四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

日焼けでよくある!肌の痒みやぶつぶつの対処法4つ

      2016/04/27


sunbathers-727392_960_720

何かと追われる毎日の中でうっかり日焼け止めを塗る事を忘れてしまったというケースは多々ありますよね。

そんな時、まあ1日ぐらいはいいか!

って思いがちですが、何度か同じ経験をするといつの間にか

  • かゆみを感じたり
  • ぶつぶつが出来たり

した経験がある方は多いのではないでしょうか?

日焼けをして肌に現れたかゆみやぶつぶつをそのまま放置すると色素沈着して跡が残るかもしれない!のでできれば早めに対処したいところ。

一体どのように対処すればいいのか?

ここでは日焼け後によくあるかゆみやぶつぶつの正しい対処法をまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




なぜ日焼け後にかゆくなるの?

KAZU758_namiuchigiwa_TP_V

日焼け後に厄介なかゆみやぶつぶつですが、なぜなぜ日焼け後にこのような症状がおきるのでしょうか?

対処法の前にこの原因がわからないと同じことの繰り返しになるので知っておきたいところ。

早速、この原因について簡単にご紹介しますと、日焼け後のかゆみやぶつぶつは皮膚が乾燥している状態ということです。

身近な例でいうならば冬場は特に乾燥してかゆみが生じますが、それが日焼けにより起こされてるってことですね。

  1. 日光により肌の水分量が奪われる
  2. 肌の水分が足りなくなる
  3. 乾燥からかゆみへ

って流れですが夏場と冬場と極端に違うところがあります。

それが皮膚のかさかさではなく、かゆみやぶつぶつにといった症状ってとこです。

一体、どのような対処法が望ましいのでしょうか?

早速、対処法をみていきましょう。

 

対処法その1:日焼けした箇所を冷やす

towel-759980_960_720

日焼けで出来たかゆみやぶつぶつの対処法として、すぐにできる対処法は冷やすことです。

冬場の乾燥と違い、夏場の日焼けによる肌のかゆみやぶつぶつは皮膚の乾燥は、暑さによる火傷が原因で起こったものです。

普通に、火傷をすると火傷したポイントを冷やすように!とよく言いますが日焼け後のかゆみやぶつぶつも同じような状態なので火傷と同じ対処することが効果的です。

対処法としては布に包んだ保冷剤を当てる方法がありますので、火傷した時をイメージして熱している部分を冷やすようにしましょう。

また風邪の時に使用等する

  • 氷枕に布を巻いて使う
  • 濡らしたタオルを当てる

等も方法もOKです。

とにかく冷やす!これだけを意識してかゆみやぶつぶつが起きているところを冷やしていきましょう。

 

対処法その2:水分をとる

日焼け後のかゆみやぶつぶつは皮膚の乾燥によるものなので、水分補給も効果的です。

日焼け後のかゆみやぶつぶつをみると、つい日焼けしたポイントに意識が集中してしまいがちですが、内側から水をとることも忘れないようにしましょう。

脱水状態を回復させるには水を飲むと言う対処法は手早くできる対処法の1つです。

スポンサーリンク




対処法その3:保湿する

PAK57_glassniomizudobodobo_TP_V

日焼け後にでてきたかゆみやぶつぶつを冷やしたら、そのポイントを保湿してください。

これは夏場限らず、冬場も同じですね。

乾燥には保湿!

当たり前かもしれませんが、効果は抜群なので必ず行ってくださいね。

ただ夏場はべたつきやすい環境でもあるので、保湿する時はさらさらとしたローションを使うことをおすすめします。

 

対処法その4:かゆみ止めを使用する

日焼けが軽い場合でかゆみがある場合は、かゆみ止めも効果的です。

軽い日焼けの時やかゆみがある時は、寝ているときに無意識に掻き自ら後を残す方向へ導いてしまいます。

そんなことにならないように、後悔しないようにかゆみがある場合はその前に!

早めにかゆみ止めで対処していきましょう。

具体的な薬として評判が良いのがオロナイン!

かゆみ止め以外にも使える薬なので肌トラブルを気にされる方は是非1つはもっておきたいところです。

 

日焼け後に絶対行ってはいけないこと

日焼けした肌が熱くてむず痒いとつい爪を立てて掻きたくなる事もあると思います。

ですがこの行為こそ1番やってはいけないNG行為。

肌に爪を立て掻いた結果、

  • ぶつぶつがつぶれて跡が残ったり
  • ひっかき傷が残ったり

と年齢を重ねた時に後悔する日が待っていることでしょう。

日焼け後、肌がかゆくてもぶつぶつできても掻かない!

このことはこれから先の自分の為にも徹底して覚えておいてくださいね。

 

まとめ

 

家庭で出来る範囲の日焼け後にある、かゆみやぶつぶつが発生した時の対処法に関して紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

日焼け後のかゆみやぶつぶつはついつい無意識にかいたりつぶしたりしてますが、それはこの先の肌に傷を残すも同然です。

自分の肌は自分で守る!

そのことをしっかり頭に入れて肌を守ってくださいね。

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 身を守る対策