四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

こどもの日に兜や5月人形を飾る意味とは?飾り方もポイントも紹介

   


photo0000-2040

こどもの日には鯉のぼりをあげるのが一般的ですが、他にも鎧に兜、5月人形なども様々な祝い方が存在します。

鯉のぼりだけで十分良いと思うのですが、こどもの日に兜や5月人形などを飾る意味とは何なのでしょうか?

聞かれると男の子は強いから!5月人形は・・・って答えてしまいそうですが、果たして本当の答えとは何なのか?

ここではこどもの日に兜を飾る意味から飾り方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




兜を飾る意味とは?

book

こどもの日といえば鯉のぼりが一般的ですが一部の家庭で見られる兜や鎧を飾る風習。

一体、なぜこどもの日に兜や鎧を飾るのか?

早速その意味を調べてみたところ、結論から申しますと子供を外からの災いを防ぐ為になります。

一体どういうことなのか?と詳しい説明をすると元々の兜を飾る意味は武家社会の時代に遡ります。

当時の時代を振り返りながら兜を飾る意味を調べたところ、武家社会では梅雨になる前に兜や鎧を手入れするために外に出していた風習があることがわかっています。

その風習にプラスして兜や鎧は

  • 災いを防ぐためもの
  • 身の安全を祈願するもの

という意味があることが交わり、外に飾っていた武士の風習を庶民が真似ることで鎧・兜や槍、幟などを飾り、いつしかこどもの日に結び付けられるようになりました。

子供を災いから身を守る!

当時は将軍や武士は「強い」という象徴!

こどもの日が男の子の誕生を祝う祭りであると共に「強い男になってほしい」という親の気持ちが時代を通して見え隠れしています。

 

5月人形を飾る意味とは?

 

5月人形のはじまりとしては、兜の部分に勇ましい人形の施したものが始まりでした。

簡単にいうと兜や鎧は外敵から身も守る意味があっても中身がない殻の状態。

その殻の中に化身となる人形を入れることで神様が降りてくる目印になるように作られたのが5月人形。

その後、時代と共に5月人形は独立して飾られるようになり、神様の依り代(よりしろ)として当時の庶民の間に広まり、大きく普及していくこととなりました。

5月人形も今では多数の種類があり、

・「金太郎」
・「牛若丸」
・「弁慶」
・「鐘馗(しょうき)

 

等のモデルがありますがどれも強い男のイメージを象られ作られていることがわかりますね。

意味がわかれば、モデルとなる人物の意味も深い5月人形。

子供を守る化身として、是非、1つは持っておきたいところです。

スポンサーリンク




兜や5月人形の飾り方のポイント

te

こどもの日に飾る兜や鎧、5月人形。

それぞれの飾り方について押えておいてほしいポイントをご紹介しますのでこれから飾るという方はチェックしておきましょう。

こどもの日の兜や5月人形を飾る前に1つ押えておいてほしいポイントがあります。

それはどちらも非常にデリケートであるということです。

乱雑な取り扱いはモノ自体にダメージを与える可能性がありますので取り扱いにはくれぐれも注意してくださいね。

兜や鎧を飾る場合、飾り方のポイントしては飾る場所で組み立てるように心がけましょう。

様々なパーツがありますので説明書をみながら手順に沿って1つ1つ丁寧に綺麗に作ることを心がけてください。

※兜や5月人形を飾るときは直射日光が当たる場所は避けましょう。

劣化や色あせの原因になります。

 

いつからいつまで飾るの?

誰に聞けばいいのか?難しい兜や5月人形の飾る時期。

昔の風習の流れや専門家が少ないことから飾る時期を聞いても様々な答えが返ってきます。

一体いつから飾るのが正しいのか?飾る時期をお伝えしますと飾る時期の目安としては3月下旬から4月中旬頃となります。

あくまで目安なので前後しても問題ありませんがしまう時期は5月5日以降ということだけは覚えておきましょう。

場所によってはそのままずっと飾られるところもありますが、一般的なこどもの日の兜や5月人形の飾る時期は上記の通りになります。

 

こどもの日の鎧・兜は命を守る象徴

鎧・兜は武将たちにとって、自身の身を守る大切な道具であり、「命を守るための象徴」として考えられていました。

医療などが整っていない当時の時代、世継ぎとなる子供が事故や病気、災害などから守ってくれるようにと願いを込めて飾るようになったということです。

そして現在、こどもの日になると一部の家庭で受け継がれている兜や5月人形。

こどもの日となると鯉のぼりや食べ物が軸ですが、兜や5月人形も縁起のいいものに変わりはありませんので子供の無病息災を願って積極的に飾っていきたいものです。

 

まとめ

 

むかし、こどもの日というのは端午の節句と呼ばれていて、厄払いが必要なものとされていました。

それは梅雨に入ると病気になりやすいということがあって、邪気を払う行事が風習とされていたのです。

むかしも今もこどもを思う親の気持ちは変わらない。

その意味が鯉のぼりであり、兜であり、5月人形といった形で今に受け継がれていることを覚えておきましょう。

時代と共にあり方は変化していきますが、そもそもの意味は変わらないこと。

そして次世代につなげていくことを忘れないように伝えていきたいものです。

スポンサーリンク





 - 春のイベントやスポットなど