四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

父の日に義父へメッセージを!書く時のポイントや使える文例まとめ

      2016/04/06


letters-637206_960_720

父の日の義父にメッセージを書く際には、その書き方に迷うって方は多いのではないでしょうか?

実の父親に対する物あれば、それ程気を遣わなくて書きやすいのですが。

やはり義父となると、文章を書くのに気を使い、中々書き上げるのが難しいと感じるのは誰もが思うところだと思います。

でも今後の付き合いの為にも良い嫁と思われる為にも書いておきたい義父へのメッセージ。

そこでここでは父の日の義父に対してメッセージを書く際のポイントと父の日の義父に対するメッセージの文例に関して説明します。

メッセージのポイントを押えながら文例を使い、オリジナルのメッセージを贈ってみてくださいね。

スポンサーリンク




義父へのメッセージのポイントまとめ

letters-1211997_960_720

まずはこれから贈る義父へのメッセージを書く時に必要な文章のポイントをご紹介します。

ポイントを知っているか?知らないか?だけで文章の流れや意味が変わってきますので。

まずはこのポイントをしっかりと頭に叩き込んでいきましょう。

 

ポイントその1:言葉遣いについて

義父にメッセージを贈る場合は文章は丁寧な言葉遣いを心がけるようにしましょう。

それなりに仲が良くても今風の言葉はダメです。

普段の接し方なら今風の言葉でも問題ありませんが、メッセージでは少なくとも乱暴な言葉遣いは避けるようにしましょう。

ポイントはギャップ!

こんな一面があるんだ!と思わせるような丁寧語を用いることであなたへの見方も評価も大きく変わってきます。

丁寧語で書く!を意識してまた、父の日の義父に対するメッセージなので、義父に対して肯定的な文章にする事を意識する事を心掛けるようにして書いていきましょう。

丁寧語といってもあまり難しく考える必要はありません。

感謝の気持ちが目的なので、難しい言葉遣いは極力さけ、シンプルに伝わる文章を心がけていきましょう。

メッセージを書き終えたら

「自分が貰ったらどう思うか?」

 

この1点に集中し、見るようにしましょう。

 

ポイントその2:文章の書き方について

父の日に義父に対するメッセージを書く際には、

  • 義父に対する呼び方
  • 誰が送ったのか?

と決める必要があります。

特に義父の呼び方は悩むところではありますが、基本的に義父に呼び方は、お父さんでいきましょう。

実のお父さんではないのに良いの?

 

と感じる方もいるかも知れませんが、夫婦になった以上はこの呼び方が1番自然体であり、正しい形と言えます。

彼氏彼女という恋人関係の場合、呼び方は多少気にする所ではありますが今は夫婦ですからね。

親しみの意味を込めてお父さんで書くようにしていきましょう。

また、送る側の名前を記載する時には、夫婦である2人からとしましょう。

一人で書くとなると「私」という言い回しが適切のような気がしますが、父の日に義父へのプレゼントやメッセージは夫婦からと思われることが大事です。

日ごろの感謝を夫婦から捧げる!そんな気持ちをもって義父にメッセージを贈るようにしてくださいね。

 

ポイントその3:その他

義父にメッセージを送る際の形式としては、

  • 手紙
  • メッセージカード

等の方法が存在します。

メッセージを贈る場合はどちらを選んでも特に問題はありません。

ただどちらにしても義父への文章の内容が読みやすいように心がけるにしましょう。

また文章を書く場合は、

  • 手書き
  • パソコン

の2通りがありますが最近では手紙よりもパソコンの方が多い傾向があるようです。

こちらもどちらでも問題ありませんが、気持ちを込めておくりたい場合は手書きを選んでみてはいかがでしょうか。

こういう時代だからこそ、あえて手紙は貰った側はとても心があたたまるものです。

 

義父のメッセージ、ここまでのポイントをまとめると

・言葉遣いは丁寧語
・呼び名はお父さん、おくり手は夫婦
・書くときは手書き又はPC

 

になります。

スポンサーリンク




おすすめのメッセージ文例2つ

recipe-327934_960_720

父の日に義父へメッセージをおくるポイントはわかっても、見本がないと書きにく言って方は多いのではないでしょうか?

文章は書き出すと流れるように書きやすいですが、文章は書き出しはじめがとても難しいですからね。

どのように文章をつなげていいか?悩む方も多いと思いますので。

ここでは、義父のメッセージにおすすめのメッセージ文例を2つご紹介したいと思います。

あくまで文例なので書く場合は上記をアレンジしながらオリジナルの文章を作っていくようにしましょう。

 

メッセージの文例:その1

お父さん、何時もさりげない気遣いをして頂き、本当にありがとうございます。

子供もお父さんとお母さんをとても慕っており、折に触れて何時会えるのかと言う事を尋ねております。

その日頃の感謝の気持ちを表したいと思い、父の日としてお父さんにささやかな贈り物を選びました。

最初は夫の名前さんと贈り物を考えていたのですが、お父さんに贈るなら自分も考えたいと子供が申しまして家族で話し合う事になりました。

気に入って頂けたら幸いです。

これからもお身体を大事にして、何時までもお元気でいてくださいね。

 

メッセージの文例:その2

お父さん、何時もご配慮をして頂き、有難うございます。

父の日として感謝の気持ちを伝えたいと思い、ささやかですが夫の名前さんと贈り物を選びました。

夫の名前さんと話し合って、若々しいお父さんに似合う色合いのネクタイを贈らせて頂きます。

これからもお身体を大切にして、若々しく元気なお父さんでいてくださいね。

 

文章の流れとしては

  1. 感謝の気持ち
  2. 贈る理由
  3. これからの付き合い

の流れで書くようにしましょう。

文章の中でちょっとした子供をはさんだエピソードは子供の近況もしれてgoodです!

我が家エピソードでは元気であるを踏まえながら上手に報告しながら、父の日の感謝の気持ちを伝えてみてくださいね。

 

まとめ

 

父の日に義父にメッセージを書く際の文例に関しても紹介しましたが、自分なりに考えてメッセージを書く事をおすすめします。

元気にやっているというエピソードを盛り込みながら良い知らせができるような文章を書くようにしてくださいね。

また、父の日にはメッセージだけではなく、贈り物も一緒に贈るとより効果的です。

メッセージ+贈り物→義父への感謝+近況報告

この流れで父の日に感謝の気持ちを伝えるように考えてみてくださいね。

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 父の日