四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

エコノミークラス症候群の症状チェック!原因や対策に治療法まとめ

   


train-729018_960_720

現在テレビやネット上で話題になっているエコノミークラス症候群ことエコノミー症候群。

長い時間同じ体勢で過ごすとなりやすいと言われるエコノミー症候群ですが・・・

エコノミー症候群になると一体、どのような症状が発生するのでしょうか?

誰にでも発生する症状でありながら、初期症状がわかりにくいこの病気。

気付かずにそのままにしておいたら命にもかかわる病気なので。

ここではエコノミー症候群の症状のチェックしながら原因や対策、治療法などを徹底的にまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




エコノミークラス症候群とは?

C789_mbawosawarute_TP_V

エコノミークラス症候群、名前を聞くとどんな病気なのか?

全くといっていいほどイメージがつきませんが日本語でわかりやすく説明すると血(血栓)を詰まる病気になります。

一体どういうことなのか?と言いますと。

1.エコノミークラス症候群は同じ姿勢で長時間座ったままの状態でいると原因で足に血が溜まります。

2.その足に溜まった血が、足に溜まり、血液が流れにくくなり、血栓(血の塊)が発生!

3.その血栓が体に流れることで体に様々な影響を与えます。

例えばこの血栓が肺の血管に詰まると・・・

呼吸困難に陥り、命に関わるケースも少なくありません。

またエコノミークラス症候群の病名はもともと飛行機のエコノミークラスなどの狭い場所で発生したことが事の発端で別名「旅行者血栓症」とも呼ばれています。

飛行機がメインで始まったこの病気ですが、実は

  • バス

などの場所でも発生します。

長時間同じ姿勢をしていると誰でも発生する恐れがあるエコノミークラス症候群。

例えるならそれは体にできる時限爆弾といえるでしょう。

 

まずは症状をチェック

magnifying-glass-626174_960_720

症状が人の内部にあり、見た目上でもわかりにくいエコノミークラス症候群。

長時間の姿勢が原因で始まるエコノミークラス症候群ですが発症したらどのような症状が現れるのでしょうか?

気付かずに実は症状が出ていた!

 

なんて事のありえないことではないので早速、エコノミークラス症候群の症状をチェックしてみることにしましょう。

見た目では症状がわかりにくいエコノミークラス症候群ですが、エコノミークラス症候群にかかるとまず足元に症状が現れます。

 

深部静脈血栓症

ふくらはぎや膝、太ももに症状が現れ、初期症状としては

・腫れ
・しびれ
・むくみ
・痛み

 

等の症状が発生。

初期症状は普段の生活の中でおきやすい症状でもあるので発症すると違和感があるぐらいで放置しがちです。

ですがこの症状はエコノミークラス症候群の初期症状。

長時間座っていると心当たる方でこの症状がある場合は早めの対策が必要と言えます。

 

肺動脈血栓塞栓症

エコノミークラス症候群は時に

・呼吸困難
・心拍数の増加
・激しい胸痛
・失神
・息切れ

 

などの症状も引き起こします。

これは長時間同じ姿勢で足元に溜まってできた血栓が血流にのり流れている証拠です。

最悪の場合、血栓が肺につまり、命の危険につながるのでこの症状が出た場合は一刻も早く治療をするようにしましょう。

エコノミークラス症候群の症状をまとめるなら

  1. 足元

の2つがあると考えてください。

スポンサーリンク




原因からなりやすい人は?

sit-364978_960_720

長時間の同じ姿勢が原因で引き起こされるエコノミークラス症候群。

どのような方がエコノミークラス症候群になりやすいのか?と言いますと具体的には

【職業】

  • デスクワーク
  • ドライバー(長時間)

【生活習慣】

  • タバコを吸う人
  • 肥満体系
  • 糖尿病患者

などの方は特に注意が必要と言えます。

簡単にいうと1日の中で座位が多い方は誰もがエコノミークラス症候群になる恐れがあるということです。

座り姿勢での仕事は職業上、仕方ない点もありますが、生活習慣は自分次第です!

どちらにしてもエコノミークラス症候群にならない為にも休憩中や生活習慣を見直し、自ら対策をとる必要がある!ということを覚えておきましょう。

 

ならない為の対策とは?

エコノミークラス症候群の対策としては

・ラジオ体操

・同じ姿勢をとらない

・弾性ストッキングをはく

・水分補給(コーヒーはNG)

・足を組まない

 

等の方法が効果的です。

エコノミークラス症候群対策を簡単にまとめると足に溜まった血流を流すことが1番の対策なので血流をスムーズにすることを第1に考え、対策を行っていきましょう。

 

治療法について

エコノミークラス症候群になった時の症状がひどい場合(肺によるもの)

血栓を除いて肺の血液をスムーズにする為に薬の投与や手術をする必要になります。

治療法としては

  • 抗凝固療法
  • 血栓溶解療法

があり、この場合、病院での入院して治療をしなければならないことを覚悟しておきましょう。

肺に症状が現れだしたら危険信号!

治療法があるので助からない病気ではありませんが・・・

いずれにしても早期発見早期治療が大事ということを忘れないでください。

エコノミークラス症候群にならない為にも日ごろから自ら対策を行い、病気になる可能性を減らしていきましょう。

 

まとめ

 

エコノミー症候群は誰もがなりやすい、病気の1つです。

学生でも社会人でも

  • 生活習慣が悪い
  • 座位が多い

とこの症状は密かに忍び寄るので病気にならない為にも自ら対策を行うようにしましょう。

なにごとも健康第一!

毎日元気に過ごす為にも健康習慣を心がけてくださいね。

スポンサーリンク





 - 身を守る対策