四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

【2016】海洋博公園花火大会の日程は?渋滞を避ける方法も紹介

      2016/05/03


fireworks-227383_960_720

普通の花火大会ではありえない!

1万発の花火が打ち上げられる沖縄県最大の花火大会、海洋博公園花火大会。

まさに沖縄県最大の花火大会に数4万人以上というお客さんが押し寄せ賑わいをみせるこのイベントが2016年ももう間もなくやってきます。

壮大なスケールで打ち上がる花火に出店やミュージックのイベント、早く来い来いと待ち遠しい方も多いのではないでしょうか?

そこでここでは2016年これからくる海洋博公園花火大会を逃さない為に!

海洋博公園花火大会の日程や詳細をまとめてご紹介します。

また毎年恒例の嫌な渋滞を避ける方法をご紹介しておりますので是非、チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク




2016海洋博公園花火大会の日程はいつ?

calendar-660670_960_720

2016年もう間もなくやってくる海洋博公園の花火大会の日程は7月16日(土)になります。

毎年7月中旬に行われる、洋博公園の花火大会。

明日は日曜日で休みということもあり、土曜は多くのお客さんが押し寄せることは間違いなし。

早めに足を運ぶように心がけていきたいところですね。

詳細はこちらです。

日程   2016年7月16日(土)
会場  エメラルドビーチ
打ち上げ時間 12:00~21:00(花火打ち上げ20:00~)
打ち上げの数  約1万発
問い合わせ先  0980-48-2741
海洋博公園管理センター 企画運営管理チーム
荒天時の場合  順延なし

1万発の花火があがる洋博公園花火大会にいく場合は、早めのスケジュール調整することをおすすめします。

毎年多くのお客さんが足を運ぶので渋滞を避けるように気をつけてくださいね。

スポンサーリンク




渋滞を避けるおすすめの方法3つ

PAK86_koutuujyuutai20130815_TP_V

移動手段が車がメイン!と何かと渋滞に巻き込まれやすい沖縄。

こういった大型の花火大会になると毎年カーの強者が存在し、先に駐車スペースや花火大会の場所取りをされています。

一般の方が知らずにこの花火大会に足を運ぶとなると、まさに渋滞だらけで嫌になっちゃうことでしょう。

なるべく避けたい渋滞・・・

渋滞が嫌い、なるべく避けて花火は見たい!って方は下記の渋滞を避ける3つの方法を考えてみてくださいね。

花火を見る相手にあわせておすすめの方法をとることをおすすめします。

 

方法1お金を使わない渋滞を避ける方法

当日の恐ろしい渋滞を避ける1番の方法をご紹介しますと前日の車中泊です。

土曜前の金曜、仕事を終え、会場へ直行!

花火大会の為にそこまで?

って感じの方も多いかもしれませんが海洋博公園花火大会では渋滞を避けるためにこの行動に出る方はすくなくありません。

それもその筈!車中泊をしても普通というほどのこの花火大会では渋滞が凄いということです。

また会場近くの無料駐車場は3000台ほどです。

午前中には会場に来る予定でなければ無料駐車は無理なのでその点を踏まえて行動していきましょう。

もし当日の恐ろしい渋滞に巻き込まれて動けず状態になりたくない方は車中泊を考えてみてくださいね。

車内泊といっても、窓開けると虫が入ってくる可能性があるので蚊除けの準備を忘れないようにしておきましょう。

また駐車場の確保ができたら、会場の場所取りを早めに行っていきましょう。

毎年多くの人が押し寄せるので早めに場所取りを行うように意識しておいてくださいね。

 

方法2バスツアー、花火観覧船ツアー

こちらは渋滞を避ける方法は一部有料プランになります。

花火の見方に時間は大きく変わりますが、渋滞を避けたい方は下記のプランを参考にしてみてくださいね。

 

その1.バスツアー

駐車場のことも渋滞のストレスフリーのバスツアー。

お酒も気軽に飲めるし、まさに渋滞を気にしたくない方におすすめのツアーですが1つ難点があります。

それが那覇方面の方、到着が深夜になることです。

深夜到着となるとちょっと・・・って感じの方もいらっしゃるかもしれませんが、ツアーなので時間の制約はしょうがないこと。

この点は我慢!して花火大会を楽しんでいきましょう。

 

その2.花火観覧船ツアー

船から花火を楽しむことができる花火観覧船ツアー。

会場からの花火とは一味違う、花火大会はまさに絶景です。

ちょっとリッチな花火大会を!楽しみたい方は船で花火を楽しんでみてくださいね。

※くれぐれも船酔いにはご注意を

 

その3.遠くでよければ山之上へ

地元の知る人ぞ知る場所、穴場スポット山之上へ。

ちょっと遠目の花火になりますが、ここから見える花火はロマンチックそのもの。

ゆったりと花火を楽しみたい方は是非、足を運んでみてくださいね。

2016海洋博公園花火大会が初めてでもおすすめのスポットです。

※道が狭いので気をつけていきましょう。

 

方法3近くに宿を早めに予約しておくべし

毎年多くの観光客で賑わう海洋博公園花火大会ですが、場所によっては会場に出向かなくても花火が見物できる宿があります。

前日に宿泊しその日の花火大会をゆっくりと楽しむことができるおすすめの方法ですがただ難点が1つ。

人気の花火大会だけになんでも、場所によっては1年くらい前に予約が必要も場所もあります。

まさにこの花火の人気が分かる、この期間。

時間もお金も余裕がある方は、是非この方法を考えてみるのも良いかもしれません。

2016年は無理かもしれませんが2017年やその先のことを考えて宿探しをしてみてくださいね。

 

まとめ

 

毎年多くの方が押し寄せる海洋博公園花火大会。

2016年ももう間もなくやってきますが、それと同時に渋滞が発生することは間違いありません。

うまく渋滞を避け、花火大会を満喫する為にも早めに計画を立ててくださいね。

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 夏の花火大会、お祭り特集