四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

ふるさと納税って何?仕組みを簡単にまとめてみた

      2016/07/20


spring-949977_960_720

最近テレビや雑誌に口コミからよく耳にする言葉ふるさと納税。

ふるさと納税という言葉だけ聞くと税金に収めるようなイメージがあり、あまり嬉しいイメージがありませんが。

ふるさと納税の仕組みを理解し、ふるさと納税を寄付すると嬉ししすぎる、お得な特典がたくさん受けることが出来ます。

知れば知るほど、ニンマリしてしまうふるさと納税。

ここではふるさと納税についてご紹介すると共にふるさと納税の仕組みを簡単にまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




ふるさと納税の仕組みを簡単に

books-1215672_960_720

ふるさと納税は納税者(私達)がふるさと納税をしたい自治体に申し込み、納金すれば、ふるさと納税の領収書と大半の自治体から返礼品と言うカタチで地域の特産品が送付されます。

簡単にふるさと納税の仕組みをまとめるなら

  1. 納税先の自治体を選ぶ
  2. 税金を自治体に寄付する
  3. 寄付した自治体から特産品を貰う

といった流れです。

ざっくりと説明するなら税金を使った買い物と考えて頂いて構いません。

税金と聞くと

税金で買い物、それって意味ある?

 

って感じになってしまいますが、ふるさと納税が面白いのがココからです。

 

普通に税金を納めるより全然お得

idea-1296650_960_720

ふるさと納税を行い、確定申告をすれば限度内であればほぼその納税金額相当の還付金に値する額だけ来年度の納税が減額される仕組みになっています。

ザックリとまとめると

・ふるさと納税すれば、年間にかかる税金は省くよ!(控除)

 

ってことですね。

本来払うべき、税金がふるさと納税を寄付することで

  1. 地域の活性化
  2. 特産品を貰える

といったカタチで税金が役立つように使われていることを認知することができます。

誰だって払いたくない税金です!

年間かかってくる税金を省くことができ、またお得に品がもらえるとなると嬉しい限りですよね。

 

決済方法もかなり豊富

ふるさと納税は現金払いや振込みだけでなくクレジットカードでも対応可能です。

各自治体のHPにより、決済方法は様々ですがイメージとしてはネット通販感覚で寄付することができ、かつ寄付後には特産品を受け取ることができます。

スポンサーリンク




地域によって売り切れや品薄が続出

C789_mbawosawarute_TP_V

ネットを使って全国の自治体が運営するHPで寄付できるふるさと納税ですが、最近では寄付後の地域の特産品がとても人気を集め、場所によっては特産品の売り切れや品薄が目立ってきています。

扱う商品もいまでは幅広く

・食品(肉、魚、米など)
・加工食品(ハム、ソーセージなど)
・野菜
・果物
・地域の特産品
・飲料水
・家電製品
・インテリア

 

まるで地域の特産品を扱ったネット通販のようなイメージが根付きつつあります。

場所によっては季節限定の特産品(食べ物)もありますので年間を通して様々な旬のモノやトレンドのモノを手にすることができるので購入したいものを思いついたら、ふるさと納税と考えてみるといいかもしれません。

 

ふるさと納税の寄付金の仕組みを簡単に

PAK93_kakuteishinkokukamikuzu20140313_TP_V

このふるさと納税の寄付金の控除手続きは、確定申告の申請で我々の各税金と同じように1月1日から12月31日までが期として定められ、この期間内のふるさと納税申告を領収書に沿って申請します。

ふるさと納税を納めれば税金が省くことができるとお伝えしましたが一体どのくらいの金額が具体的に控除されるのか?というと。

控除額の計算は

寄付金が2000円以上 一定限度額までの控除が受けられる
所得税の軽減額 所得控除額(ふるさと納税額-¥2000)×所得税率(0%~45%;所得により異なる)
基本分個人住民税控除 所得控除額×10%
特例分個人住民 所得控除額×{100%-10%(基本住民税分)―所得税率(0%~45%;所得により異なる)

 

となり、特例分個人住民税で、

  • 所得軽減額
  • 基本分住民税

控除できなかった額が、限度額(所得割額の2割限度)の控除が受けられますから、ほぼ納税額の控除が受けられることになります。

ちょっと専門的な言葉が出てきたのでややこしいイメージがしますが、簡単にザックリとまとめるならとにかくいつも払って高いといってる税金が安くなると覚えておいて問題ありません。

納税する場所によっては

例)納税額3万→肉1kgの特産品が贈られる(でも市場価値は1万円)

等があり、

普通に買ったほうが安くない?

 

と感じる場面がありますが、基本的にふるさと納税の納税額は2,000円となっているので残りの28,000円は税金として戻ってきます。

つまりあなたが使ったのはどんなにふるさと納税を払っても(寄付)2,000円だけです。

ただ所得に応じて限度額があるので、その点だけはしっかりと押えてお得に特産品を頂いていきましょう。

 

全体の流れをまとめると

最後にふるさと納税の仕組みを簡単にざっくとまとめると

  1. ふるさと納税を寄付する自治体を選ぶ
  2. 自治体に寄付する
  3. 特産品を貰う
  • 私→地域に貢献でHAPPY、税金控除でHAPPY
  • 自治体→地域が潤いHAPPY

と言う形になります。

イメージとしては

  • 投資する会社を選ぶ
  • 配当金を貰う

カタチが株のようなイメージがありますが、税金を安く、かつ地域の特産品を手に入れたい方は上手にふるさと納税を使っていきましょう。

 

まとめ

 

納税して返礼商品と税金控除が受けられるふるさと納税は、返礼商品と税金控除が魅力ですから今後も増えることでしょう。

最近ではテレビ等を使って情報発信されることで国民の理解が深まり多くの方がふるさと納税を行っています。

ふるさと納税がお得すぎることから国も仕組みを変えたりしているので、できるだけルールがゆるいうちに早めにお得に寄付を行うことをおすすめします。

ただしふるさと納税後は、確定申告をしないとキャッシュバックが受けられないのでしっかりと確定申告の手続きを行ってくださいね。

※コチラの記事も一緒に楽しんで頂けたら幸いです。

ふるさと納税のメリットとデメリットをわかりやすく

スポンサーリンク





 - 最新ニュースや気になる話題の部屋