四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

インフルエンザの予防接種!妊婦や赤ちゃんへの影響や副作用を徹底調査

   


YOU86_ninpusan_TP_V

インフルエンザの時期が来ると毎年のことですが予防接種があり、気持ちが憂鬱になりますね。

特に妊婦さんの場合は子供がお腹にいる大切な時期でもあることから風邪やインフルエンザに敏感になる方が多いのではないでしょうか。

インフルエンザ防止の為に予防接種は必要だとはわかっていますが、妊婦の場合は受けることができるのでしょうか。

自分の体だけではないからこそ、気になる母体への影響や副作用のこと。

ここで何かと気になる妊婦のインフルエンザ予防接種、赤ちゃんの影響や副作用についてまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




妊婦のインフルエンザの予防接種はあり?

mark_question

妊婦になるとお腹に赤ちゃんがいることから

インフルエンザの予防接種できるの?

 

と何かと不安になりますよね。

体力が低下しやすく、風邪やインフルエンザにもかかりやすい妊娠中。

インフルエンザの予防接種を受けたい気持ちはあっても赤ちゃんへの影響や副作用から不安で受けにくい方も多くいると思います。

何かと気になるインフルエンザの予防接種ですが、妊婦の場合のインフルエンザ予防接種は受けても特に問題ありません。

基本的にインフルエンザワクチンは、不活化ワクチンと言われている死んだウイルスを使用して作っているので、毒性はなく安心して予防接種を受けることができます。

 

予防接種の注意点について

books-1215672_960_720

インフルエンザ予防接種を受けるにあたり、妊婦さんだからという特別な注意点は特にありませんが、妊婦さん以外の一般の方、子供、赤ちゃんへの注意点と同様、まれに副作用が報告されています。

特に妊娠中は初期、中期、後期に分けて予防接種外の注意点があることは覚えておきましょう。

 

初期の場合

妊娠初期は、まだ胎盤が完成していなかったり、流産のリスクもあるのでなるべく安静が求められる時期です。

まだ体が不安定な時期になる為、妊娠16週以降で予防接種をする傾向にあります。

 

中期の場合

安定期と言われる時期です。

インフルエンザ予防接種も受けることができ、無理のない範囲で体を動かすことも大事です。

また外の施設などへ行くことも増えている時期でもあるので外部との接触が多い場合はインフルエンザ予防接種で感染を予防しましょう。

 

後期の場合

お腹が大きくなって、動くのも大変な時期になってきますが、インフルエンザ予防接種も受けることには特に問題はありません。

ただ、この時期は早産のリスクが出てくる時期でもあります。

無理のない生活を心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク




赤ちゃんへの影響と副作用は大丈夫?

150809330849_TP_V

妊娠中のインフルエンザ予防接種は妊婦の場合、自身の心配をそこまでする必要はありませんが、1番気になるのが赤ちゃんへの副作用ですよね。

どんな予防接種しろ、副作用が確実にないとは言い切れませんが、インフルエンザ予防接種も例外ではありません。

そこでインフルエンザの予防接種から赤ちゃんへの副作用のことをネット上で徹底的に調査してみましたが、今のところ特にインフルエンザの予防接種が原因と見られる赤ちゃんへのその後の影響や副作用は見受けられませんでした。

ただ赤ちゃんではなく、妊婦さんも含め一般的な副作用として、

「10人に1−2人 接種場所 腫れる、赤くなる」

「10人に0.5−1人 発熱、頭痛、下痢、嘔吐」

「稀にアナフィラキシーショック」

 

等が報告されています。

また妊婦さんがインフルエンザ予防接種を受けると生まれてくる赤ちゃんにも免疫ができているという報告があります。

 

まとめ

 

インフルエンザの予防接種について妊婦の影響や副作用についてまとめてみましたがいかがでしたか。

結論として妊婦さんだから!妊婦特有の!影響や副作用は報告されていないので安心していいのですが、インフルエンザ予防接種は、感染した場合の重症化を防ぐ目的です!

インフルエンザの感染を100パーセント予防するものではないので、インフルエンザにかからない為にも毎日の手洗い、うがいを忘れずに行っていきましょう。

スポンサーリンク





 - 心身予防ネタ