四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

ヘルパンギーナの症状とは?子供と大人の違いや予防法まとめ

   


virus_character

2016年、現在夏風邪の1つヘルパンギーナが西日本を中心に流行の兆しを見せようとしています。

夏風邪なら知ってるけど、ヘルパンギーナって何?

 

と正直名前からしてどんな症状が現れるのか、全くといっていいほど想像がつきませんよね。

そこでここではヘルパンギーナの症状を子供と大人別で違いを比較しながら対策に予防法までまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




ヘルパンギーナの症状とは?

baikin_genki

6月下旬から8月にかけて流行する特徴がある夏風邪の1つ、ヘルパンギーナ。

ウイルスによる風邪の1種ではありますがヘルパンギーナを発症すると

・口内炎、口腔内の水泡

・38度以上の高熱

・咽頭炎

 

等の症状がみられ、突然の高熱が2~5日以上継続します。

症状だけみると見た目はただの風邪のようにみえますが、発症すると非常に厄介で喉の痛みから食べ物を食べるのが非常に困難になる傾向が見受けられます。

さらに面倒なのがこのヘルパンギーナはウイルス感染によるもので、人にも移ることがあるので注意する必要があるといえるでしょう。

※特に大人は重症化しやすい

これから夏を満喫!ッて時に本当に厄介な夏風邪が流行りだしましたね。

ウイルスなんて消えればいいのにと思いながらも。

もし症状が出た場合は、早めに病院へ足を運ぶ、適切な処置を行いましょう。

ちなみに潜伏期間は2~6日になります。

 

子供と大人を比較してみた

子供から大人までかかる夏風邪、ヘルパンギーナ。

子供と大人ではどのような症状の違いがあるのか、比較してみる事にしました。

 

子供の症状と対策

girl-504315_960_720

子供がヘルパンギーナを発症すると上記の症状以外に

・指の中に手を突っ込む

・よだれをたらす

・口周りに湿疹

 

などの症状が見受けられます。

子供は大人と違い、違和感があるとすぐにその場所を触ったりしますので症状を察知し正しい対策を行っていきましょう。

家庭で子供がヘルパンギーナを発症した場合、冷めたものを食べさせてあげてください。

ただでさえ、口の中に痛みを持つ状態です。

熱い食べ物はただただ苦痛になりますので

・ゼリー

・とうふ

・雑炊

・柔らかいもの

 

を中心に食事を与えていきましょう。

ヘルパンギーナの症状は2~3日で徐々に落ち着いてきますが、一向に落ち着かない場合は違う病気の可能性があるのでできるだけ早めに病院へ運ぶことをおすすめします。

 

大人の症状と対策

SAYA16010436IMG_5049_TP_V

子供だけでなく大人も発症するヘルパンギーナですが、子供に比べ大人が発症すると非常に長引く傾向があります。

発症すると子供と同じような症状がですが、

  • 子供以上になおりにくいこと
  • 長引くおそれがあること

を重々理解しておくことが必要と言えるでしょう。

ヘルパンギーナの対策としては子供と同じです。

後は気合!です。

大人の場合、子供より症状が長引く恐れがあるので心配であれば早めに病院へダッシュしましょう。

スポンサーリンク




ヘルパンギーナの予防法は?

IMG_9910

これから夏を満喫するのに絶対かかりたくない夏風邪の1つ、ヘルパンギーナ。

感染しないようにするには予防していくことが大事ですが、どのような予防法が効果的なのか?といいますと1番は常日頃から

  • 手洗い
  • うがい

です。

ウイルス性による感染なので、予防法は風邪と同じと考えてもらってOKです。

ヘルパンギーナだけでなくウイルス系はとにかく手洗い、うがいを忘れずが大切ですので日ごろから習慣づけ、いつでも清潔を保つよう心がけてくださいね。

 

まとめ

 

ヘルパンギーナについて症状や対策等をまとめてみましたがいかがでしたか。

子供だけでなく大人も発症しやすい夏風邪なのでお子さんがいる場合は一緒になって夏風邪予防を行ってくださいね。

予防法は習慣化すればこっちの勝ちです。

しっかりと予防をしてこの夏を楽しんでいきましょう。

※関連記事はコチラです。

妊娠中にヘルパンギーナ!気になる胎児への影響や正しい対策まとめ

スポンサーリンク





 - 身を守る対策