四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

水着を着れない着たくない女性の理由をまとめてみた

   


IMG_8850_f

水着を着た女性を見たい男性は多いもの!

ですが女性からすると大半の方が着たいけど・・・

  • 着れない
  • 着たくない

と考えてるのではないでしょうか?

今では女子あるあるの1つとなっている水着を着れない着たくない。

女性のよって理由は人により様々ですが、どのような点で悩んでいるのか?

ここでは水着を着れない着たくない女性での意見で多かった理由をまとめてみることにしました。

スポンサーリンク




女性が水着を着れない理由とは?

IMG_4018

ネット上の統計では実に70%近くの方が悩む水着を着れない日本人女性。

夏の海、夏思いで作りに水着ではしゃいで遊んで!

と男性からするとそんなイメージが強いでしょうが、なぜ7割近く女性は水着を拒む傾向があるのでしょうか?

早速、水着を着たくても着れない、着たくない女性の口コミを見てみることにしましょう。

 

理由その1.無駄毛が気になる

水着姿になると普段服装と違い気になってくるのが無駄毛について。

肌の露出が多い水着だからこそ、つい無駄毛の処理の甘さが気になって水着を拒むことが多いようです。

またいざ水着姿になった時に甘かった無駄毛が気になり、

  • 気が気ではなかった

等の苦い思いをした方も多く存在するのは事実です。

他人が気にしていなくても、自分自身が気になって仕方なくなってしまう無駄毛。

男性から見ると

無駄毛なんか処理すればいいじゃんッ!

 

って感じですが脱毛サロンに通うとお金も時間もかかります。(男性が払ってくれるなら別ですが・・・)

男性よりも女性方が、厳しい目で見られる事が多いの無駄毛。

全ての女性とは言いませんが、女性が水着を着たいけど着れない、着たくない理由の1つであることは間違いないでしょう。

 

理由その2.自分の肌が気になる

当たり前ですが水着になると自分の肌の露出部分が増える事になります。

その露出部分の肌を見られたくないと思って、水着を着る事を拒否している方は意外と少なくありません。

例としては、

・ニキビ
・手術痕
・怪我をした痕
・体脂肪

 

等。

肌を露出する機会が多いからこそ、こういった肌は特に好きな人には見せたくないもの。

水着は露出が多い分、勇気がいる格好です。

男性の方は、その点を踏まえて女性の肌の露出を受け止めてもらいたいものです。

スポンサーリンク




理由その3.年齢が気になる

年齢的に水着を着る事が気になってしまう方もいるようです。

10~20代の女性はまだ水着を着る!意識はあり、着る機会も多く楽しむ傾向がありますが。

30代以上になると自分の水着姿を人に見せれないと言う方も多いようです。

特に主婦の方に多い年齢。

水着の選び方にも少し困惑気味の傾向があるようです。

 

理由その4.自分の体型に自信がない

水着を着たくても着れない、着たくない女性に特に多かった意見、自分の体型に自信がない。

体型に自信がない理由については人それぞれですが理由をあげると

・太っている
・痩せすぎ
・おなか周り
・胸周り
・ダイエット失敗

 

等があげられます。

肌を露出する機会が多い水着、モデル用にスタイルがよくて堂々と!いうイメージを自分の体型と比較し気にする方が沢山いらっしゃるようです。

夏場の季節に近づくと気になる体の体型は、多くの女性が悩む1つの問題であることは間違いありません。

 

理由その5.水着自体が無理

少数派の意見ですが人によっては水着を着ること自体が無理いう方が多数いらっしゃいます。

水着は普段の服装と違い

・露出が多い
・無駄毛処理
・日焼け止め対策

 

等を行ったりしなければなりません。

数々の関門をくぐり抜け、着用する水着ですが、この行為自体が面倒な方も多いことも事実です。

水着を着れない着たくない悩みは人によって様々ですが、水着を着たいのであれば、これからくる夏を楽しむためにも早めに自分にあった対策を考えていくようにしましょう。

 

まとめ

 

女性が水着を着れない悩みは人によって様々ですが、簡単にいうなら自信がないということ。

ですがこの自信のなさは日本人ならではの悩みでもある!ということを覚えておいてください。

海外では体型に関する様々な悩みはそっちのけで夏の海を楽しんでいます。

1ヶ月ちょいしかないこの期間。

水着を着る悩みよりも夏の思い出を大事に!

勇気を出して夏の海をエンジョイしていきましょう。

スポンサーリンク





 - 夏のイベントやスポットなど