四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

こどもの日を子供向けに説明するには?由来や意味を簡単まとめ

   


DSCF0433_TP_V

5月5日は言わずとわかるこどもの日。

名前か分かるとおりこどもがメインの日には違いないのですが、そもそもこどもの日とはどのような日を指すのでしょうか?

子供から

「こどもの日って何?

 

と突然、聞かれた時、ドキッとせず子供向けに説明できるようにしておきたいもの。

なんとなくの答えや間違った答えは子供の為にもよくありませんからね。

ここではこどもの日について子供から突然聞かれた時にすぐに対応できるように、こどもの日の由来や意味を子供向けに簡単に説明できるようにまとめてみることにしました。

 

スポンサーリンク




こどもの日を子供向けに説明するには?

book

子供からこどもの日を聞かれた場合、まず説明する側が正しくこどもの日の由来や意味を理解することが大事と言えます。

下記からはこどもの日の由来や意味をまとめていますのでサラッと読んでポイントを理解しておいてくださいね。

全体の意味と子供向けに説明する流れは以下の通りです。

子供に何で?を問われたときはその都度、対応できるようにしていきましょう。

 

こどもの日って何?

children-632421_960_720

 

こどもの日は別名、端午の節句ともいって、男の子を祝うお祭りを指します。

端午の節句には日本でおなじみの「鯉のぼり」を飾りますが元々の文化は中国から。

日本でのこどもの日は男の子が元気な成長を祝う為に行うものとして広まっていますが、本来の意味は「厄払いの行事」となります。

厄払い行事→時代と共に成長を祝う行事に

 

って感じですね。

全体のこどもの日の意味が簡単に分かったことですし、もし子供に聞かれた時の為のQ&Aを覚えておきましょう。

例)こどもの日を子供に簡単に説明なら?

Q)こどもの日って何?

A)こどもの日は男の子(子供)のお祭り!

意味は子供の○○君がこれからもっと成長してくれるようにお祝いする為。

こいのぼりをあげるのも同じ意味!

 

上記のような説明で大丈夫です!

子供を祝うことがこどもの日と分かってもらえれば子供も素直にそうなんだ~と頷くでしょう。

スポンサーリンク




こどもの日の由来って何?

日本では5月5日に制定されているこどもの日=端午の節句。

端午の節句という言い方は中々、今の人は使わない傾向がありますが年配の方であるとすごくなじんで使われています。

端午の節句って何?って感じですが(笑

5月5日こどもの日、そして端午の節句の意味を理解し、子供に伝えていけるように理解していきましょう。

「端午の節句」とは、月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味があり、むかしは月はじめの午(うま)の日が端午と呼ばれていたようです。

5月は十二支で表すと午(馬)であって、5月の最初の午の日を端午の節句としたのでした。

5日と制定されたのも数字の5(ご)と同じ発音からでした。何だか意味を理解するのでやっとな感じですが、簡単にまとめるなら

・端(月の始まり)
・5月は十二支で表す午(馬)
・節句(暦)数字の5(ご)と同じ発音

 

という感じですね。

日本語難しい・・・

例)こどもの日の由来を子供に簡単に説明なら?

Q)こどもの日って何で5月5日なの?

A)こどもの日は昔から5月5日。

 

でよいでしょう。

あまり意味を説明してもおそらく子供には伝わらないと思いますので。

縁起が良いことを前面に押し出して説明したほうがいいと思われます。

 

どうしてこどもの日に鯉のぼりをあげるの?

n1306305683

鯉のぼりをあげる風習については、遠い昔、男の子の誕生は将軍家についても重要な日だったと言われています。

簡単に説明するなら将軍家で言うならば跡継ぎの候補となる男の子の誕生!

そんな跡継ぎが生まれたことを祝い、将軍家に男の子が生まれると5月5日にのぼりを立ててお祝いをするようになったようです。(国民に世継ぎ生まれたことを知らせる意味もあり)

のぼりといっても当時は今のような「鯉のぼり」ではなかったようですが・・・。

しかし、そんなお祝いの仕方は将軍家と距離の違い武家の間にも広まっていきます。

当時の流れでは

将軍家→子供誕生→5月5日→鯉のぼり

 

この流れが武家にも伝わり、次第に庶民の間にもその風習が浸透していくようになりました。

商人などでも経済力があっても地位が低かったとされる人々にの間でも好まれていったのです。

「鯉が滝を登っていくような力強い生き方をしてほしい」という願いや意味が込められる鯉のぼり。

現在は「健康で元気に育ってほしい」「出世魚にあやかり将来のために」と親がこどもに願う気持ちが込められ、現代ではコンパクトな「鯉のぼり」が普及しています。

時代と共にあり方を変化させながらも、こどもの成長を願う親の気持ちは昔も今も変わらないものですね。

例)鯉のぼりを子供に簡単に説明なら?

Q)どうしてこどもの日に鯉のぼりなの?

A)○○が鯉のぼりのように元気に育ってほしい為よ。

 

で大丈夫です。

鯉が空で元気に泳ぐ!そんな強さを願っているという意味が伝わればOKでしょう。

 

まとめ

 

自分が子供の頃は、こどもの日は鯉のぼりという認識で子供のイベントだとばかり思ってましたが意味や由来を知ればこどもの日の大事さがわかってきますね。

小さい子供はとにかくどんなモノにも疑問をもつもの。

1人の大人として行事の意味や由来を責任をもって説明ができるように子供向けに分かりやすく伝えていきましょう。

スポンサーリンク





 - 春のイベントやスポットなど