四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

ひらつか花火大会2016の日程とおすすめの穴場スポット3選

   


sendai

昭和26年に地元の須賀地区の方々によって開催されたひらつか花火大会

花火を見に毎年10万人以上が人出が押し寄せ人気を集めているひらつか花火大会も2016年の今年で66回目。

2016年ももう間もなく開催が決定していますが、具体的な日程はいつからなのでしょうか。

ここでは2016年のひらつか花火大会の日程に詳細とおすすめの穴場スポットをまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




ひらつか花火大会の日程はいつ?2016

alarm-clock-1193291_960_720

今年で66回目を迎える、ひらつか花火大会の2016年日程は8月26日(金)になります。

夏の終わりに開催されることや日程や時間を考えても家族やカップルでも行きやすいイベントではないでしょうか。

ひらつか花火大会見どころは、目玉である

・ワイドスターマイン
・尺玉
・だるま型花火

 

等、夏の終わりを告げるような花火をみながらひと時の花火に酔いしびれていきましょう。

ひらつか花火大会の詳しい問い合わせ先は下記の通りです。

日程  2016年8月26日(金) ※荒天の場合は8月28日(日)に延期
 開催場所 湘南潮来(相模川河口)
打ち上げ時間  午後7時~
打上げ数  約3,000発

※ドローン、小型ラジコンヘリの飛行が禁止されています。ご注意ください。

 

アクセスについて

parking-825371_960_720

ひらつか花火大会に当日足を運ぶとなると気になるのがアクセス。

毎年10万人以上がおしよせるイベントですからね、当日は渋滞に混雑が予想されます。

そんな面倒な渋滞や混雑につかまらないように今のうちにアクセスをチェックしておきましょう。

【バスの場合】

JR東海道線「平塚駅 南口」より須賀港行きバス10分→徒歩5分

 

【車の場合】

圏央道茅ヶ崎海岸IC→約5分
東名高速厚木IC→約50分
小田原厚木道路平塚IC→約20分

 

アクセスがいいこともあり、当日はかなりの人出が押し寄せます。

できるだけ車ではなく公共機関を使って足を運ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク




おすすめ穴場スポット3選

TSU863_imagachance_TP_V

ひらつか花火大会を会場から見るのも良いですが、到着時間が遅くなると会場周辺で混雑し、花火が楽しめない可能性もあります。

また人によっては静かに花火を見たいという方もいるのではないでしょうか。

そんな方の為にここでは、ひらつか花火大会をゆったりと楽しむことができるおすすめの穴場スポットをご紹介します。

穴場スポットにより見え方も異なりますので状況に応じて上手く適した場所を見つけてくださいね。

穴場その1.湘南平(高麗山公園)

夜景スポットとしても有名な湘南平(高麗山公園)。

会場から少し離れてしまいますが、花火と夜景を一緒に楽しむことができ、何よりロマンチックなムードが漂います。

友達とというよりも、カップルにはとてもおすすめの穴場スポットではないでしょうか。

ただし、ただでさえ人気のスポットなので花火大会+夜景となると駐車場が混雑してしまう場合もありますので早めに足を運ぶことをおすすめします。

 

穴場その2.茅ヶ崎海岸

人気が少なく静かな中、花火を見たい方におすすめの穴場スポット茅ヶ崎海岸。

美しい海岸から花火を楽しむ!

最高のロケーションで夏をしめくくる最高の思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

 

穴場その3.湘南ひらつかビーチパーク

ゆっくりと観たい人におすすめの湘南ひらつかビーチパーク。

波の音を聞きながら花火を観ればロマンチックな雰囲気が漂いますね^^

ただ、防波堤の影響なのか水中花火が見えにくい点もあるので見どころよりも全体的に花火のムードを楽しみたい方になります。

 

まとめ

 

2016年のひらつか花火大会の日程やおすすめの穴場スポットをまとめてみましたがいかがでしたか。

他の花火大会と違い、ひらつか花火大会は海とのコラボが特に綺麗な花火大会です。

夜空には咲いては儚く消えていく花火をみながらゆったりとしたひと時に味わっていきましょう。

スポンサーリンク





 - 夏の花火大会、お祭り特集