四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

インフルエンザの解熱剤は効かない?理由や効果的な対策まとめ

   


SAYA16010436IMG_5049_TP_V

インフルエンザによる発熱に解熱剤は効かない。

このような言葉を聞いたことがある方は意外といるのではないでしょうか。

最近では一部の解熱剤の効果で子供が「インフルエンザ脳症」になったことから解熱剤の使用について賛否両論の意見が分かれたりしていますが・・・

ぶっちゃけた話、インフルエンザの発熱に解熱剤は本当に効かないのでしょうか。

ここではインフルエンザに解熱剤は効かないと言われる理由やその他の対策について徹底的に調査しまとめてみることにしました。

スポンサーリンク




インフルエンザに解熱剤が効かない理由とは?

girl-504315_960_720

インフルエンザに解熱剤が効かないと言われる理由についてこの件は正しいのか、早速ネット上で調査したところ、結論から申し上げますと

  • インフルエンザが症状が一番ピークの時は効かない!

になります。

理由としては体内のウイルスが強すぎるためピーク時は特に解熱剤も効かず体の免疫力(熱を出す)とウイルスのガチンコ勝負いうことになります。

インフルエンザにかかるとお医者さんにより解熱剤を処方されますがこれらはインフルエンザの症状がピークの前だと効果を発揮します。

またピーク時以外でインフルエンザで解熱剤が効かない!

この場合は体の水分不足が原因で薬が上手く効いていない可能性があるので水分を補給するようにしましょう。

ちなみにインフルエンザの特効薬として知られる「タミフル」「リレンザ」はあくまでインフルエンザウイルスを死滅させるための薬で、熱を下げる効果もはありません。

 

インフルエンザに安全な解熱剤とは?

解熱剤にもたくさんの種類があります。

ここではインフルエンザの解熱剤として安全なものと危険なものを分類してご紹介します。

 

安全な解熱剤

アセトアミノフェン
商品名:「アルピニー」「アンヒバ」「カロナール」

 

この中でも、カロナールは弱い成分のため、高熱が伴うインフルエンザを発症した子供に処方されることが多いです。

 

NGな解熱剤

ジクロフェナクナトリウム
商品名:「ボルタレン」「ブレシン」

 

メフュナム酸
商品名:「ポンタール」

 

アセチルサリチル酸
商品名:「アスピリン」

 

これらの他にも、解熱剤と一緒に服用が禁止されているものがあります。

持病などで常に他の薬を服用中の場合は、医師に相談してくださいね。

スポンサーリンク




解熱剤を使わない対策

heart-583895_960_720

インフルエンザ特効薬「タミフル」「リレンザ」が出てくるまでは、インフルエンザは強いウイルスのため薬はなく、一度熱が出ると3日ほどは解熱しないと言われていました。

もともと、インフルエンザは、自然治癒するものとされています。

解熱剤や薬に頼らずに治す方法を見てみましょう。

 

その1.水分を摂る

高熱の時は、たくさんの水分を摂ってください。

水分を取ることにより、汗をかき、熱を下げる作用があります。

でも、摂る水分もちゃんと選んでくださいね。

【おすすめドリンク】
・スポーツドリンク
・お水

【摂らない方が良いドリンク】
・アルコール
・カフェイン系ドリンク

これらのドリンクは、めまい、不整脈、動悸を引き起こすことがあります。

 

その2.栄養を摂る

栄養をとることは、とっても大事です。

でも、高熱の時、頭痛の時、腹痛の時、そんなに食べれませんね。

そんな時は、スープがオススメです。

・玉ねぎ
・ほうれん草
・レタス
・人参
・キャベツ

これらを使った栄養満点のコンソメベーススープがオススメです。

その他に、喉越しの良い食べ物、おかゆ、ヨーグルト、りんごなどもオススメです。

一度に沢山たべれない時は、数回に分けて食べ、お腹を慣らしていくと良いでしょう。

 

その3.睡眠

インフルエンザに限らず、疲れ、風邪の時も睡眠が一番大事です。

寝ることで、体力を回復させ、体内の強いインフルエンザウイルスと闘うことができます。

頭痛などで睡眠が取れない時は、お医者さんから処方された解熱剤を服用し、少しでも長く眠れるようにしてくださいね。

 

まとめ

 

インフルエンザに解熱剤が効かない理由や対策をまとめてみましたがいかがでしたか。

インフルエンザに感染後、高熱が出た時に解熱剤が処方されることがありますが効果を発揮させたければ使うタイミングがもっとも重要です。

また解熱剤は、決してインフルエンザを治すためのものではない!ということを覚えておきましょう。

上手に解熱剤を使って、睡眠をとり、体内の免疫を上げることを忘れずに。

解熱剤の役目をしっかりと理解し、正しく使うことで、早めの完治を目指しましょう。

スポンサーリンク





 - 心身予防ネタ