四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

鼻風邪に効く食べ物や料理とは?

      2016/03/22


hanakaze

風邪をひいてしまい、よく鼻水やせきが長引くケースが多いですよね。

薬が飲み終わっても特に鼻風邪はなかなか治りにくいですよね。

病院に行ってもまた、同じ状態が続くと思うと、なんとかして自力で治したい。

とっておきの方法がまだあります。

その方法の中でも鼻風邪に効く食べ物と料理を紹介していきます。

スポンサーリンク




 鼻風邪に効く食べ物は根菜

food (3)

れんこん

→風邪の特効薬ともいわれ、レモンの1.5倍のビタミンCがあります。

 

さつまいも

→白血球の免疫力を高め、風邪にかかりにくくする作用があります。

 

かぼちゃ

→ビタミンが多く含まれていて、粘膜の抵抗力を高め、細菌感染を予防する作用があり、

病後の体力回復効果もあります。

 

ねぎ

→冷えた身体を温め、疲労回復効果があります。また、ビタミンの吸収効果を助けてくれる作用があります。

 

ニラ

→ニラには滋養強壮、疲労回復作用があります。また、免疫力を高め、血行促進作用があり、ガン予防にもなります。

 

生姜

→殺菌作用、免疫細胞を活性化する作用があり、吐き気や頭痛を抑える作用があります。

 

大根

→食物繊維を多く含んでいて、食物の消化を助ける働きがあります。

 

大豆

→肝臓病予防、ガン予防、動脈硬化予防など、食材の中でもかなり栄養が高いです。

 

→8種類のアミノ酸が含まれていて、免疫力を高めるために助ける作用があります。また、鼻水や痰の切れをよくする効果があります。

これを見て気づいた方もいると思います。

そう、鼻風邪には根菜が効果的です。

スポンサーリンク




根菜を使った料理で鼻風邪を治そう

miso

れんこん味噌汁

 

【材料】

鍋、水、味噌、ほんだし、れんこん、おろし器、味噌

 

【作り方】

鍋にお水をいれ、沸騰させます。

沸騰させるまでにレンコンの皮をむき、おろし器ですりおろします。

沸騰してきたら、だし(ほんだし)を入れ、すりおろしたれんこんを入れます。

さらに沸騰するのを待ち、沸騰してきたら、味噌をいれて、火を止めて、完成です。

 

 

ポカポカうどん

 

【材料】

鍋×2、水、うすくち醤油、ほんだし、卵、ねぎ、しょうが、うどん

 

【作り方】

2つの鍋にそれぞれお水をいれ、沸騰させます。

沸騰するまでの間にネギを斜め切り、ショウガは皮をむいてすりおろします。

沸騰してきたら、ほんだしと薄口しょうゆを入れます。

次にネギをいれ、卵を溶いて入れて、火を消します。

しばらくふたをして、待ちます。

次に麺をゆで、麺を器にあけます。

先程、作っただしを盛り付け、ショウガを少量入れて完成です。

 

 

煮物

 

【材料】

鍋、水、うすくち醤油、ほんだし、料理酒、みりん、かぼちゃ、大根、さつまいも

 

【作り方】

鍋にお水をいれ、沸騰させます。

沸騰するまでの間にかぼちゃ、大根、さつまいもを適当な大きさに切り、

鍋の中に入れていきます。

沸騰してきたら、ほんだし、料理酒、薄口しょうゆ、みりんを入れます。

しばらくふたをして、20分間煮て、完成です。

 

鼻風邪をひいたときは根菜料理を食べることがいいですね。

根菜の中でも栄養価が高いものを選んで料理をすることがいいです。

根菜がいいとはいえ、栄養が高いほうが効能もよく、治りが早いです。

特に大豆や生姜、にんにくは野菜の中でも栄養価が上位のほうにいるので、そういった物を多くとるように心がけるべきなのかもしれません。

スポンサーリンク





 - 体に関すること, 心身予防ネタ