四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

日焼け対策に良い食べ物と悪い食べ物をまとめた結果

   


fruit-419623_960_720

日焼け対策に良い食べ物と悪い食べ物をまとめた結果

春から夏あたたかくなる季節。

アウトドアで楽しむがのが気持ちが良い分、日焼け対策をと考えてる方も多いのではないでしょうか?

日焼け止めしたり、服装に気をつけたりと外側から日焼け対策をする人がほとんどかもしれませんが、実は日焼け止めは体の内側から対策すること出来ます。

一体どういうことなのか?というとそれが日焼けに良い食べ物です。

実は食べ物には日焼けを

  • 良い食べ物(予防)
  • 悪い食べ物(促進)

する食べ物が存在します。

この食べ物を知らずに外側から日焼け対策をしても内側ができていなかったら効果も半減です。

外側から内側からバッチリと日焼け対策する為にもやり方を覚えておきたいところ。

そこでここでは日焼け対策に知っておきたい良い食べ鋳物と悪い食べ物をご紹介します。

スポンサーリンク




日焼け良い食べ物って何?

IMG_9910

日焼けに良い食べ物といっても食べるなら出来るだけ手軽に食べれて調理できるものが良いですよね。

一体どんな食べ物があるのか?早速、日焼けに良い食べ物をまとめると

・いちご
・トマト
・キウイ
・ナッツ
・いくら
・ザクロ
・サツマイモ
・レバー

 

等が人気の食べ物になります。

その他にも沢山食べ物がありますが、栄養分で分けると

・ビタミンC
・リコピン
・ビタミンE
・アスタキサンチン

 

等の成分が多い食べ物を積極的にとるようにしましょう。

上記の栄養分は健康にもよく美白に良い成分ばかりです。

単体で食べるのもよし、調理して食べるのもよし。

日差しの強い日に外で遊ぶ場合は上記を中心に積極的に栄養補給を行ってくださいね。

また食べ物以外に飲料水では

・アセロラジュース
・緑茶

 

が効果的。

日差しの強い場所で遊ぶ場合は、ビタミンCの多い飲料水をこまめに飲むことで内側から日焼け予防ができます。

積極的に取り入れていきましょう。

スポンサーリンク




日焼けに悪い食べ物って何?

TAKEBE160224500I9A0384_TP_V

日焼けに悪い食べ物ってあるの?って感じですが、日差しの強い日にこの食べ物を積極的にとると体が紫外線を吸収し、結果として体にシミや黒ずみを促進する可能性が高まります。

日焼けが元でシミや黒ずみができてもいい!

って方は気にする必要はありませんが、

いつまでも美白を保ちたい!

って方は下記の食べ物はできるだけ控えるようにしましょう。

・パセリ
・レモン
・イチジク
・砂糖
・加工食品

 

特に気をつけたいのが砂糖や加工食品。

身近で手軽にかえて美味しいのでつい手を伸ばしがちですが、この手の食品は紫外線を吸収しやすい、日焼けを促進する食べ物になります。

夏は甘いものを食べたくなるのは分かりますが、食べるときは場所を考えて食べるようにしましょう。

直射日光の下、甘いものを食べる。

これは自ら紫外線を吸収しやすい体作りをしているようなものです。

もし食べる時は日が暮れる時期や日陰など場所を考えて食べるようにしてくださいね。

また食べ物以外に飲んではいけない飲料水もあります。

それがアルコールです。

海や山、川、バーベキューでアルコールが飲みたい!

気持ちは分かりますが、アルコールは体の乾燥を促進し、日焼けの炎症等を促してしまう飲み物になります。

もしアルコールを飲む場合、時間帯と場所を考えて飲むようにしてくださいね。

全ては自分の気配り1つです。

 

まとめ

 

日焼けに良い食べ物と悪い食べ物の中には、自分がよく食べている物もあったかも知れません。

中には、自分の好物に当て嵌まっている物もあって驚いた場合もあると思います。

いずれにせよ、日焼け止め対策を行っているのであれば、食べ物にも意識をすると良いでしょう。

勿論、食べ物以外でも日焼け対策と言う物はあります。

身に付ける服装に気を付ける事等の色々な対策があるので、そちらも気を配ると良いと思います。

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 身を守る対策