四季を楽しむ!ライフまとめ

日々の暮らしをより豊かに!四季を楽しむ、ライフまとめ!スポットやイベントから季節対策から身を守る対策まで四季を通して役立つワンランク上の情報をお届けします。

*

デング熱から子供を守る!知っておきたい症状や予防対策まとめ

      2016/05/30


150829512346_TP_V

2014年に約70年ぶりに国内感染が確認されたデング熱。

現在はニュースがないことから話題にはなってませんが、今もなお全国で感染者がいることから未だに不安が残り病気の1つであることは間違いありません。

特にデング熱に子供がかかった場合、風邪と勘違いしやすいので特に注意が必要です。

大人よりも子供は無邪気!蚊がいる場所で遊ぶことが多い分感染リスクが高まるのも無理もありません。

そこでここではデング熱から子供を守るために!知っておきたいデング熱の症状や予防に対策をまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




デング熱の症状とは?

mosquito-337182_960_720

デングウイルスを蚊に刺されると感染するデング熱。

名前は知ってるけどどんな症状なのか?は知らないって方は多いと思います。

子供がデング熱かどうか?すぐに見極める為にも初期症状を知っておきたいところ。

デング熱の初期症状は

・高熱
・食欲不振
・のどの痛み
・目の痛み

 

等があります。

何だか風邪のような症状に似ていて困難ですが・・・見極める大きなポイントは高熱、目の痛み(充血)です!

デング熱にかかった場合、3日~7日以内に突然の高熱が現れるのでそのサインを見逃さないようにしてください。

またデング熱が発症し3日~4日には、高熱と共に顔や胸に出てき始め、手足などに発疹が出てきて赤い斑点が全身に広がっていきます。

そのような症状が出た場合は感染して時間がたっていますのですぐに病院へ行きましょう。

子供であれば「かゆい」などの意思表示が出来ますが、赤ちゃんは出来ません!

赤ちゃんがデング熱か症状の確認は高熱とまぶたを注意してみるようにしてください。

※デング熱の完治は感染して約1週間ほどです。その後の後遺症はありません。

 

危険!デング出血熱の症状とは?

デング熱自体は完治する病気ではありますんが、ごく稀にデング出血熱にかかる場合があります。

この症状になると

・出血
・吐血
・血便
・血小板の減少
・出血性ショック

 

などが発生します。

これらの症状により体力がない子供や高齢者は他の病気との合併症を起こしやすい体となっていますので特に注意してください。

また、デング出血熱が発生した場合、併用しては薬が存在しますので自分でどうしようとか考えずに病院へ行き適切な対応を行いましょう。

 

特に子供は3~7才が注意が必要

デング熱に発症するのは3~7才の子供に多いと言われています。

デング出血熱になるのは5%未満と少ないですが、用心するに越したことはありません。

また、2度目の症状が出た時は出血性ショックを起こすこともあり得ますので1度かかったら要注意です。

スポンサーリンク




デング熱の感染経路について

binary-958952_960_720

デング熱にかからない為にもデング熱の感染経路は覚えておきたいところ。

ウイルス感染は

  • 直接
  • 間接

等、感染経路によって対策が変わってきます。

しっかりと正しい対策ができるように感染経路を理解しておきましょう。

デングウイルスの場合、感染経路は体内に持っている蚊に刺されることによる蚊媒介がほとんどです。

この蚊媒介による感染は、人から人への感染はありませんので治療したり看病する際に風邪やインフルエンザのような対策をしなくてもよいという点が挙げられます。

つまり、隔離をしなくてもよいということ。

その反面、そこらじゅうにいる不特定多数の蚊が感染源となる恐れがあります。

デング熱の潜伏期間は?

デング熱にかかった場合発症するまで3日~1週間がほとんどです。

発症したら病院へすぐに行きましょう。

すぐに検査結果が出るキットがあります。

普通の湿疹だと思っていたらデング熱だったなんてことがあり得るかもしれません。

デング熱は移すことはありませんが、湿疹は移してしまうことがありますので注意してください!

発症する人は少なく、2割程度の人しか発症しないと言われています。

 

デング熱の予防法

drugs-20250_960_720

突然の高熱に全身の発疹が押し寄せる厄介なデング熱ですが、現在デング熱に有効な予防法は開発されていません。

基本的には対症療法になりますので予防法としては蚊に刺されない対策を行ってください。

 

デング熱を防ぐ対策

デング熱を防ぐ具体的な対策は

・無用な外出を避ける
・外出する時は長袖長ズボン
・虫よけスプレーを使用する

 

などがあります。

ポイントとしてとにかく子供が蚊に刺されないように意識することがポイントです。

特に5月~11月は蚊が多い季節!

あたたかい季節は子供の外出が多いですが、デング熱に注意して過ごしていきましょう。

 

まとめ

 

子供はデング熱を守るのは子供へ対する親の心配りと教育です。

しっかりと子供を守るためにもデング熱について知識を身につけ正しい予防と対策を行っていきましょう。

※こちらの記事もよく読まれています。

スポンサーリンク





 - 身を守る対策