアップすることは間違いありません。

こどもの日を心から祝う、縁起の良い食べ物を食べながら健康に育つ子供の成長をかげながら見守りながら成長をみてきたいものです。

スポンサーリンク





 - 春のイベントやスポットなど