四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

潮干狩りの貝の賞味期限はいつまで?その後の保存方法も紹介

   


shell-814635_960_720

潮干狩りへ行って貝をたくさん採った!

貝を持って帰るまでは良かったのですが・・・

気付けば大量にあって食べきれなくなる貝。

また毎日貝だと飽きちゃいますし、どうにか日持ちして美味しく頂きたいところ。

そこでここでは潮干狩りの貝の賞味期限やまたその後の保存方法までまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




貝の賞味期限はいつまで?

alarm-clock-1193291_960_720

潮干狩りで採った貝といわず、新鮮な貝の賞味期限についてですが、砂抜き含めてもって数時間~1日になります。

美味しいものは新鮮のうちにといいますが、まさにリアルタイム感がありますね。

潮干狩りで大量に貝をとりすぎた場合は、取り扱いに注意する必要があるといえます。

どうにか長持ちさせたい貝の賞味期限。

一体どのような方法が有効なのでしょうか。

スポンサーリンク




保存方法はどうするの?

hamaguri

貝の賞味期限を長持ちさせる保存方法ですが実は様々な方法が存在します。

貝の量や貝の食べる頃合を考えながら下記の方法を試してみてくださいね。

保存方法その1.冷蔵庫に入れる

貝の賞味期限を長くする場合、砂抜きをせずそのまま新聞紙に来るんで冷蔵庫に入れるようにしましょう。

貝の砂抜きをすると貝が弱り、賞味期限が短くなりますが、貝の砂抜きをしないと貝の寿命を延ばすことができます。

保存期間は1~3日。

2~3日と短い期間ですが、手軽で簡単なので近いうちに食べたい方はこの方法を取り入れていきましょう。

またその他の保存方法として海水を入れ、ボウルに入れ、冷蔵保存もあります。

こちらも保存期間は同じぐらいと考えていいです。

あさりのことを考えるなら面倒ですが海水がおすすめです。

ちなみに貝を食べる前は砂抜き後、ザルにあげ1時間以上は時間をおきましょう。

こうすることで貝が塩をはき、しょっぱさを軽減し、美味しく頂くことができます。

ちょっとした小技ですが、覚えておいてくださいね。

 

保存方法その2.冷凍庫に凍らせる

潮干狩りした長期的に保存し、後々食べたいって場合は冷凍保存がおすすめです。

保存期間は約1ヶ月。

ただし冷蔵保存と違い、冷凍保存方法は

  • 手間はかかる
  • 味の鮮度が落ちる

ことは覚悟しておきましょう。

その点を覚悟した上で長期的に貝を保存する場合は下記の方法を実践していきましょう。

  1. 潮干狩りした貝を砂抜きする
  2. 貝を真水で綺麗に洗う
  3. 水気を切り、あさりをトレーに平らに並べる
  4. 凍った貝をフリーザバッグに移し、空気を抜いて冷凍保存

になります。

結構手間がかかりますが、こうすることで約1ヶ月は貝が食べることが出来ます。

ちなみに食べる時は解凍せず、そのまま調理するようにしましょう。

食べ方としては

  • 煮る系
  • 蒸し系

がおすすめです。

 

まとめ

 

潮干狩りの貝の賞味期限や保存方法をまとめてみましたがいかがでしたか。

潮干狩りでたくさん採るまでは良かったものの持ち帰って困る貝のその後。

貝の量や食べる状況にあわせて上手に保存方法を使って食べていきましょう。

この時期にしか食べることができない海の恵みを存分に味わっていただきましょう。

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 潮干狩りで知って得する知恵