四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

【2016】江戸川花火大会の日程とおすすめの穴場スポット5選

      2016/06/17


IMG_9664

1976年から始まり、今年で41回目を迎える江戸川花火大会。

観客動員数が日本一の139万人を記録した花火大会でもあり、毎年多くの人出がこの花火を楽しみに全国から足を運びます。

そんな人気の花火が2016年ももう間もなくやってきますが、今年はいつ開催されるのでしょうか。

ここでは2016年、第41回目の開催となる江戸川区花火大会の日程や見どころなど等の基本情報から穴場スポットまでまとめてご紹介していきます。

スポンサーリンク




江戸川区花火大会の日程はいつ?2016

fireworks-102971_960_720

まず2016年の江戸川区花火大会の気になる日程は8月6日(土)になります。

土日と言うこともあり日程があわせやすいと思いますが、その分、当日はかなりの人出が押し寄せますので早めに足を運ぶようにしましょう。

江戸川区花火大会は他の花火と違い、開催の始まりのオープニングがとくかく凄いです!

5秒間に1,000発もの花火が連続で打ちあげられ会場は一気にヒートアップ!

その後は趣の違う8つのテーマで構成された色とりどりの花火が夜空を美しく彩り、テーマのイメージに合わせたBGMが流れます。

アップテンポのBGMもあれば、しっとりとしたBGMなど幅広いので子供から大人まで楽しめること間違いないでしょう。

江戸川区花火大会の詳細はコチラです。

日程  平成28年8月6日(土)
開催場所  東京都江戸川区河川敷
打ち上げ時間  午後7時15分~
打ち上げ数  約1万4000発

ちなみに江戸川区花火大会の日程は毎年8月の第1土曜日が開催日になります。

江戸川区花火大会=8月の第1土曜日ということを覚えておきましょう。

また2日連続で悪天候の場合は中止になるので、こればかりは天候に祈る次第ですね。

 

アクセスについて

150829242519_TP_V

江戸川区花火大会に行くなると当日気になるのがアクセスについて。

毎年100万人以上が押し寄せる超人気の花火大会ですからね。

混雑、渋滞が発生することは可能性が高いので、できれば回避して足を運びたいところ。

そこでここでは江戸川区花火大会のおすすめのアクセスについてまとめてご紹介します。

当日は交通規制もありますのでできれば午後の3時を目処に下記のアクセスを利用し現場に足を運ぶように心がけてくださいね。

電車の場合

・JR総武線「小岩駅」→徒歩25分

・都営新宿線「篠崎駅」→徒歩15分

・都営新宿線「瑞江駅」→徒歩45分

・京成線「京成江戸川駅」→徒歩25分

 

※篠崎駅と小岩駅はかなりの混雑が予想されますので、京成江戸川駅・瑞江駅の利用をおすすめします。

距離はありますが、一緒に行く相手と話しながら楽しんで足を運んでいきましょう。

 

バスの場合

【京成バス】
・小72小岩駅⇔スポーツランド・一之江駅・瑞江駅→「南小岩二丁目下車」→徒歩10分

・新小71新小岩駅⇔スポーツランド・瑞江駅→新皆面橋or中図師下車→徒歩10分

 

座ってゆったり足を運びたい場合はバスがおすすめです。

ただどの時間帯にしても混み合う可能性がありますのでその点は覚悟しておきましょう。

江戸川区花火大会では交通規制が午後5時~午後10時頃まで行われます。

近くに駐車場はないですし、周辺道路に停めるのは違反になりますので、できれば車ではなく電車やバスなどの公共交通機関を利用することを強くおすすめします。

スポンサーリンク




おすすめの穴場スポット5選

IMG_3622

江戸川区花火大会の会場はそこそこの広さがあるので窮屈な思いは他の花火大会ほど感じることはないかと思いますが、やはり人だらけというのは変わりません。

足を運ぶ観光客が100万人以上ですからね、想像しただけでもゾッとしますが。

花火大会を楽しみたいという方にはゆっくりと人が少ないところで花火を鑑賞したい人もいるのではないでしょうか。

そこでここでは江戸川区花火大会に花火をゆったりと楽しむことができるおすすめの穴場スポットをご紹介します。

場所によっては花火が会場少し小さく見えるかもしれませんが、花火だけをみるならロケーションはバッチリです。

行く相手や状況に応じて上手く活用してみてくださいね。

 

穴場その1.篠崎公園

都営新宿線篠崎駅から徒歩約15分の所にある篠崎公園。

打上げ会場から最も近いので迫力のある花火を見たい方におすすめの穴場スポットになります。

近いから人が多いんじゃない?と思われるかもしれませんが、かなりの広さがあるので問題なしです。

その中でも野球場と児童公園がある駅に近い場所が人が少なく穴場です。

上手く場所取りしてゆったりと花火を楽しんでみてくださいね。

 

穴場その2.市川市大洲防災公園

JR市川駅から徒歩約20分のところにある、市川市大洲防災公園。

会場から少し離れていますが、人混み少なく花火が楽しめるので特に人ごみが苦手な人にはおすすめの場所といえるでしょう。

 

穴場その3.総武線陸橋下

数ある穴場スポットの中でも意外と知られていない穴場スポット、総武線陸橋下。

ほとんど混雑することがなく迫力のある花火を楽しむことが出来ます。

帰る時も混雑を避けることが出来るのでお子さんがいらっしゃる方には助かるのではないでしょうか。

電車好きの方にもおすすめの穴場スポットです。

 

穴場その4.行徳会場

東京メトロ東西線妙典駅から約20分、旧江戸川と江戸川が分岐点にある行徳会場。

会場からは離れて花火は小さいですが、見る分には申し分ないロケーションです。

 

穴場その5.千葉側の本部近く

国府台駅から500mくらい離れているので足を運ぶのが少々大変ですが、座ったり寝転んで花火が楽しめる穴場スポットです。

 

まとめ

 

江戸川区花火大会の日程や穴場スポットをまとめてみましたがいかがでしたか。

当日は100万以上が押し寄せる超人気の花火大会ではありますが、穴場スポットは少し離れるだけでたくさんありますし、広さも十分に確保できます。

人ごみが苦手な方は穴場スポットを利用しながら場所取りを行い花火を楽しんでいきましょう。

また会場へ足を運ばれる場合はスニーカーなどが歩きやすいかもしれませんね。

今のうちに交通手段や場所なども考えて当日の江戸川区花火大会を楽しむための計画を立てることをおすすめします。

それでは、当日の日本最大級の花火を存分に楽しんでくださいね^^

※こちらの記事も一緒に楽しんで頂けたら幸いです。

江戸川花火大会で花火デートを考える男性におすすめの1から10

▼東京でおすすめのお祭り、花火大会▼

●7月開催

入谷朝顔市

足立の花火

昭和公園花火大会

葛飾花火大会

●8月開催

現在調査中・・・

スポンサーリンク





 - 夏の花火大会、お祭り特集