四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

冬に肌が乾燥する原因って何?保湿対策も紹介

      2016/03/22


ho

冬になると空気が乾燥し、肌もカサカサになりますよね。

乾燥肌になると肌が荒れてきて、かゆくなったりしたことありませんか?

肌荒れトラブルに困っていませんか?

そもそも冬に肌が乾燥する原因ってご存知ですか?

その原因を突き止めて、冬には乾燥肌にならないよう対策をしていきましょう。

これから肌が乾燥する原因と保湿対策をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




冬に肌が乾燥する原因は生活習慣?寒さが原因?

●冬の寒さに肌が乾燥する原因がある

yuki
冬の寒さによって、身体が血行不良を起こし、皮膚の細胞に水分がいきわたらなくなるため、肌が乾燥します。

さらに肌のバリア機能が徐々に低下し、肌が乾燥して、肌が荒れてきます。

それによって皮脂の分泌量も減ります。

 

●生活習慣の乱れで肌が乾燥する原因になる

food (6)

睡眠不足、栄養不足があると肌も同じ状態になります。肌も健康維持をするためには生活習慣の乱れをなくすことですね。

肌の状態を保つには遅くても22時に寝ることをオススメします。

それが肌の眠る時間だからです。

スポンサーリンク




冬の乾燥に向けての保湿対策

fuyu

●スキンケア

洗顔後はすぐに化粧水とクリームをつけることを心がけてください。

少しでも間をあけると乾燥してしまいます。

洗顔後だけでなく、化粧水とクリームをつける間もあけないようにしてください。

化粧水は素手で塗ると保湿力が高まります。

強いパッティングは肌へ負担をかけることになりますので要注意です。

 

●室内の保湿対策

寝るときにはコップ1杯の水を部屋に置くだけで保湿状態が変わります。

それと、濡れたタオルを室内で干すことが大事です。

寝るときも油断せずに保湿対策をすることによって、肌が潤い、乾燥肌を防いでくれます。

 

●水を飲むことで保湿対策

朝は頭も臓器も眠りから覚めるころなので、身体の血行が悪い状態です。

血行が悪いということはお肌の状態もよくないので、朝起きて、必ずお水をコップ1杯飲みましょう。

体内から取り入れないことには肌も潤わないので、まずは水を飲むということからはじめましょう。

水は消化のはたらきを助けるので、身体から有毒なものを出してくれる作用があります。

そうすることによって、身体の調子もよく、肌も整った状態になります。

ただし、カフェインが入ったコーヒーや緑茶は避けたほうがいいです。

利尿作用をよくし、水分が排出されるので、保湿のためにはあまり好ましくはありません。

 

●身体の洗い方で保湿対策

身体の洗い方で注意することはこすりすぎないことです。

皮膚科の先生にも私はよく言われますが、手で石鹸をよく泡立てて、手洗いをするほうがいいそういです。

そうすることによって、必要な角質まで落とすことがありません。ナイロンタオルは使用せず、柔らかめのタオル、もしくは素手で洗うようにしてください。

 

●お風呂で保湿対策

お風呂は37~38度のお湯で入るようにしましょう。

長くお風呂に入りすぎると、保湿力の低下になりますので、10分程度の入浴が好ましいです。

 
乾燥する部分は顔と手が一番ひどいのですね。

他の部分は服を着ていることもあって、直接外部の空気をあたらないので、そこまで負担はかかりません。

そのためにも保湿は重要ですね。

保湿は体内から取り入れ、体内で取り入れられない水分を化粧水やクリームなどで補うということです。

冬は特に寒さが増し、肌へのダメージが大きいので、充分に保湿することを心がけることです。

スポンサーリンク





 - 体に関すること, 心身予防ネタ