四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

【2016】母の日に贈りたい!喜ばれるプレゼントを厳選まとめ

      2016/05/07


gift-1196292_960_720

2016年5月8日にくる母の日ももう間もなくとなりました!

皆さんは母の日にどのようなプレゼントを渡すかお決まりでしょうか?

離れて住んでいる、一緒に住んでいるということは関係なしに日頃の感謝を表すために是非ともお母さんにプレゼントを渡したいものです!

子供からのプレゼントですのでもらったもの関係なく嬉しいとは思いますが。

できればこれまでの定番アイテムとは違う!新しいプレゼントを贈ってみるのもいいかもしれません。

ここではこれからくる2016年の母の日へ向けて!

プレゼントがまだ決まってない方にの為に!定番のプレゼントから少し違った角度の物までおすすめのプレゼントを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




母の日の起源は?

love-746678_960_720

母の日が2016年の5月8日くるのは知っているけど、起源って何?と言われるとほとんどの方が知らないのではないでしょうか?

起源を知ればまた母の日に対する思いが変わってくると思いますので、今回の母の日のプレゼントを良いものにする為にも起源をより深く理解していきましょう。

母の日のは起源は今から100年以上前の1907年!

アンナが愛していた自分の母親の為に支援者達と共に「母の日」の普及を運動を始めたことがきっかけになります。

この母を愛する想いや敬意が全米に広がり、当時の大統領が「母の日」を制定。

アンナの母の命日に5月の第2日が「母の日」に定められるようになりました。

また「母の日」にカーネーションを贈るという由来は、アンナが、お母さんの大好きだった白いカーネーションを追悼会で配ったことが起源の始まりとされています。

 

まさに母への感謝の意、そして愛が生んだ母の日。

過去、現在、そして未来!どんなときでも母は偉大です。

体を痛めて生み、そして大きな愛情を持って育ててくれた母。

1年に1回しかないこの大事な日は最高の笑顔を届けたいところです。

スポンサーリンク




母の日に贈りたい!プレゼントまとめ

mothers-day-717613_960_720

母の日の起源がわかったところで早速、母の日におすすめのプレゼントを見ていきましょう。

まず、定番のカーネーション!

よくお店では一輪で売っているのを見かけますが、一輪のカーネーションは小さなお子さんにおすすめといえます。

貯めたお小遣いでプレゼント!母の笑顔が目に浮かびますね。

ですが高校生以上になるとある程度凝ったものを送りたいもの。

2016年は今までとは違うぞ!というプレゼントを渡して母を喜ばせていきましょう。

そこでおすすめなのがカーネーション+αです。

カーネーション+α

carnation-770611_960_720

まずは定番のカーネーションにあわせてアレンジを加えたものを紹介していきます。

 

カーネーション+手紙

やはり手書きの手紙というのは温かみがありますからもしかして、泣いて喜ばれるのではないでしょうか。

 

カーネーション+お菓子やケーキ

お母さんだって女性ですから甘いものは好きですよね。

自分のお母さんの好みは把握しているでしょうから喜んでくれることでしょう。

 

カーネーション+雑貨

ちょっとした小物も効果的ではないでしょうか。

例えば、ポーチやハンカチ、キッチン用品なんて物が良いと思います。

 

カーネーションをアレンジ

次にカーネーション自体にアレンジしたものをおすすめします!

少しお値段が高くなりますが、日頃の感謝を表すものなので金額は気にしないでいきましょう。

 

カーネーションの花束、ブーケ

たくさんあると華やかになりますし、そのまま飾ればインテリアにもなります。

大きな花束は思いがけないサプライズになることでしょう。

 

カーネーションのブリザードフラワー、アレンジメントフラワー

今とても話題のブリザードフラワー。

これらは自分でも作ることが出来ますのでオリジナルのプレゼントをすることが出来ます。

 

カーネーション以外のプレゼント

lamp-432247_960_720

ここからは定番はカーネーションだけど、それ以外のプレゼントをしたいなという方たちへおすすめのプレゼントです。

 

カーネーション以外の花

自分のお母さんはバラが好きだとか、百合が好きだとかありますよね。

母の日だからと言ってカーネーションにとらわれることなく好きな花を送ってあげてみてはいかがでしょうか。

母と言っても心はいつでも乙女なものです。

 

ファッションギフト

服やバックなどギフトは母に選ぶ権利がある楽しみギフトです。

もらった方はもちろんうれしいでしょうし、それを身につけてくれたら送った方としても嬉しいですよね。

 

家事代行

母の日は日曜日ですので、学校も会社もお休みです。

そこで、お父さんと子供が一緒にいつもお母さんがやってくれている家事をやるということですね。

日頃の大変さを分かることが出来ますし、お母さんには好きな事をしててもらえば十分だとおもいます。

作ったご飯がいつもより拙くあまりおいしくなくてもそれは家族の思い出になるのではないでしょうか。

 

これから来る2016年の母の日。

ちょっと一味違ったプレゼントを贈るポイントは工夫です。

母の喜ぶ顔、または嬉し涙の顔!

どちらを狙うのか?でプレゼントを何にするか?考えてみてくださいね。

 

まとめ

 

定番のカーネーションからそれ以外のオススメのプレゼント紹介はいかがでしたか?

どれも既出でしょうが、この記事をたまたま読んで今年2016年の母の日のプレゼントの参考に少しでも役に立てたら幸いです^^

今のあなたができる感謝の気持ちを込めたサプライズを!

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 春のイベントやスポットなど