四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

乾燥肌の治し方を徹底まとめ!原因から正しい対策を紹介

   


splashing-275950_960_720

冬に近づくにつれやって来る乾燥。

空気が乾き、のどがイガイガ、そして肌がかさかさと辛い日々が続きますが特に乾燥肌は見た目上でもわかるからこそ1番早く治したいところですよね。

冬の乾燥肌には保湿クリームが鉄板ですが、そういうのではなく根本から乾燥肌を治したいところ!

そこでここでは毎年乾燥肌に悩む方の為に。

乾燥肌のガチな治し方をご紹介します。

しっかりと原因から見極め、正しいケアをして乾燥肌とおさらばしましょう。

スポンサーリンク




乾燥肌は大きく2種類

books-1215672_960_720

乾燥肌と聞くと冬のイメージが強いですが、実は乾燥肌には2つの種類が存在します。

1つ目は「季節的な乾燥肌」です。

冬など乾燥している時期だけに起こる乾燥肌で、毎年多くの方が悩まされることが多いタイプ

2つ目は「慢性的な乾燥肌」です。

これは生活習慣だったり、間違ったスキンケアをしている人に現れます。

どちらにせよ、乾燥肌はメークに支障をしたりケアにお金がかかったりとデメリットしかないので一刻も早く治したいところですよね。

そのためにはまずは、乾燥肌はなぜおこるのか?

根本的な原因から見つめなおす必要があります。

 

乾燥肌の原因とは?

desert-279862_960_720

先ほど2種類の乾燥肌を挙げました。

ここからはそれぞれの乾燥肌の原因をご紹介します。

季節か慢性か?

乾燥肌を根本から治す場合は、それぞれの原因にあった治し方を実践していきましょう。

 

季節的な乾燥の原因

季節的な乾燥肌の場合、一番の原因は空気の乾燥による水分の流出です。

水分は乾燥しているほうへ流れていきますので、空気が乾燥していると当然そちらの方へ行ってしまうわけです。

また、冬の寒さによって血行が悪くなり、肌の表面を覆っている皮脂が減少。

皮脂は肌の水分を保つのに役立っていて、減少すればもちろん乾燥する流れとなります。

 

慢性的な乾燥の原因

主な原因は生活習慣やスキンケアが間違っているということです。

簡単に言ってしまえば自分の行動が原因で乾燥肌を引き起こしている可能性があります。

まずは間違った行動をしていないか?チェックしてみましょう。

 

メイクを落とさず寝てしまう

気を付けているけど疲れてついつい寝てしまったという人もいますよね。

CMでも言っているようにメイクは肌にかなりの負担をかけているので、寝る前には必ず落としておかなければなりません。

 

化粧水で保湿ケア

一時的に水分を与えることはできますが、すぐに蒸発するので意味はありません。

 

熱いお湯で洗顔 

熱いお湯だと皮脂も落としてしまうのでよくありません。

出来るだけぬるま湯で顔を洗うことをおすすめします。

 

睡眠不足 

睡眠中に肌は活発に活動しています。

その時間をたくさん作っておげましょう。

 

バランスの偏った食事 

肌に大切な潤いをキープできなくなってしまいます。

 

ストレス 

ホルモンバランスが崩れやすくなって肌の水分を失いやすくなります。

慢性的な乾燥肌の場合、日常生活の乱れや間違った行動が主な原因となります。

食生活も然り、肌に悪いことを行っていないか、今一度チェックしていきましょう。

スポンサーリンク




乾燥肌のガチな治し方

img_0277

原因がわかれば治すまで後1歩ですよね。

早速、季節、慢性にわけて乾燥肌のガチな治し方をご紹介しますのでチェックしてみてくださいね。

 

季節的な乾燥の治し方

洗顔 

手でゴシゴシ洗うのはNGです!

ホイップ状の泡で優しく洗いましょう^^

 

保湿 

朝夜変わらない方法でやりましょう。

どちらかだけやるよりも、肌のなじみが変わってきます。

いつもよりメイクのノリや持ちも変わってきますよ。

 

加湿器を使う 

湿度を挙げるタイプの加湿器を使いましょう!

50~60%くらいの湿度がおすすめです。

それ以上にしてしまうとただただ不快になっていくだけです(笑

不快指数という指数があるので、室温に合わせた湿度がどのくらいかというのが数字で見ることができますよ。

 

慢性的な乾燥肌の場合

 

スキンケア 

季節的な乾燥肌の治し方と同じです。

 

十分な睡眠 

寝始めの3時間に成長ホルモンが集中的に分泌されると言われています。

その時間はぐっすり寝ておきたいものです。

 

部屋は暗くする 

睡眠を促すメラトニンというホルモンの分泌に影響してきます。

特に寝る前はスマホを直前まで使うのはやめておきましょう。

目に負担を与え、寝れなくなりますので。

 

代謝を上げる 

月1程度に肌の表皮細胞が生まれ変わるターンオーバーというものがあります。

そのターンオーバーがスムーズに行われなければ肌は綺麗な状況を保つことができません。

きちんとターンオーバーが行われるようにするには新陳代謝がかかわってきます。

代謝を上げるためには日常的に運動をしたり、食生活を整えている必要があるので今一度、見直してみていきましょう。

 

まとめ

 

ここでは乾燥肌の治し方を徹底的にまとめてみましたがいかがでしたか。

自分は季節的な乾燥なのか慢性的な乾燥なのかお分かり頂けたのではないかと思います。

どちらの乾燥肌が原因なのか、知っておくことはとても大事なことです。

原因にあわせた正しい乾燥肌対策で乾燥肌とおさらばしましょう。

スポンサーリンク





 - 身を守る対策